国鉄型 100系新幹線

 製造年月  1985年10月から合計1,056両製造
 全長  26.05m
 全幅  3.38m
 総重量  64t
 車両材質  普通鋼
 営業最高速度  220km/h
 編成出力  230kW×4= 920kW×12両= 11,040kW ※12M4T
 電気方式  交流25000V 60Hz
 制御装置  サイリスタ位相制御
 駆動方式  
 ブレーキ方式  発電、渦電流、電気指令式ブレーキ
 編成
X編成
1985年に新製された100系初の編成。先頭車と2階建車両各2両が付随車であり、2階建て車両は食堂車・グリーン車(2Fがグリーン車・1Fがグリーン個室)各1両を連結。1999年9月に定期列車の運用から離脱、全車廃車。<製造両数:7編成112両>
G編成
V編成
2003年9月16日の「ひかり309号」(東京→新大阪、G49編成)を最後に東海道新幹線から引退



東海道新幹線 ひかり1号 100系
125−7(乗車車両) 「京都駅」 1987/1/1


山陽新幹線 ひかり1号 100系 「広島駅」 1987/1/1