日立電鉄さよなら乗車の巻

※乗車記録(行程表)のみUP

平成17年3月26日(土)
旅行日程
日帰り
列車乗車距離
363.0km
列車乗車時間
6時間3分
乗換回数
10回
通過都道府県数
4都道府県
 通過県名: 東京、千葉、茨城、埼玉。
日付: 2005年3月26日(土)
出発地 出発時刻 路線名/列車種別
到着地
到着時刻
乗車時間
乗車距離
乗車車両
麹町 13:23 東京メトロ有楽町線 有楽町
13:28
5
2.8
西武6912
有楽町 13:46 山手線(内回り) 上野
13:55
9
4.4
クハE231−536
上野 15:00 スーパーひたち 35号 勝田
16:40
100
123.3
モハ651−101
勝田 16:52 常磐線普通 大甕
17:08
16
16.3
クハ455−324
大甕 17:36 日立電鉄線 鮎川(茨城)
17:49
13
6.6
日立電鉄2004
鮎川(茨城) 17:56 日立電鉄線 常北太田
18:33
37
18.1
日立電鉄2213
常北太田 18:40 日立電鉄線 大甕
19:03
23
11.5
大甕 20:25 スーパーひたち 58号 上野
22:12
107
139.6
モハ651−109
上野 22:23 山手線(内回り) 池袋
22:39
16
8.7
クハE231−511
池袋 22:44 東京メトロ有楽町線 和光市
23:03
19
11.5
東京メトロ7602
和光市 23:07 東武東上線普通 みずほ台
23:25
18
8.1
東武10000系
乗換回数=
10回
363
351
備忘録

1.指定席発売機を初めて利用した。トクトクきっぷも購入できてとても便利。ただし指定席を確保しようとしたら、30分後に発車のスーパーひたち31号は表示されておらず、直近のものをあわてて選んだら、15:00発のスーパーひたち35号で、計画した最遅パターンの列車になってしまった。見間違いで押してしまったのかと思い、指定席変更を試みるが無情にもこのきっぷは変更できませんとの回答。でも上野駅で昼食を食べる余裕ができたので結果OKとする。

2.上野駅で1時間時間を潰し、スーパーひたち35号は定刻に発車。随所で130km/hを出し、途中のデッドセクションも気づかないまま快適に水戸まで進む。がしかし悪夢?はここで起きた。車内放送によるとこの先、勝田−佐和間で架線障害が発生し現在電気を止めて復旧作業を行っているとのこと。状況がわかり次第随時案内をするらしい。しばらくするとトラックが架線を切ってしまったことが判明し、復旧には約40分ほどかかるとのアナウンスが..大甕で日立電鉄に乗り換えるさいなすにとってはかなりの痛手になる。予定では大甕で35分の空き時間を作っておいたので、早めに復旧すればギリギリ間に合うかもと淡い期待をして、ホームに降りて撮影をして時間を潰す。30分ほどして運転再開する放送が入り、ホッとしたのもつかのま..少し走るとこの列車は次の勝田で運転を打ち切るとのこと。いわき方面へは勝田駅で停車中の普通列車に乗り換えていけという。こりゃダメだとガックリ肩を落として列車を降りた。

3.普通列車に乗り換えるとたちまち特急からのお客で満員になってしまった。中にはお年寄りも多く、席に座れず困惑している方も多数見受けられた。いわきまでは特急でも約1時間、普通列車だと1時間30分ほどもかかるので、かなりつらいだろう。さいなす自身も座れない状態なので、代わってあげたくてもそれもできない。乗り換えたあともなかなか発車せず、10分ほどしてようやく動き出した。この普通列車は予定よりも1時間以上遅れていた。佐和駅2つ手前の踏切に作業員や警察などが大勢いたため、ここかと思い見ていると、架線を切ったらしき青いトラックが見えた。荷台にユニックを積んでいるタイプだったので、誤って格納しないまま走ってしまったのが原因ではないかと思う。とんだ迷惑である!!

4.大甕に予定よりも44分遅れて到着。着く直前に日立電鉄の列車とすれ違った。タッチの差(4分)で間に合わなかったのである。いつもなら時刻表を持参するのだが、このところの財政難で購入していなかったので、このあとの予定が立てられない。まずは特急スーパーひたちが大幅遅れ&運転打ち切りのため大甕駅で払い戻しの印をもらう。ただその場で払い戻しではなく明日以降とのこと。東京でも大丈夫かと確認したらOKと言われたので、それに従うことにした。とりあえず鮎川まで往復し、常北太田まで行くことにする。時間が多少遅いので同じ目的の人はさほど多くなかった。それでも乗客の7割は占めていたのではないかと思う。鉄道ファンをのぞけば、一般客は2両で10名いるかいないかといった状況なため、ここも廃止やむを得ずと思った。

5.鮎川で折り返しに乗るため、7分滞在して大甕方面へ戻る。次の桜川駅を出たあとハプニングが起きた。駅のすぐ先にJR常陸多賀駅方面に向かう道の踏切があるのだが、そこで突然列車が止まった。単線なので、まさか正面衝突?それとも人身事故?なんてことはないとは思ったが、止まった列車から運転手が降りた。向かった先は踏切の遮断竿(しゃだんかん・ポールのこと)のところ。よく見れば根本が折れてしまっていて、踏切待ちの車の方に不自然に曲がっている。この列車はワンマンカーなので運転手が対処しなければならない。遮断竿の折れたところを頂点にしてΛ形にして歩道側に一生懸命押している。ちょっと手こずってはいたがなんとか端に寄せることができ、運転室へと戻る。なにごともなかったかのようにアナウンスもなく列車は走り始めた。話はちょっとそれるが、この日立電鉄が廃止になる理由として、乗客の少なさもあるがもう一つ訳があった。というのは超赤字企業なので、運行上必要な車両整備や保線を行うのに予算がなく安全を確保することができないことが挙げられていた。それを目の当たりにしてしまったのだった。

6.大甕まで戻り、今度は常北太田までいく。途中18時になった時点で、大甕以外の駅は営業を終了したので、きっぷは運転手に渡すようにとアナウンスがあった。これも経費削減のためなんだろう。すでに辺りは真っ暗になり、車内からの撮影もできなくなった。座席に座っていると、常陸岡田駅でドアを閉めようとした矢先にひとりの女の子(20代くらい)が出口である先頭車両に向かって歩いてきた。運転手さんが「降りますか?」と尋ねると「はい降ります」と答えたのであるが、降りようとした時に「あっ、すいません。間違えました」とのこと。どうやら常北太田と間違えたようだ。駅名標の「常」と「田」だけでも見たのであろうか。でもひらがな表記だったような..それでも間違える???

7.常北太田に着き、暗い中駅舎を撮ろうと試みる。ほとんど時間がないので一脚を使っての駅舎全体の写真は撮れなかった。ここでも7分で折り返しとなる。常磐線のダイヤが大幅に遅れているのと、次に乗る予定の水郡線は非常に本数が少ないということが頭にあり、また時刻がまったくわからないので、大甕に戻ることにしたため、ここで時間が取れなかったのだが、車内に戻り持参したメモを見てガッカリ...今回は余裕をもって計画していたため、常北太田で計画通りの時間になっていたのだった。すなわち水郡線に乗れたのであった。それも30分以上も時間があった...

8.まあ、JR常陸太田駅から水戸までの区間は購入したひたち往復キップの範囲外で、まだその区間のきっぷを購入していなかったこともあり、「別料金がかかってしまうから」といった理由で自分を納得させた。が、このあとのきっぷ払い戻しの一件からすれば、多少の出費はやむを得ずとしているだけにやはり悔やまれた。でももうしょうがない...

9.大甕に着くとやはりダイヤは乱れたままだった。駅の改札を出たあと、特急列車が入ってきた。これに乗っても良かったのだがこのあとの20:04発の指定席を確保しているのもあり、またトイレを我慢していたため、そっちを優先し、この列車はパスする。駅員にきけばあの列車は大甕18:29発のフレッシュひたち52号とのこと。それが19:05発と35分ほど遅れていることになる。であればそのあとのスーパーひたち54号も同様に遅れていればそれに乗ってしまおうと思ったが、次の列車はスーパーひたち58号とアナウンスしている。訊いてみると54号はなんと運休してしまっていた。しばらく改札を見ていると特急から降りてきた人に対して払い戻しをしているようだったので、もしやここで払い戻しできるかもと尋ねてみると、ここの駅で発売していないきっぷなのでできれば東京で払い戻しして欲しいとのこと。強引に払い戻しをせず、念のため払戻金額だけ確認すると無割引の特急料金、すなわち2,490円である。ということは予定が狂ったことはおいておくと通常特急指定席利用で大甕まで10,010円かかるところが5,810円で往復できることになる。これはおいしいと思ったが、払い戻しの場合、切符回収となってしまうため、払い戻し済みとか記載して記念にもらえないかと訊いてみたが、やはりそれは無理だった。きっぷと写真が一番のおみやげとしているさいなすは払い戻しをあきらめ手元に残すことにする。払い戻し印が押されたものはある意味貴重なきっぷになったので...

10.1時間近く時間が空いてしまったが駅前に食堂もなく、駅前のうろうろする。会社の後輩から言われたおみやげは「大甕まんじゅう」の店も閉まっており、駅のキオスクにもなぜか置いてない。また風を避けられる待合室もなく、寒さに震えながらの待機となった。上野方面への普通列車は定刻どおりに運転していますと駅のアナウンスがあったが、帰りのスーパーひたち58号は仙台から来ているため19分の遅れで運転しているとのことであった。結局21分遅れて到着し、途中の130km/h運転もむなしく、上野到着時には38分も遅れてしまった。

11.これで日立電鉄のさよなら乗車も終わった訳であるが、77年間ものあいだ地元の人たちの足として活躍してきたローカル私鉄がまた一つ消えてしまうのは寂しいことである。明るいうちに全線乗る予定だったので、後半の常北太田までの区間はただ乗車したに過ぎないが、乗った事実は間違いない。またいつか廃線後に訪れることができたなら、今日の乗った体で感じたことを映像に重ね合わせてみたいと思う。