国鉄時代の車両 その4(1987年)



NO.31 可部線 蒸気機関車C11形(※静態保存)
C11−189 「三段峡駅」
 1987/1/1
※JR可部線可部−三段峡駅間は2003/12/1廃止


NO.32 可部線 普通列車542D キハ40系40形
キハ40−2118 「三段峡駅」
 1987/1/1
※JR可部線可部−三段峡駅間は2003/12/1廃止
※2004/4/1現在、JR西日本〔広ヒロ〕在籍


 NO.33 岩徳線 普通列車531D(岩日線(現・錦川鉄道)直通)
キハ40系47形 キハ47−108 「岩国駅」 1987/1/1
※1994年11月30日改造、以降の動き不明


 NO.34 岩日線(現・錦川鉄道) 普通列車534D キハ45系45形
キハ45−35 「錦町駅」 1987/1/1

※1993年10月1日廃車


NO.35 岩徳線 普通列車1853D(山陽本線直通) キハ40系40形
キハ40−2075 「川西駅」 1987/1/1

※2004/4/1現在、JR西日本〔広クチ〕在籍


NO.36 岩徳線 普通列車1853D(山陽本線直通) キハ45系23形
キハ23−1 「川西駅」 1987/1/1
*上の車両と同編成。
※2004/4/1現在、JR西日本〔広クチ〕在籍
キハ23形は、この1車両のみとなっている


NO.37 山陽本線 DE11形1000番代
DE11−1036(左)、DE11−1027(右)
「小郡駅」(現・新山口駅) 1987/1/1

※DE11−1036は、1974年9月20日川崎重工業大阪車両部製造、
厚狭機関区配置、
1987年1月26日廃車
※DE11−1027は、1972年2月26日川崎重工業大阪車両部製造、
厚狭機関区配置、
1987年1月26日廃車


NO.38 宇部線 普通列車923M 105系(貫通型)
クハ104−12 「小郡駅」 1987/1/2

※1981年2月3日近畿車輛製造、宇部電車区配置
→1986年3月3日下関運転区転属

※2004/4/1現在、JR西日本〔広セキ〕在籍


 NO.39 小野田線本山支線 普通列車623M クモハ42形 
クモハ42−006 「長門本山駅」 1987/1/2
※1933年川崎車輛製造、宮原電車区配属
→1950年田町電車区伊東電車支区に転属→1957年宇部電車区に配属
→1981年小野田線本山支線で運用、
2001年1月31日廃車


NO.40 小野田線本山支線 普通列車623M クモハ42形
クモハ42−006 「長門本山駅」 1987/1/2

※1933年川崎車輛製造、宮原電車区配属
→1950年田町電車区伊東電車支区に転属→1957年宇部電車区に配属
→1981年小野田線本山支線で運用、
2001年1月31日廃車

 <備考>

  ・〔広セキ〕=JR西日本広島支社下関地域鉄道部下関車両管理室所属の車両
  ・〔広ヒロ〕=JR西日本広島支社広島運転所所属の車両
  ・〔広クチ〕=JR西日本広島支社山口鉄道部車両管理室所属の車両