JR御殿場線+岳南鉄道+伊豆急行線完乗の巻

※乗車記録(行程表)のみUP

平成18年3月12日(日)
旅行日程
日帰り
列車乗車距離
522.7km
列車乗車時間
9時間57分
乗換回数
13回
通過都道府県数
4都道府県
 通過県名: 東京、神奈川、静岡、埼玉。
日付: 2006年3月12日(日)
出発地 出発時刻 路線名/列車種別
到着地
到着時刻
乗車時間
乗車距離
乗車車両
みずほ台 7:24 東武東上線 準急 朝霞台
7:31
7
4.2
東武クハ8142
朝霞台 徒歩 北朝霞
北朝霞 7:40 JR武蔵野線 普通 武蔵浦和
7:47
7
7
モハ204−397
武蔵浦和 7:55 JR埼京線 普通 大宮
8:07
9
7.4
モハ204−379
大宮 8:31 JR湘南新宿ライン 特別快速
 3100Y
国府津
10:15
104
111.8
サロE231−1086
国府津 10:30 JR御殿場線 普通 2547G 沼津
11:54
84
60.2
クモハ313−3006
沼津 12:19 JR東海道本線 普通 763M 吉原
12:33
14
15.1
クモハ211−5615
吉原 12:49 岳南鉄道 普通 岳南江尾
13:09
20
9.2
岳南鉄道7002
岳南江尾 13:46 岳南鉄道 普通 吉原
14:06
20
9.2
岳南鉄道7001
吉原 14:24 JR東海道本線 普通 442M 熱海
15:09
45
36.7
モハ210−5064、
沼津から
クモハ211−5617
熱海 15:27 JR伊東線 普通 リゾート21
 5653M
伊東
15:52
25
16.9
伊豆急行2156
伊東 15:56 伊豆急行 普通 リゾート21 伊豆急下田
16:59
63
45.7
伊豆急行2156
伊豆急下田 17:30 伊豆急行/JR東海道本線
 踊り子176号
横浜
19:48
138
138.4
モハ185−28
横浜 19:53 JR湘南新宿ライン 普通 池袋
20:30
37
40.3
モハE231−1536
池袋 東武東上線 準急 みずほ台
24
20.6
東武クハ8189
乗換回数=
13回
597
522.7
備忘録

1.先週に引き続き、2週続けて通称”18旅”に出る。今回も2日前まではどこに行くかも決めていない行き当たりばったりの旅である。といっても、プランニングすること自体が趣味の一つであるため、まったくの無計画ではない。前回の方が時刻表も持たず(買えなかった)、何が起きても不思議でなかったが、何事もなかった。準備万端にしていくときの方が、トホホな出来事が起きるのである。今回は前日に一回しか使えないことを承知で愛用の3月号のコンパス時刻表を買い持参した。

2.今朝はいつも会社に行くときと同じ時間帯に出発するため、多少余裕がある。とはいえ、子どもたちは休みのため、かみさんもこの時間(6時半)には起きていない。寝坊する可能性は先週と同じである。6時40分に起床し、無事出発。東武東上線のみずほ台から大宮に向かう。目的地は南方面なのに何故、大宮と思われる方に解説しておこう。目的地は静岡方面なので、本来なら池袋から湘南新宿ライン、もしくは東京から東海道本線が筋なのだが、事前購入550円のグリーン車乗車をするため、少しでも長く乗りたいということから、大宮を選んだ。池袋からだと状況によっては座れない(購入できない)可能性もあるため、休日の上り区間を走る大宮−池袋で座ってしまえ、と言うことである。

3.予定よりも10分早い電車に乗れたため、大宮で25分ほど時間が取れる。ゆっくり買い物でもと思ったのも束の間、こういうときに限って、おなかが痛くなった。早く来たため、トイレに寄る時間があるだけでも良しとして、用を足したあとキオスクでパン、ビール(朝から!?)、コーヒーを購入。もちろんSuicaで支払い。小銭を出すよりかんたんで楽チンである。ホームに降りて、グリーン券発券機を初体験。Suicaを入れて行き先を押せば、Suicaに情報が記録される。航空会社のチケットレスよりそのまま乗車できるだけ手間なしである。検札の時にSuicaを出せばそれでOK。さて、定刻が近づいてきた。向こう側のホームに上野行きの列車が入線してきた。グリーン車はというと、おお、結構空いている。。。

4.8時30分、小田原行きの特別快速が到着。普通車はかなりの乗車率である。グリーン車はOKなんだろうと思っていたら、ナント!満席。2階建て車両なので、少なくとも1階部分なら大丈夫だろうと思ったが、完全に期待はずれであった。Suicaにグリーン車情報をインプット=購入してしまっているので、グリーン車に乗った。デッキは3人ほどの人が座れないでいる。やはり特別快速なので、乗車率が高いのだと思う。どこかで絶対座れるという気持ちを胸に、2階席を狙うため階段下で待つ。赤羽までノンストップで快調に走っているのだが、窓には「グリーン券の事前購入と車内購入の価格が違う旨」を説明する大きなステッカーが貼ってあり、外もろくに見えない。赤羽に着いたが、誰も降りない。逆にもう1組哀れな人たちが乗車してきた。次は池袋だが、ここでも自分までは席が廻って来なかった。結局新宿でかなりの人が下車し、そこでようやく座ることができた。

5.席に座り、大宮で購入したパンを食べ、食後に朝からビールを飲む。良い気分になったが、座ったからには、車窓を記録しなければ..本日は先日買い換えたオリンパスE−500のお披露目である。車窓と言えば何故か川を写すことが多い。大きな川は場所が判定しやすいということもあるが、何故か惹かれてしまう。今回の処女作も川から始まった。まずは多摩川である。橋梁を渡り始めたところでカメラを構え、中程でシャッターを切る。3回に1回の確率で柱がど真ん中に来ることがあるが、今回はうまくいった。ただ、以前のE−10に比べかなりシャッター音が大きい。周りの人にも聞こえてしまうと思われるほどの大きさに思える。E−10はほとんど音がせず、逆に電子音を選ぶことができたくらいなので、ちょっと残念。購入前にまったくといっていいほど実機をさわってみなかった罰ということである。とにかく軽くて高画質で選んだため、自業自得ということか...

6.その後も何度か車窓を写し、定刻の10時15分に国府津に着いた。ここから初乗車の御殿場線に乗り換える。15分ほど時間があるので、駅舎撮影のため途中下車をする。駅前広場は広めだが何もないといった感じである。撮影を終えると、駅に戻り、すでに入線していた御殿場線に乗る。意外にも朝のラッシュ時に近い混雑である。2両編成しかないのがちょっと疑問に思える混みようだった。発車後すぐに東海道本線と分かれ、松田へと向かう。今回はできる限り、駅名標を写すようにしたいと考えたが、結構混んでいたため、自由に動くことができず、駅名標の代わりに最後尾から駅構内全体を写すことが多くかった。松田では小田急線からの渡り線(特急あさぎりが使用)を写す。

7.山北を過ぎるとトンネルが多くなる。いくつ目かのトンネルで、あることに気づいた。それは単線のはずなのにトンネルの口が2個並んであることである。というのもこの御殿場線はご存じの方が多いかと思うが、東海道本線の丹那トンネルが開通するまでの長い期間、こちらが東海道本線を名乗っていた。そのため、以前は複線でしたがってトンネルも上り下りの2つあるのである。丹那トンネル開通後はいままでの輸送力も必要なくなるため、単線となりもう一つのトンネルは廃止となってしまったのである。その姿が随所で見られる。

8.寄り添う川が酒匂川から鮎沢川に変わる頃、駿河小山に到着。ここで対向列車との行き違いがある。やって来たのはハイカラな列車。そう、先ほどの短絡線(連絡線)を通る、特急あさぎりであった。車両は、小田急電鉄の20000系。結構カッコイイと思うが、どんなものか...さて、足柄を過ぎ、御殿場に着いた。ここで結構空いて、座ることができた。最後尾からの撮影にもちょっと疲れたため、撮影はしばしお休みとする。ただ待ち合わせ時間があったため、荷物を置いて、ホームに降りてみる。ホームは特に変わったところはないため、列車を写し、席へと戻る。戻ってみると待ち時間の間に乗ってきたのか、そこそこ乗客が増えていた。座席に荷物を置いたままにしたことが、ちょっと悪い気がした。

9.沼津まではうまく駅名標の近くで止まらず、撮影は断念。あきらめて少し眠ることにした。ほどなく沼津に到着。ここから再度東海道本線に乗り換える。

文章書きかけ...