国鉄時代の車両 その3(1987年)




NO.21 山陽新幹線 ひかり1号 100系 「広島駅」 1987/1/1



NO.22 山陽新幹線 ひかり1号 100系 「広島駅」 1987/1/1



 NO.23 山陽本線 普通列車2555M 115系3000番代
クハ115−3019 「広島駅」 1987/1/1
 
”おやじまふぃあ”さん、情報提供ありがとうございました。
(車番控えておりました..(^^;))
※1982年10月26日日立製作所製造、
2004/4/1現在、JR西日本〔広セキ〕在籍


 NO.24 可部線 普通列車745M 105系
クモハ105−528 「横川駅」  1987/1/1
※1971年3月17日川崎重工製造、国鉄松戸電車区配置、旧・モハ102−1059
→1984年10月24日国鉄広島工場にてクモハ105に改造、国鉄広島電車区に転属

2004/4/1現在、JR西日本〔広ヒロ〕在籍


NO.25 可部線 普通列車 105系(貫通型)
「安芸長束駅」 1987/1/1

※閉塞方式はタブレット閉塞式


NO.26 可部線 普通列車 105系(貫通型)
「安芸長束駅」 1987/1/1



 NO.27 可部線 普通列車537D キハ40系40形
キハ40−2119 「可部駅」 1987/1/1

※2004/4/1現在、JR西日本〔広クチ〕在籍


NO.28 可部線 普通列車 105系(貫通型)と(通常型) *左奥
「可部駅」 1987/1/1



 NO.29 可部線 普通列車537D キハ40系40形
キハ40−2119 「可部駅」 1987/1/1

※2004/4/1現在、JR西日本〔広クチ〕在籍


NO.30 可部線 蒸気機関車C11形(※静態保存)
C11−189 「三段峡駅」
 1987/1/1
※JR可部線可部−三段峡駅間は2003/12/1廃止


 <備考>

  ・〔広セキ〕=JR西日本広島支社下関地域鉄道部下関車両管理室所属の車両
  ・〔広ヒロ〕=JR西日本広島支社広島運転所所属の車両
  ・〔広クチ〕=JR西日本広島支社山口鉄道部車両管理室所属の車両