国鉄時代の車両 その7(1987年)



NO.61 山陰本線 普通列車828 機関車DD51 50系客車オハ50形
オハフ50−135 「長門市駅」 1987/1/2
※1993年3月31日廃車


NO.62 山陰本線 普通列車262D キハ58系58形
キハ58−640 「浜田駅」 1987/1/2 

※2002年10月25日廃車


 NO.63 境港線 普通列車633D キハ40系40形
キハ40−2033 「大篠津駅、もしくは境港駅(*撮影駅不明)」 1987/1/3

※2004/4/1現在、JR西日本〔広クチ〕在籍


 NO.64 山陰本線 快速列車174D キハ181系(間合運用)
キハ180−10 「米子駅」 1987/1/3
※2004/4/1現在、JR西日本〔広セキ〕在籍


 NO.65 山陰本線 快速列車174D キハ181系(間合運用)
キハ180−10 「米子駅」 1987/1/3
※2004/4/1現在、JR西日本〔広セキ〕在籍


 NO.66 山陰本線 DD51形 DD51−628(最前列左)
DD51−779(最前列右) 撮影駅不明(浦安〜倉吉駅のどこか) 1987/1/3
※DD51−628は、1968年製造の第13次車、1987年(2月6日?)廃車(*)
DD51−779は製造日時調査中、
1987年(2月6日?)廃車(*)
(*):昭和61年3月31日現在の配置表には掲載されていたが、翌年昭和62年3月31日の
JR各社への継承車両配置予定表には記載されていないため、同年度中に廃車されたと判断した。
(?)の日付はWEB上にUPされていたが、参考データ等の記載がなく、
現在存在しないキャッシュからのデータのため、()書きにした。
*上記のことから、このDD51達は国鉄からJRに継承されずに淘汰される
機関車と思われる。撮影時には知るよしもなかった..


NO.67 山陰本線 快速列車174D キハ181系(間合運用) キハ180−10(手前)
特急・出雲号 牽引 DD51形(前方) 「泊駅」 1987/1/3

※キハ180−10は、2004/4/1現在、JR西日本〔広セキ〕在籍


NO.68 山陰本線 快速列車174D キハ181系(間合運用)
キハ180−10 「末恒駅」 1987/1/3

※キハ180−10は、2004/4/1現在、JR西日本〔広セキ〕在籍


NO.69 山陰本線 快速列車174D キハ181系(間合運用)
キハ180−10 「末恒駅」 1987/1/3

※キハ180−10は、2004/4/1現在、JR西日本〔広セキ〕在籍


NO.70 因美線 普通列車335D キハ40系47形
キハ47−1111(乗車車両) 「津ノ井駅」 1987/1/3

※1994年10月19日改造、以降の動き不明

 <備考>

  ・〔広クチ〕=JR西日本広島支社山口鉄道部車両管理室所属の車両
  ・〔広セキ〕=JR西日本広島支社下関地域鉄道部下関車両管理室所属の車両