国鉄時代の車両 その13(2005年)




NO.996 蒸気機関車 C11形
C11−1 (静態保存車両) 2005/4/10
※1932年6月汽車会社製造、1962年廃車、昭和初期の代表的なタンク車
*青梅鉄道公園
にて撮影


NO.997 蒸気機関車 E10形
E10−2 (静態保存車両) 2005/4/10
※1947年汽車会社製造、日本最大の急勾配用タンク機関車
*青梅鉄道公園にて撮影


NO.998 蒸気機関車 E10形
E10−2 (静態保存車両) 2005/4/10
※1947年汽車会社製造、日本最大の急勾配用タンク機関車
*青梅鉄道公園にて撮影


NO.999 蒸気機関車 E10形
E10−2 (静態保存車両) 2005/4/10
※1947年汽車会社製造、日本最大の急勾配用タンク機関車
*青梅鉄道公園にて撮影


NO.1000 蒸気機関車 C11形
C11−1 (静態保存車両) 2005/4/10
※1932年6月汽車会社製造、1962年廃車
*青梅鉄道公園にて撮影


NO.1001 蒸気機関車 C51形
C51−5 (静態保存車両) 2005/4/10
※1920年6月国鉄浜松工場製造、1962年廃車
大正時代の代表的急行旅客用機関車

*青梅鉄道公園にて撮影


NO.1002 蒸気機関車 D51形
D51−452 (静態保存車両) 2005/4/10
※1940年国鉄浜松工場製造、1965年まで郡山−盛岡間にて、1972年までは亀山−天王寺間で活躍
32年間で213万キロ(地球60周)走破、
1972年廃車
*青梅鉄道公園にて撮影


NO.1003 直流電気機関車 ED16形
ED16−1 (静態保存車両・
準鉄道記念物(42番目)) 2005/4/10
※1931年5月12日製造、当初は中央線、上越線で活躍、1965年からは南武線、青梅線の貨物輸送を担当
3,065,111キロ走破、
1980年10月1日引退、廃車
*青梅鉄道公園にて撮影


NO.1004 直流電気機関車 ED16形
ED16−1 (静態保存車両・
準鉄道記念物(42番目)) 2005/4/10
※1931年5月12日製造、当初は中央線、上越線で活躍、1965年からは南武線、青梅線の貨物輸送を担当
3,065,111キロ走破、
1980年10月1日引退、廃車
*青梅鉄道公園にて撮影


NO.1005 蒸気機関車 110形
110 (静態保存車両・
鉄道記念物(16番目)) 2005/4/10
※1871年英国ヨークシャー・エンジン社製造、鉄道創業時に「10号機関車」(後の3号機関車)として
新橋−横浜間を走行。1909年に「110号機関車」に改名、1918年まで汐留駅構内入換用として活躍。
1923年から国鉄大宮工場にて展示・保存、1961年10月14日に鉄道記念物に指定。
*青梅鉄道公園にて撮影