国鉄型 0系新幹線

 製造年月  1964〜1986年(38次に渡り合計3,216両製造)
 全長  25m 列車編成長:400.3m(16両編成時)
 全幅  3.4m
 総重量  64t  編成重量:967t(16両編成時)
 車両材質  普通鋼
 営業最高速度  220km/h ※〜1986年までは210km/h
 編成出力  185kW×4= 640kW×16両= 11,840kW ※16M(全車電動車)
 電気方式  交流25000V 60Hz
 制御装置  低圧タップ制御
 駆動方式  WN平行カルダン駆動方式
 ブレーキ方式  発電、電磁直通ブレーキ
 編成  
H編成、NH編成
「ひかり」用の16両編成。最盛期には99編成存在。食堂車・ビュッフェ各1両、グリーン車2両を連結。
Y編成、YK編成
「こだま」用の16両編成で、JR東海が所有。1989年にS、SK編成の12両から、4両組み込んで誕生。グリーン車・ビュッフェ各1両、食堂車の連結はなし。
R・WR編成、Q編成
「こだま」用の編成で、R・WR編成は6両、Q編成は4両編成で、すべてJR西日本の所有。Q編成は現在既に消滅。R編成は「ウエストひかり」として運用(2005年4月引退)、現在はWR編成に組み替えられ、8編成が存在。
 当初は12両編成で運転、1970年の大阪万博開催を機に16両編成化、続いて1975年の博多開業時に食堂車が組み込まれた。なお2006年時点では山陽新幹線区間のみの運転となっている。



東海道新幹線 こだま号 0系 「京都駅」 1987/1/1


東海道新幹線・こだま442号 0系 「京都駅」 1987/1/4


山陽新幹線 特急こだま630号 0系22形5000番代
〔福ハカ〕 22−5036(R3編成) 「新大阪駅」 2001/8/14
2004/4/1現在、JR西日本〔幹ハカ〕在籍、特急こだま号でR8編成にて運用


東海道新幹線 0系22形
22−75 (静態保存車両
) 2005/4/10
※1969年汽車会社製造、1985年3月廃車
*青梅鉄道公園にて撮影



東海道新幹線 0系22形
22−75 (静態保存車両
) 2005/4/10
※1969年汽車会社製造、1985年3月廃車
*青梅鉄道公園にて撮影


東海道新幹線 0系22形
22−75 (静態保存車両
) 2005/4/10
※1969年汽車会社製造、1985年3月廃車
*青梅鉄道公園にて撮影


東海道新幹線 0系22形
22−75 (静態保存車両
) 2005/4/10
※1969年汽車会社製造、1985年3月廃車
*青梅鉄道公園にて撮影


東海道新幹線 0系22形
22−75 (静態保存車両
) 2005/4/10
※1969年汽車会社製造、1985年3月廃車
*青梅鉄道公園にて撮影


東海道新幹線 0系22形
22−75 (静態保存車両
) 2005/4/10
※1969年汽車会社製造、1985年3月廃車
*青梅鉄道公園にて撮影


東海道新幹線 0系22形
22−75 (静態保存車両
) 2005/4/10
※1969年汽車会社製造、1985年3月廃車
*青梅鉄道公園にて撮影