西武鉄道 安比奈線(休止線)探索の巻

平成18年4月30日(日)
旅行日程
日帰り
列車乗車距離
0km
列車乗車時間
0分
乗換回数
0回
通過都道府県数
1都道府県
 通過県名: 埼玉。
日付: 2006年4月30日(日)
出発地 出発時刻 路線名/列車種別
到着地
到着時刻
乗車時間
乗車距離
乗車車両
みずほ台 10:30 ※目的地までのアプローチ 西武 南大塚駅
10:55
マイカー
西武 南大塚駅 10:55 西武安比奈線(休止線) 第1踏切 11:09
徒歩
第1踏切 11:09 西武安比奈線(休止線) 第2踏切(国道16号) 11:18
徒歩
第2踏切(国道16号) 11:18 西武安比奈線(休止線) 第3踏切 11:21
徒歩
第3踏切 11:21 西武安比奈線(休止線) 第4踏切(お団子屋) 11:27
徒歩
第4踏切(お団子屋) 11:27 西武安比奈線(休止線) 第5踏切 11:31
徒歩
第5踏切 11:31 西武安比奈線(休止線) 第2橋梁 11:38
徒歩
第2橋梁 11:38 西武安比奈線(休止線) 第6踏切 11:46
徒歩
第6踏切 11:46 西武安比奈線(休止線) 第3橋梁/第7踏切 11:50
徒歩
第3橋梁/第7踏切 11:50 西武安比奈線(休止線) 第8踏切 11:55
徒歩
第8踏切 11:55 西武安比奈線(休止線) 第9踏切 12:01
徒歩
第9踏切 12:01 西武安比奈線(休止線) 第10踏切(新設道路)
/第7橋梁
12:10
徒歩
第10踏切(新設道路)
/第7橋梁
12:10 西武安比奈線(休止線) 第11踏切? 12:20
徒歩
第11踏切? 12:20 西武安比奈線(休止線) 八瀬大橋 12:24
徒歩
八瀬大橋 12:24 西武安比奈線(休止線) 第12踏切(新設道路) 12:39 徒歩
第12踏切(新設道路) 12:39 西武安比奈線(休止線) 水道管橋 12:47 徒歩
水道管橋 12:47 西武安比奈線(休止線) 西武 安比奈駅跡 12:50 徒歩
西武 安比奈駅跡 12:50 西武安比奈線(休止線) 安比奈駅機回し線跡
終端部
13:14 徒歩
安比奈駅機回し線跡
終端部
13:14 西武安比奈線(休止線) 西武 南大塚駅 14:32 徒歩
西武 南大塚駅 14:35 ※帰宅 みずほ台 15:00 マイカー
乗換回数=
0回
4月30日、2,3日前の日にインターネットでいつものとおり鉄道関連のページをみていたら、ふと西武安比奈線のことが乗っていたページがありました。比較的自宅から近いので現状を見に行こうと思い立ち、実行してきました。

一般の皆さんにはこの西武安比奈線と聞いて、なんだそれ?そんな線西武にはないよって言われそうですが、実はれっきとした西武鉄道の路線名なのです。場所は埼玉県の西部、西武新宿線の本川越駅から1駅目の南大塚駅がある川越市南西部にあります。安比奈駅は現在の川越市安比奈新田にある「安比奈運動公園」があるその対岸にありました。昭和42年まで活躍した貨物駅で、主に入間川の砂利を運搬していましたが、同年の川砂利採取禁止に伴い、以来現在まで廃止されることなく休止となっている不思議な路線なのです。数年前に新宿線複線化の話しが持ち上がり、安比奈に車両基地を建設して休止線を活用しようとする計画もありましたが、立ち消えになってしまったようです。

なお、この廃線レポートを書くにあたり、注意事項があります。撮影場所を示すのに踏み切りを利用していますが、もちろん踏切自体はなく、あくまでも仮称です。第1踏切としているのは1番目に道と交差する地点を示します。橋梁、架線柱に関しても同様です。また上のタイムテーブルは、撮影しながらの時間なので結構かかっていますが、脇目もふらず歩けば片道40〜50分で行ける距離です。写真は左から右、下に行って左から右の順番になっています。

それでは、現在(平成18年4月30日)の姿を見に行きましょう!他の紹介ページよりも多い15ページ写真147枚の大作?です。最後までおつきあいよろしくお願いいたします。


正面に見える南大塚駅の手前から左に分岐している現在の保線車両留置用の側線が安比奈線です。

バネ式のポイント切替。現在も側線用に使用されています。

下りホームの後ろ側に回り込みます。

跨線橋を過ぎたあたりから左にカーブし始めます。

下りホームの途中あたりで一旦線路が途切れます。以前は切れていなかったようですが、この先の道路の補修工事のための資材置き場になっていたらしく撤去されてしまったみたいです。

再び線路が現れると第1踏切(仮称、以下省略)を通ります。これは将来車両基地ができたときのためにと敷いたらしいのですが、道路部分の線路は埋め込まれてしまっています。当分出番はなさそうです。

 <第1踏切>


第1踏切で道路を渡っていた線路はこの先のものと数メートルずれていました。おそらく今歩いてきた線路沿いの道に線路が引かれていたと思われます。手前少しだけ見えるのが先ほどの線路で架線柱が建っているところが安比奈に向かう線路です。

安比奈線は左にカーブしていきます。左写真の正面から見たところ。架線は撤去されており引いてありません。

 <第1,2,3架線柱>


第1踏切から南大塚駅を振り返るとこんな感じです。

 <第1踏切>


このあたりは線路内に入れませんので、線路脇の駐車場から撮影しました。ここにはシンプルカテナリ式と呼ばれる架線(トロリー線)とそれを吊るための吊り架線がありました。第1,2,3架線にはなかったがどこから来たの?と謎が残るがそれは次の写真で判明します。

 <第4,5架線柱>