民鉄線の車両 その126(2007年)


NO.1221 東急電鉄 世田谷線 普通列車 三軒茶屋発下高井戸行
300形 308A 「世田谷駅」 2007/4/7


NO.1222 東急電鉄 世田谷線 普通列車 下高井戸発三軒茶屋行
300形 306A 「上町駅」 2007/4/7


NO.1223 東急電鉄 世田谷線 普通列車 三軒茶屋発下高井戸行
300形 308B 「宮の坂駅」 2007/4/7


NO.1224 東急電鉄 世田谷線 普通列車 下高井戸発三軒茶屋行
300形 301B 「宮の坂駅」 2007/4/7


NO.1225 江ノ電 600形 601(静態保存)
「宮の坂駅」 2007/4/7
大正14年に製造され、昭和44年まで現在の東急世田谷線を含む渋谷−二子多摩川・下高井戸間を玉川電気鉄道45号として走った。昭和17年に東京急行電鉄デハ29号と改番。昭和29年に木製車を鋼製車体化しデハ104号に改番。昭和44年玉川線廃止時にデハ87号となり、昭和45年に江ノ島鎌倉観光鉄道(現・江ノ島電鉄)へ譲渡されて平成2年4月27日まで主力として活躍。2000系デビューに伴って65年の長きにわたる現役生活に別れを告げた。7月6日に車体色を東急世田谷線と同じにし、この宮の坂駅に静態保存された。(現地説明板を要約)


NO.1226 江ノ電 600形 601(静態保存)
「宮の坂駅」 2007/4/7



NO.1227 江ノ電 600形 601(静態保存)
「宮の坂駅」 2007/4/7


NO.1228 江ノ電 600形 601(静態保存)
「宮の坂駅」 2007/4/7



NO.1229 江ノ電 600形 601(静態保存)
「宮の坂駅」 2007/4/7


NO.1230 江ノ電 600形 601(静態保存)
「宮の坂駅」 2007/4/7