国鉄時代の車両 その9(1987年)



NO.81 芸備線 普通列車869D キハ45系45形
キハ45−33 「小奴可駅」 1987/1/3

※1992年11月30日廃車


NO.82 木次線 普通列車 キハ20系52形
キハ52−140 「備後落合駅」 1987/1/3
※2000年3月31日廃車


NO.83 木次線 普通列車 キハ20系52形
キハ52−140 「備後落合駅」 1987/1/3 

※2000年3月31日廃車


NO.84 木次線 普通列車 キハ20系52形
キハ52−140 「備後落合駅」 1987/1/3 

※2000年3月31日廃車


NO.85 芸備線 普通列車834 牽引 DE10形1000番代
DE10−1044 「備後庄原駅」 1987/1/3
※1970年8月22日日本車輛製造名古屋工場製造、高松機関区新製配置
→1971年1月24日広島機関区配置→1987年4月1日JR貨物広島機関区配置
→1988年3月15日岡山機関区配置→1994年12月3日吹田機関区配置
※2004/4/1現在、JR貨物〔吹〕在籍
1988年4月4日、宇高連絡船を使用した最後の甲種車両輸送をお別れ連絡船HM付で入換した機関車。


NO.86 芸備線 普通列車834 牽引 DE10形1000番代
DE10−1044 「備後庄原駅」 1987/1/3

※1970年8月22日日本車輛製造名古屋工場製造、高松機関区新製配置
→1971年1月24日広島機関区配置→1987年4月1日JR貨物広島機関区配置
→1988年3月15日岡山機関区配置→1994年12月3日吹田機関区配置
※2004/4/1現在、JR貨物〔吹〕在籍
1988年4月4日、宇高連絡船を使用した最後の甲種車両輸送をお別れ連絡船HM付で入換した機関車。


NO.87 芸備線 普通列車834 客車50系オハフ50形
オハフ50−11 「備後庄原駅」 1987/1/3

※1991年3月31日廃車


NO.88 木次線 普通列車466D キハ20系52形
キハ52−128 「備後落合駅」 1987/1/3 

※1999年12月16日廃車


NO.89 山陰本線 普通列車280M 115系 モハ114−1117(左)
伯備線 特急・やくも号 381系(右) 「松江駅」 1987/1/3

※モハ114−1117は、1978年7月26日川崎重工製造、岡山電車区新製配置、
2001年5月22日改造、以降の動き不明


NO.90 山陰本線 特急おき号(回送) キハ181系
キハ181−31 「米子駅」 1987/1/3

※2004/4/1現在、JR西日本〔広セキ〕在籍

 <備考>

  ・〔吹〕=JR貨物吹田機関区所属の車両
  ・〔広セキ〕=JR西日本広島支社下関地域鉄道部下関車両管理室所属の車両