JR上越線+信越本線 駅舎撮影の巻
(やむを得ず第一弾?!)

※乗車記録(行程表)のみUP

平成18年4月1日(土)
旅行日程
夜行2日
列車乗車距離
884.1km
列車乗車時間
15時間35分
乗換回数
23回
通過都道府県数
4都道府県
 通過県名: 群馬、新潟、埼玉、東京。
日付: 2006年4月1日(土)
出発地 出発時刻 路線名/列車種別
到着地
到着時刻
乗車時間
乗車距離
乗車車両
みずほ台 5:42 東武東上線 普通 朝霞台
5:50
8
4.2
東武クハ11438
朝霞台 5:50 徒歩 北朝霞
5:55
北朝霞 5:55 武蔵野線 南浦和
6:05
10
8.9
クハ205−13
南浦和 6:13 京浜東北・根岸線 浦和
6:16
3
1.7
サハ209−139
浦和 6:22 高崎線(下り) 高崎
7:48
86
80.8
サロE230−1067
高崎 8:24 上越線(下り) 水上
9:28
64
59.1
クハ115−1029
水上 9:50 上越線(下り) 大沢(新潟)
10:50
60
45.5
クモハ115−505
大沢(新潟) 11:00 上越線(上り) 石打
11:04
4
4
モハ114−1072
石打 11:26 上越線(下り) 越後滝谷
12:26
60
56
クモハ115−1052
越後滝谷 12:43 上越線(上り) 小出
13:08
25
24.4
モハ114−1019
小出 13:52 上越線(下り) 越後堀之内
13:54
2
2.5
クモハ114−1518
越後堀之内 14:18 上越線(上り) 五日町
14:36
18
16.3
クハ115−1046
五日町 14:51 上越線(下り) 八色
15:00
9
8.6
クハ115−1061
八色 15:11 上越線(上り) 六日町
15:26
15
15.2
クモハ114−1518
六日町 15:40 上越線(下り) 浦佐
15:51
11
12.1
クモハ115−1014
浦佐 16:12 上越線(上り) 岩原スキー場前
16:48
36
32.8
クハ115−1243
岩原スキー場前 17:03 上越線(下り) 宮内(新潟)
18:23
80
71.5
クハ115−1243
宮内(新潟) 18:26 快速くびき野 5号 新潟
19:27
61
66.3
モハ484−1024
新潟 21:01 信越本線(直江津−新潟) さつき野
21:17
16
13.7
クハ115−1024
さつき野 21:25 信越本線(直江津−新潟) 荻川
21:28
3
2.3
クモハ115−1049
荻川 21:54 信越本線(直江津−新潟) 亀田
21:59
5
4.9
モハ114−1062
亀田 22:24 信越本線(直江津−新潟) 越後石山
22:27
3
2.4
クハ115−1057
越後石山 23:06 信越本線(直江津−新潟) 新潟
23:11
5
4.1
クモハ115−1023
新潟 23:35 快速ムーンライトえちご 池袋
5:02
327
326.2
モハ485−1057
池袋 5:30 東武東上線 準急 みずほ台
5:54
24
20.6
東武モハ8974
乗換回数=
23回
935
884.1
備忘録

1.2006年春18きっぷの旅の第3弾は上越線駅舎撮影となったが、今回初の出来事がある。それは、鉄旅日記始まって以来、初の新規乗車区間がない旅となってしまった。乗りつぶしを第一としてきただけに至極残念な出来事が起きてしまった。いつもの笑えるトホホどころではないのであった。それでもさいなすならではということで笑えるですまされてしまうかも知れないが...(^^;)

2.当初からタイトルの旅をするつもりはなかったが、何故こうなってしまったかというと、それは2年前の夏にさかのぼる。そのときの日記は未完成で備忘録も書いていなかったので簡単に説明すると、予定では18きっぷを使い、山形鉄道、JR米坂線、弥彦線、そして只見線、大糸線を完乗する予定だった。行程表をご覧いただけばわかると思うが、前述の路線のうち、只見線の乗車記録がない。そう只見線には乗れず初乗車することができなかった。というのは磐越西線のところで「SLばんえつ物語号」とあるが、これも当初の予定にはなかったのである。磐越西線の徳沢−上野尻間で9:35頃、新津行き下り列車と耕運機が衝突する人身事故発生。この列車も津川で一時運転見合わせ。30分ほどして、後発の「SLばんえつ物語号」が入線してくるとの情報が入る。結局、SLばんえつ物語号が先発することに..緊急措置としてSLに乗換OKとなった。が、のちに乗るはずの只見線には接続をとらず、大幅な予定変更を余儀なくされてしまった。という出来事があって、実は今回リベンジを果たすつもりで、前回とは逆の入口の上越線小出回りできたのである。

3.さて、自宅をやや早めに出たため、予定よりも1本早い電車乗れ、高崎で時間が作れることになった。浦和からは各駅停車ながらも2階建てグリーン車を連結している編成だったため、これまた前回の18きっぷの旅第2弾のリベンジ(大宮−新宿間のグリーン車内で立ちっぱなし状態)を果たすべく、750円を奮発?してグリーン車に乗った。時間が早いせいか(6:22発)、車内2階でも乗客が1名だけで、さいなすが乗って計2名といったありさまである。各駅停車なのでどこかで乗ってくるだろうと思ったが、終点間近な本庄あたりから2名乗っただけだった。本庄までは初めから乗っていた人は熟睡状態だったので、駅名標の位置に合わせて自由に車内を動き回ることができた。おかげでこの車両の範囲内に駅名標が入らなかった上尾・北本・深谷・新町以外の14駅の駅名標が撮影できた。

4.高崎で20分ほどの待ち合わせ時間が35分に増え、余裕を持って、北口・南口の撮影ができた。ようは早く出た方が得と言うことである。水上への直通列車は約1時間に1本程度のため、駅舎撮影が終わって乗車したときには、ボックス席の窓側はすべて埋まってしまい、やむなく通路側に座った。なので、駅名標撮影も控えた。上牧を過ぎたあたりから、周りが雪化粧を纏った姿になりはじめ、水上ではすっかり雪に覆われていた。といっても山肌の急斜面には雪が付いていない箇所があり、大雪といった印象はない。ちなみに付近のホワイトバレースキー場では3月31日現在で190cm(3月中でクローズしたため本日時点の積雪はわからず)になっているので、例年よりはここでもかなり多いのだろう。続いて、湯桧曽、土合を過ぎ新清水トンネルを越え、土樽で下り線のトンネル駅3つを過ぎ、いよいよ辺りが開ける越後中里に到着した。ここではさすがに大雪といったことが一目でわかる。駅前の湯沢中里スキー場でさえ200cmを超えている。ホーム向こうには雪の壁が立ちはだかり、幾日もかけて積もった様子がまるで地層のように積み重なっている。

5.当初の計画では、小出からの只見線のダイヤに合わせ、手前の2駅に途中下車し、2時間の待ち時間を1時間にしようと大沢・石打で下車をして時間調整をする。大沢で会った孫を連れた地元のおばあさんの話しを聞くと、2〜3日前までは線路にはもう雪が積もっていなかったとのことなので、20〜30cmさらに降ったようである。まあ、雪国では当たり前とその時は思ったが...大沢から1駅戻り、石打で再度下車する。何故戻るかと言えば、これは最近読んだ本(JR全線下車の旅・横見浩彦氏著)で、駅旅にはかかせない作戦なのである。今回駅旅ではなかったのだが、時間を有効に使うため、その手法を真似して1駅ではなく2駅に下車した。というのもこの区間は約1時間に1本のダイヤとなっており、そのまま次の列車を待つと1時間待ちとなる。そこで先に来る反対方向の列車に乗って戻り、次に下車する駅で下り列車を捕まえると1時間待ちで1駅下車よりも10分+22分の計32分待ちで2駅下車とかなり効率的に時間が使えると言うわけである。大沢駅と言えば、さいなすが小学生の頃に父親にスキー場に連れてこられた時に利用した記憶がある。当時は上越国際スキー場前駅はなく、ここから歩いていったか旅館の送迎車に乗った記憶がある。確か駅員もいたようだったが現在は無人駅になっている。

6.石打から7駅目の八色という駅を過ぎ、いよいよ次は小出となったところで今回の悲劇?(トホホの比ではない)が起きた。それは列車のアナウンスから始まった。「次は小出です。只見線はお乗り換えです。」とここまでは良かったが続いて「なお、只今只見線は大雪の影響で大白川までの折り返し運転とさせていただいております。詳しくは駅係員までお問い合せください。」と言うではないか...只見線には大白川−只見間に田子倉という臨時駅があり、12月1日から3月31日までは冬季閉鎖となり、本日4月1日から本年の営業を開始するはずであった。それどころかその区間の運転自体を見合わせているとのことであった。ただでさえ大白川−会津川口間は冬季1日3本、夏は只見行きが1本増えるため4本になるが、只見−会津川口間に至っては夏季でも3往復しか列車がない。小出発5:30のあとは今回乗りに来た13:17発、そのあとは16:08発が最終となる。ただでさえ計画するにあたって制約が多いのに、日本一と言っても過言ではない豪雪区間を走るため、運休がしばし起きてしまう。いままではまあそうだろうなと思っていただけで、まさか自分が訪問するときにそうなるとは思いもしなかった。

7.相当な落ち込みの中で、この後どうするかを必死で考える。小出では降りず、走りながらそのあとの対策を講ずることにした。というのも今乗っている列車のあとに上り列車なら13:09着があり、13:17発の大白川折り返し列車に乗ることができるからである。只見線完乗が幻になってしまったからには、他に未乗区間がないか考える。地図をみると新潟県付近はすべて乗車済みで、山形県の由利高原鉄道、群馬県のJR吾妻線もしくは長野県のしなの鉄道(上田−軽井沢間)となるが、由利高原鉄道は遠すぎで、帰りのムーンライトえちごに乗車できなくなる。却下。JR吾妻線は特急・快速を除けば1日6往復しかない越後中里−水上間を通ることになり、越後中里15:13発まで待つことになる。さらに行ったとしても渋川発17:19に接続するのが最早で終点までに暗くなり車窓を見ることができない。しなの鉄道はその区間を通ると横川−軽井沢間のJRバスに乗らなければならず、帰れなくなる。また飯山線経由では時間がかかりすぎる。車窓はいままでもすべて見てきた訳ではないので吾妻線に乗ろうかとも思ったが、そうするとせっかく取ったムーンライトえちごの指定席料金が無駄になる。たかが510円と言えるかも知れないがされど510円なので無駄にするのも惜しい。しばらく考えたあげく、只見線の一部でも初乗車には変わりがないのでとりあえず、小出駅に一度行って駅員に状況を説明してもらおうと、上り13:09着に乗れる駅で折り返すことにした。選んだのは越後滝谷駅。ここで折り返す。降り立った駅は無人駅で駅前に店もない。簡素な待合室があるだけで、ちょっと退屈するがまあすぐに折り返しができるので我慢した。

8.17分の待ち合わせで小出へと戻る。まもなく小出となるところで今度は「次は小出。え〜、お客様にご連絡いたします。本日の只見線13:17発は運休となりますので、代行タクシーをご利用ください。」と無情のアナウンスが...これで、新規区間乗車の夢が絶たれた。さいなすのルールで代行手段は完乗とは見なさないとしているため、乗っても乗りつぶしにおいては意味はない。ただ旅の想い出としては強烈に残るため、折り返すことができるかを駅員に訊いてみようと思う。小出に着いて改札を出たところにとして、雪害のため大白川−只見間は当面の間運休の旨が書かれた<只見線>おしらせがあった。さいなす以外にも7〜8名が只見線目的だった人がいて皆慌てている。そのうち2人は必死になって時刻表をメモしている。結局私も只見線が絶たれた今となってはテーマを今回のタイトルになった上越線の駅舎を撮影するということにした。まずは次の下り列車に乗るとして、その前に昼食を摂ることにする。

9.駅前にはそば屋やとラーメンの旗を出した定食屋など数件あったが、只見線諦め組がそば屋に入ったので、それに続く。店内では別のテーブルになったので話しこそできなかったが、2人は仲間ではなかったが同じ境遇にあったため話しが弾んでいる。さいなすは天ぷらそば(800円)を頼み、時刻表とにらめっこをしながら食べた。意外に熱かったのと時刻表に気を取られながら食べたためなかなかはかどらず、時間がなくなってきた。途中、店のおばちゃんとちょっと話しをするとどうやらこの冬はほとんど大雪のため運休状態であまり動いていないとのことだった。今日で2回目の挑戦失敗というと、次は是非乗れますようにと言われた。何かすごく救われたような気がした。その時はまた寄りますからと言って店を出た。

10.なんとか時間に間に合い、13:52発の下り列車に乗る。さあここから行ったり来たり乗車の始まりである。まず新潟方面を基準にすると1つ進んで隣の越後堀之内でおり、そのあと4つ戻って五日町、2つ進んで八色、3つ戻って六日町、2つ進んで浦佐、8つ戻って岩原スキー場前。こんな感じで行ったり来たりして午前中の大沢と石打を合わせて10駅に下車した。越後中里−宮内間で言えば、越後中里・越後湯沢・上越スキー場前・塩沢・北堀之内・越後川口・小千谷・宮内の8駅に下車していないので約6割の駅に降り立った勘定になる。本来なら塩沢と北堀之内にも降りようと計算していたのだが、やはり初めての試みであり、体というよりか気持ちがついて行かず塩沢で降りることをせず、岩原スキー場前まで乗ってしまい、結局2駅は断念してしまった。やはりこれだけ頻繁に乗り降りするのは楽じゃなかった。

11.岩原スキー場前からは新潟近くまでいこうと思い、長岡行きに乗る。この列車はさきほどここに来たときに乗っていた同じ編成で、次の越後中里から折り返してきた車両だった。長岡までは意外と時間がかかり1時間半ほど要する。途中何度も乗り降りをしていたおかげで所要時間に対する感覚が麻痺していた長岡行きは特に遅れもなく定刻に長岡の1つ手前の宮内に到着。ここで約10分間停車するので、車内アナウンスのとおり、急ぎではないが、快速くびき野5号に乗り換える。やって来たのは485系の特急形車両。アコモ改造されており、とても綺麗な車内である。かなりの人が乗り換えたが皆デッキに立ち止まってしまい、座席に行こうとする人はいない。あまりにも綺麗な車内なので、指定席と勘違いしているのかと思ったが、次の長岡でそのほとんどが降りてしまった。奥までいかなかったのはそのためであった。快速で新潟までの1時間のあいだ寝て過ごすことにした。

12.当初只見線経由で着く予定時刻は21時半だったのに、新潟に2時間も早い19時半に着いてしまったが、夕食が確保できるかどうかと心配する必要がなくなり、駅ビルCoCoLoの中にある“亜麺坊”という中華料理屋で無事まともな食事ができた。ここ最近、旅行中の食事はサンドイッチ、おにぎりなど簡素なものが多かったので、とてもおいしく感じられた。店の女の子も愛想がとても良くまた来たいと思わせるお店であった。頼んだのは大好きな担々麺、胡麻団子に生ビールでしめて1,640円とちょっとばかり豪華であったが、気分良く食べられたので良しとする。このあとの時間(約3時間)をどうするか考えながらゆっくり食べ、考えた結果は新潟付近の駅にも降りようということにした。どうやら下車旅も少しおもしろいと自分ながらも感じたのだろう。そこで新津から新潟寄りの4駅をターゲットにするが、昼間の行ったり来たり方式はうまく組み合わせることができず、新津手前のさつき野まで行って一駅ずつ戻ることにした。

13.しかしそれだと23時過ぎに新潟に着くことになる。ムーンライトえちごの発車時刻までには戻れることになり、実行することにする。店を出て、帰りのムーンライトえちごの中で飲むアルコールをどうするか考えていたが、ここのNEWDAYSは23時までの営業なので、戻ってきた時には閉店して買うことができない。先に買っておけばいいがビールだと飲む頃には生ぬるくなってしまい、飲めたものじゃない。さてどうしたものかと酒類コーナーを物色していると、、、ここは新潟米処、したがって日本酒の地酒がある。普段日本酒などほとんど飲むことがないが、新潟ならきっとおいしいと思い、日本酒を買った。日本酒なら人肌の温度でも飲むことができるのである。日本酒(ワンカップサイズ)とおつまみを買って駅に入る。

14.新潟地区にも今年からSuicaが導入されたので、せっかくだからとSuicaで入ってみた。21:01発の列車に乗り、さつき野に向かう。さすがに辺りは真っ暗で何も見えない。15分ほどで着いた。駅は橋上に改札があり、2面2線の構造になっている。ただし改札はSuica自動改札が出入り口各1人計2人分と予備通路が1つでかなり狭い。この駅は平成3年3月に作られたので比較的新しいはずなのだが、夜なのであまり良くわからなかった。7分で折り返し次の荻川に向かう。着いた荻川はさつき野よりは1つ通路が多いSuica自動改札が3人分と予備通路が1つ。きっぷの窓口販売があるので、駅員がいるようだ。ただこの時間はすでに窓口は閉まっている。ここでは26分待ちなので、西口・東口の両方行ってみた。東口の撮影が終わると列車が到着し、帰宅を急ぐ乗客が降りてきた。真っ暗の中で立っているさいなすをおそらく皆不審な目で見ていたことだろう。冷たい視線を感じる。それにしても何もない駅で20分以上待つのは苦痛だった。

15.ようやく次の新潟行きが来たので、そそくさと乗り込み、また1駅で下車。今度の亀田は本当にごく最近改築された立派な駅で真新しい。改札は4Suika・1予備通路で、改札横にはデイリーヤマザキもあり、今回訪れた駅の中で一番大きい。エレベーター(それも自動運転方式)もあり、改札内には20名ほど座れる待合室も設置されている。外から見た駅舎も立派である。ただ駅前はまだ整備途中のようで、工事中の箇所が多くあった。撮影を終えると駅に戻り、今までの2駅で行った予備通路から入ろうとした時、目の前に掃除をしていた駅員が現れた。改札窓口が閉まっていたので、ここももう駅員はいないと思っていたため驚いた。驚いたのはこちらだけでなく駅員も同じ。なんせ勝手にSuica自動改札を通らずに駅に入ろうとしていたのを見れば当然である。きっぷは?と尋ねられ、持っていた青春18きっぷを見せる。そのあと待合室でしばらく過ごし、待ち時間の25分が経過した。新潟行きがやって来たので乗り込みまた次の越後石山で下車する。

16.さつき野に着いてから70分経っただけなのだが、すでに飽きてきた。一瞬、新潟まで行っちゃおうかとも思ったが、せっかく3駅こなしてきたので、我慢して下車した。22時を過ぎ多少寒くなってきたせいもあるとは思うが、この駅も何もないに等しいのが理由である。ただ駅の造りとしてはおもしろい。夜のせいかもしれないが、上下線を行き来する通路が見あたらないのである。これまでの3駅はすべて橋上駅で、駅の左右から入口があり乗り降りできる。ただここの越後石山はホームの中程に面したところにSuica自動改札が2つあり、出たところに左右に降りる階段が数段ありほぼ平坦な作りになっている。どちらかと言えば路面電車の駅っぽい作りなので、もしかしたら駅横にある踏切(構内踏切ではない)を渡って反対側に行き来するのかも知れない。夜のため暗くて良くわからなかったが...改札としては上下線合わせて4Suika・2予備通路といったところである。

☆作成途中....