JR水郡線+東武宇都宮線完乗の巻

※乗車記録(行程表)、備忘録(ほぼ旅行記)をUP

平成18年3月4日(土)
旅行日程
日帰り
列車乗車距離
532.4km
列車乗車時間
10時間34分
乗換回数
17回
通過都道府県数
6都道府県
 通過県名: 東京、千葉、茨城、福島、栃木、埼玉。
日付: 2006年3月4日(土)
出発地 出発時刻 路線名/列車種別
到着地
到着時刻
乗車時間
乗車距離
乗車車両
みずほ台 5:29 東武東上線 普通 成増
5:43
14
10.2
東武モハ18005
成増 5:48 東武東上線 急行 池袋
5:58
19
10.4
※池袋寄り先頭車両8111
池袋 6:05 山手線外回り 普通 503G 上野
6:20
15
8.7
クハE230−535
上野 6:46 常磐線 普通 1329M 水戸
8:53
127
117.5
サハ411−708
水戸 9:06 水郡線 普通 527D 上菅谷
9:23
17
10.1
キハ112−112
上菅谷 9:44 水郡線 普通 527D 常陸太田
9:59
15
9.5
キハ111−112
常陸太田 10:21 水郡線 普通 528D 上菅谷
10:37
16
9.5
上菅谷 10:41 水郡線 普通 823D 常陸大宮
10:57
16
13.3
キハ111−119
常陸大宮 11:48 水郡線 普通 825D 常陸大子
12:31
43
32.2
キハ110−125
常陸大子 12:44 水郡線 普通(臨時) 8325D 郡山
14:41
117
86.8
キハ111−118
郡山 15:20 東北本線 普通 2142M 黒磯
16:23
63
63.4
クハ700−1503
黒磯 16:35 東北本線 普通 1580M 宇都宮
17:26
51
53.8
クハE230−6024
宇都宮 徒歩 東武宇都宮
東武宇都宮 18:24 東武宇都宮線 栃木
18:59
35
27.3
東武モハ5357
栃木 19:11 両毛線 普通 471M 小山
19:23
12
10.8
クモハ107−105
小山 19:33 東北本線 普通 670M 大宮
20:22
49
50.3
クハE231−8009
大宮 20:29 埼京線 普通 武蔵浦和
20:40
11
7.4
モハ205−386
武蔵浦和 20:46 武蔵野線 普通 北朝霞
20:53
7
7
クハ204−45
北朝霞 徒歩 朝霞台
朝霞台 21:04 東武東上線 普通 みずほ台
21:11
7
4.2
東京メトロ7501
乗換回数=
17回
634
532.4
備忘録

1.2006年3月、青春18きっぷ発売に合わせ、鉄の道への復活を果たす。これまで他の趣味に高じていたが、自分の将来にわたり、実践できるのかという自問自答の結果、その趣味は控えることにした。やはり、いままで継続、積み重ねてきた結果を無にするのは、これまでにしてきたことはなんだったのかということにもなり、これから訪れる年齢になってもやっていておかしくない趣味ということで、鉄道を選んだ。そんなに大げさなことでもないのだが、自分自身を納得させなければ気が済まない性格(裏を返せば、自分勝手(笑))なので仕方がない。そんなわけで、現状の自分が使える予算を考え、青春18きっぷをメインにした旅を続けていこうと思う。

2.前日仕事でやった書類整理での重い箱運びで腕が筋肉痛になり、重いものが持てないため、カメラ1台と、ウエストポーチのみの過去最軽量の出で立ちで出発することにした。ちなみにいままで使っていた5年に渡り行動を共にしてきたオリンパスE−10はとても良いカメラであったが重量が1kgと重いこと、バッテリーの保ちが悪くなってきたことを理由に先日オークションに出品し、その代金を元手に後継モデルを買おうと思っている。

3.今回も急遽考えたプランで、朝起きれるかが課題であった。上記のとおり、5時半の電車なので4時45分起きでなければ間に合わない。前日早めに12時(普段は2時頃就寝)に寝て、無事予定通りの電車に乗れた。さて、池袋で青春18きっぷに判をもらったのだが、印字が薄く、パッと見ではいつのものかわからない。これが後で問題にならなければいいが...山手線で上野へ行き、そこから常磐線に乗る。2日前の計画なので、事前準備が整わないままでの出発で、旅のお供必須の時刻表も用意していない。そこで時間のある上野で調達しようと思ったが、期待のキオスクは開店しておらず、NEWSDAYSには置いてないようで(また店内はかなりの人で大混雑状態)、時間もなくなってきたので、購入をあきらめ、出発ホームへと急ぐ。すでに勝田行きの普通列車(快速)は、入線していて、ボックスシートは1人、もしくは2人ずつ座っており、空きがあまりなさそうだ。2両ほど移動して、なんとか窓側進行方向を確保。今回も右側に座ることになったが、あとでちょっと後悔することに...

4.定刻に上野を出発した列車は、快調に常陸の国に向け進んでいく。南千住を過ぎたところで、見慣れない列車が右手の千代田線との間に見えた。6両編成くらいの短い列車だったが、2回目にその車両を見たときに、つくばエクスプレスであることがわかった。ちょうど鉄の道からしばし離れていた昨年8月の開業のため、まだお目にかかっていない新線である。そのため気がつくのが遅れた。またすでに引退?と思っていた千代田線直通のJR(旧国鉄)223系もバリバリ活躍中であることを知った。ブランクがあることはそんなところにも影響するんだなあと思った(笑)。

5.鉄旅恒例の朝からビールで気持ちがよくなり、松戸、柏あたりはうろ覚え...またもやデッドセクションに気がつかず、土浦に到着。ここで右側に座ったことを後悔した。それは車窓左手に筑波山が見えていたことだった。正直右手は見所はなにもなく、前回も左側のお客さん越しに筑波山を撮った記憶がある。今回は写真を撮ることさえできず、またもや失敗してしまった。次回鹿島鉄道等の訪問時に来ることがあるはずなのでその時は是非とも左側に座ろうと思う。

6.途中、赤塚駅で特急フレッシュひたち号に道を譲って、梅の開花時期で営業をしている臨時駅の偕楽園駅を通過したら、直に水戸駅に到着。ここから水郡線初乗車となる。乗換の合間に駅前に出て駅舎撮影を試みるが、このような大きな駅の場合、大概、大きなビルになっており、全景を収められる場所を探すのには時間が足りない。今回も同様で、駅名が表示してある部分を中心に入るところまでを入れての撮影にとどまった。

7.9時6分、まだ朝である。こんな時間にすでに水戸にいることが何となく嬉しい。変な感覚であるが(笑)。さて水郡線に乗り、まずは常陸太田を目指す。水戸を出てすぐに大きな河を渡る。那珂川である。地図を持っていなかったため、その存在がわからず、写真は撮れなかった。途中、上菅谷で21分も停車するため、一旦途中下車。ふと改札を出るときに「下車印」のことを思い出し、駅員さんに訊いてみた。「下車印はありますか?」駅員「ちょっと待ってね。」と言ってしばらく印箱の中を探してようやく見つけ、「最近、あまり押さないもので..」と笑いながら押してくれた。駅舎や列車の写真を撮りながら時間を潰した。

8.上菅谷を出ると本線から分かれ、というより本線を左に分けといった方がよく、直進する。15分ほどで常陸太田に到着。ここは向かいに昨年廃止になった日立電鉄の常北太田駅があるはずである。駅を出て、正面をみると、駅舎らしい建物が見える。「日立電鉄サービス」の看板を掲げているが、まさしく旧・常北太田駅であった。ほとんど改装することなく、バスの待合室に使っているらしい。中に2人ほどお客が待っていた。中にはいるのはやめ、右側の道路から、線路側に廻ってみると、、、、無惨に置かれた信号機などが山積みになっている。紙に保存用と文字が書いてあるが雨ざらしの状態でとても保存しているとは思えない。なんとなく悲しい気分になってしまった。ふと目線を前に向けると...なんと車両が7編成ほど残置されている姿が目に入った。すでに廃止から1年近く経過しているが、まだ解体されずに残っていた。というよりは大幅な債務を抱えた日立電鉄では費用の問題で解体できないでいるのではないかと思う。果たしていつまでこの状態が続くのだろうか...1年近く経過してはいるが、まだまだどの車両も今にも走り出しそうな雰囲気で、まるで始発前の車庫でも見ているようであった。。。

9.あっという間に20分が過ぎ、折り返しの列車時刻が迫る。急いで駅に行き、上菅谷へと戻る。ここでは4分の待ち合わせと効率がいい。やってきた列車は3両編成で、一番後ろの車両が比較的すいており、ボックスシートが確保できた。最近のローカル線に多い傾向が、先頭車両側が一番混んでいて後ろにいくほど空いてくる。というのもワンマン運転のため無人駅では一番前からの下車になるからであろう。上菅谷から常陸太田へは、鉄ファンの指定席?である最後尾の窓前を確保したがさすがにこの先の長丁場を迎える手前、座席に座ることにして、ここからは、駅名標撮りに没頭することにした。

10.常陸大宮まで約15分、あっという間にこの列車の終点である。ここで約50分ほどの待ち時間があり、朝からコーヒーのみの空腹を満たすため、駅前の店を探す。が、しかし...食材を売っている店はなく(あっ、正確に言えば一軒食堂があったが何となく却下してしまった)、主要道まで出ればコンビニでもあるかなと思い、駅前の左に向かう道を歩く。駅を出てすぐに鯛焼きを売っている店があったが、今日一番のごはんであるため、せめても普通のパンが良いと思い、ここもパス。2〜3分で多少交通量が多い道に出た。でも左右を見渡しても、コンビニらしき店はない...ふと目の前の看板を見ると、「ヒロセヤ」と書いてある。とりあえずそこを目指す。しばらくすると駐車場があり、かなりの車が止まっている。見れば結構大きな地元のスーパーであった。

11.店内でカゴを持ち、まるでいつもの日曜の買い物のようにパンとお菓子、飲み物を探す。この時は旅に出ていることをほんの一瞬忘れかけた(笑)。買い物が終わり、残り15分ほどになったので、駅戻る。途中、駅構内を見渡せる踏切があったので、ちょっと寄り道し撮影を試みるが、いままで晴れていたのが太陽が流れる雲に隠れてしまい、暗くなってしまった。雲から出るのをしばし待つが、当分抜けないことがわかり、時間もないことから曇りの状態で1枚撮影し、駅に戻る。

12.常陸大宮からは、通常は次が常陸大子行きなのだが、今日は臨時で郡山まで延長運転される。やってきた列車は3両編成で、またもや最後尾が空いていたので、3両目の右側を陣取る。2つめの野上原を過ぎるといままで少し離れて流れていた久慈川に沿って走るようになり、何駅かごとに右から左、左から右へと川を渡る。今朝の筑波山のように反対側に座るとまったく撮れないということがなく、ちょっとホッとした。鉄橋を渡るときに川の流れを撮るが、並行して走っているときは、前の木々が邪魔をし、うまくタイミング良く撮影できなかった。これは何度体験しても習得できない。

13.袋田の滝への最寄り駅である袋田を過ぎれば、次が常陸大子。がここでちょっとばかり久々のトホホが発生。というのは今乗っている3両目は次の常陸大子で切り離されるというアナウンスがあったのだ。せっかく窓が綺麗で撮影しやすい場所をキープしたのに、、、おそらく常陸大子以北は乗客の数がいっそう減るのであろう。それでは仕方がないことである。2両目に席を移すが、どの窓も多少汚れており、また油膜かガラスの質のせいかわからないが、ギラギラする窓ばかりでちょっと閉口気味。。。何度か席を変えたがあきらめて場所を決める。(それほど席は埋まっていない)

14.常陸大子で切り離し作業を見てから一服していると、駅舎撮影をしていないことに気づいた。だがもう時間が3分しかないので、潔く諦めた。なんせこの列車を逃すと次は1時間半ほど時間があいてしまう。いつもながら時間に余裕のないプラン設定であったので、元の席に戻り一路郡山を目指す。スーパーで買ったビールを開け、午後の暖かい日差しを受けながら、いつもならまったりとした気分で時を過ごすのだが、今日はいつもの特急乗車と違い各駅停車。駅名標撮影をしなければ...(決して強制ではないのだが、次はいつこれるかわからないので、ついそのように行動してしまう)駅ごとに左右に席を移りながら、なんとか数駅を除き撮影ができた。

15.郡山に着き、無事水郡線完乗となった。ここでも40分ほど待ち時間があるため、駅前に出てみる。気温は高いのだが冷たい風が吹き、肌寒い。駅前広場ではストリートシンガーがたくさんの女の子を集めて、目の前で歌を歌っている。福島でもここは都会であり、首都圏と変わらない光景である。郡山からは、さいなすの中で”天敵”と呼んでいる701系の電車に乗り、黒磯へ。12分の乗り換えで宇都宮へと向かうのだが、ここでの乗換はいただけない。同じ上りなのに階段を渡り、隣のホームへと行かなければならない。いままでが2両編成で今度は倍以上の5両編成である。慌てなくても座れることは確実なので、ゆっくりと移動し、駅名標、車両の写真を撮ってから席を探す。この列車はロングシートのみで、ほぼ座席はいっぱいなので駅名標撮影もできないため、場所を選択する必要もない。

16.宇都宮に着き、一つの選択を迫られた(自分自身の中でではあるが)。それはこれから東武宇都宮線に乗るかどうかだ。乗らなければ1時間半近く早く自宅に戻れる。乗れば当然遅くなる。宇都宮から東武宇都宮までは1.4kmほどを徒歩でいこうと思っているのだが、今日は土曜日で明日の心配をすることもなく、天気も晴れなので、歩くのもそんなに苦痛ではない。問題と言えば、日の入りの時間を過ぎるので、車窓が見えないことただ一つ。結論はすぐに出た。東武宇都宮線完乗である。車窓のことを言ったら、廃止間近の日立電鉄のときもそうだった。この時は日程的に余裕がないので、潔く?あきらめた。そんなわけで東武宇都宮線を乗りに行く。普段1km以上歩くことなど滅多にないので、結構疲れるのではと懸念はしたが、気候が良かったせいか苦もなく歩けた。10年ほど前まで山登りをしていたことを頭に浮かべ、そんなに”へなちょこ”じゃあないと言い聞かせながら歩いたのも事実だが(笑)。

17.途中、二荒山神社があったがすでに日没を迎え、フラッシュ撮影が必須になったので、門のみを写し、東武宇都宮駅へと急ぐ。地図でこのあたりと言うところまで来たが、駅が見あたらない。少しだけ焦るが、すぐに謎が解けた。ここは東武の拠点なので、東武百貨店がある。駅はその中にあった。構造はちょっとしたターミナル駅である。ホームに上がってみると(2階に電車乗り場がある)、おなじみの白地に2本のブルーライン。我が東武東上線と同じデザインの列車が待っていた。外は肌寒いので、車両の両端のドアのみが開いていて、中2つは締め切りになっている。後ろから2両目に乗り、閉まっているドア近くに座った。ただ停車中だといつも乗っている電車と何ら変わらない。だが、あえて電動車を選んだ。それは...

18.そう、お気づきの方もいるかも知れないが、東武の5050系は、いまや貴重になった”吊りかけモーター車”なのである。あの昔懐かし、うぉ〜ん〜(文字で表すのが難しい)という唸りをあげながら走る電車である。発車まで少し時間があり、お客も少ないので、ロングシートではあるが昼前にスーパーで買った菓子パンの残り1つを食べる。食べ終わる頃、車内はそこそこの乗車率(30%)になった。不思議なことにそのほとんどが小学生から高校生くらいの年代である。まだ18時半とはいえ、外は真っ暗であるのに...宇都宮に遊びに来た帰りなのだろうか?

19.東武宇都宮を発車し、4つめくらいに”おもちゃのまち”という駅がある。是非ともそこの駅名標を撮ろうと思ったが、うまくその位置に止まらず、撮り逃してしまった。残念。。。30分ほどで乗換駅の栃木に到着。ここからまたJRに乗る。すでに完乗済みの両毛線で2駅、小山に着いた。ここで湘南新宿ラインに乗り換え、大宮、武蔵浦和、北朝霞経由で自宅に戻った。今回はさよなら乗車や野球観戦といった目的はなく、単純に乗りつぶしであったが、前々から近々乗る予定にしてあった水郡線のほのぼのとした雰囲気が十分味わえ、久々にどちらかと言えばのんびりできた旅であった。