寝台特急さくら&名鉄美濃町線さよなら乗車の巻

※乗車記録(行程表)のみUP

平成17年2月11日(金・祝)〜13日(日)
旅行日程
2夜行3日
列車乗車距離
2,138.2km
列車乗車時間
34時間30分
乗換回数
45回
通過都道府県数
19都道府県
 通過県名: 東京、福岡、佐賀、長崎、山口、広島、岡山、兵庫、大阪、京都、滋賀、
岐阜、愛知、福井、石川、富山、新潟、群馬、埼玉。
日付: 2005年2月11日(金・祝)
出発地 出発時刻 路線名/列車種別
到着地
到着時刻
乗車時間
乗車距離
乗車車両
みずほ台 5:11 東武東上線普通 和光市
5:23
12
8.1
モハ8235
和光市 5:23 東京メトロ有楽町線 有楽町
6:01
38
21.2
東京メトロ07−802
有楽町 6:06 山手線(外回り) 浜松町
6:10
4
2.3
サハ205−1
浜松町 6:14 東京モノレール 羽田空港第1ビル
6:35
21
16.9
1095
羽田空港第1ビル 7:20 空路JAL
(羽田第1−福岡)
1705便
福岡空港
9:25
125
906.0
福岡空港 9:38 福岡市交通局空港線 天神
9:49
11
5.8
1015
天神 9:49 徒歩 西鉄福岡(天神)
9:55
西鉄福岡(天神) 10:17 西鉄天神大牟田線急行 筑紫
10:40
23
20.8
西鉄2055
筑紫 10:41 西鉄天神大牟田線普通 西鉄小郡
10:52
11
7.9
西鉄小郡 10:52 徒歩 小郡
10:57
小郡 11:05 甘木鉄道線 基山
11:13
8
3.8
未確認
基山 11:35 鹿児島本線準快速 鳥栖
11:40
5
5.4
クモハ813−210
鳥栖 11:48 特急みどり 9号 佐世保
13:08
80
88.4
クモハorクハ783−7
佐世保 13:26 快速
シーサイドライナー 11号
ハウステンボス
13:49
23
13.6
キハ200−5
ハウステンボス 14:09 大村線普通 諫早
15:06
57
42.9
キハ200−1006
諫早 15:20 大村線普通 長崎
16:14
54
31.6
長崎 16:50 寝台特急さくら 鳥栖
19:04
134
125.3
スハネフ14−6
鳥栖 19:17 寝台特急さくら 岐阜
6:29
672
828.9
乗換回数=
15回
1,278
2,128.9
日付: 2005年2月12日(土)
岐阜 6:29 徒歩 新岐阜駅前
6:34
名鉄岐阜駅前 7:07 名鉄岐阜市内線 徹明町
7:09
2
0.6
名鉄782
徹明町 7:20 名鉄美濃町線 競輪場前
7:27
7
1.9
名鉄592
競輪場前 7:43 名鉄田上線 新岐阜
7:53
10
2.5
名鉄880−881
名鉄岐阜 8:06 名鉄名鉄田神線
・美濃町線
岩田
8:35
29
8.7
名鉄880−881
岩田 8:50 名鉄美濃町線 小屋名
9:03
13
6.2
名鉄886−887
小屋名 9:18 名鉄美濃町線 新関
9:28
10
4.2
名鉄875−876
新関 9:44 名鉄美濃町線
9:46
2
0.3
名鉄888−889
9:59 長良川鉄道越美南線 美濃太田
10:18
19
12.0
ナガラ4
美濃太田 10:42 太多線普通 可児
10:49
7
5.0
キハ11−101
可児 10:49 徒歩 新可児
10:50
新可児 10:58 名鉄広見線普通 御嵩
11:10
12
7.4
名鉄6915
御嵩 11:13 名鉄広見線普通 新可児
11:25
12
7.4
名鉄6815
新可児 11:30 名鉄広見線普通 犬山
11:51
21
14.9
名鉄3803
犬山 12:14 名鉄各務原線普通 犬山遊園
12:16
2
1.2
名鉄3210
犬山遊園 12:29 名鉄モノレール線 動物園
12:32
3
1.2
未確認
動物園 12:36 名鉄モノレール線 犬山遊園
12:39
3
1.2
未確認
犬山遊園 12:49 名鉄各務原線急行 犬山
12:51
2
1.2
名鉄3513
犬山 13:03 名鉄小牧線 小牧
13:18
15
10.8
名鉄312
小牧 13:38 桃花台新交通線 桃花台東
13:53
15
7.4
未確認
桃花台東 14:16 桃花台新交通線 小牧原
14:28
12
6.1
未確認
小牧原 14:45 名鉄小牧線 上飯田
15:05
20
11.1
名鉄322
上飯田 15:06 名古屋市交通局上飯田線 平安通
15:07
1
0.8
平安通 15:14 名古屋市交通局名城線(左回り) 久屋大通
15:22
8
4.8
名古屋市営2636
久屋大通 15:28 名古屋市交通局桜通線 名古屋
15:32
4
2.4
名古屋市営6105
名古屋 15:45 名古屋臨海高速鉄道あおなみ線 金城ふ頭
16:09
24
15.2
名古屋臨海高速1604
金城ふ頭 16:29 名古屋臨海高速鉄道あおなみ線 名古屋
16:52
23
15.2
名古屋臨海高速1607
名古屋 17:57 特急しらさぎ 13号 金沢
20:48
171
256.5
クモハ683−3506
金沢 22:14 臨時急行能登92号 大宮
5:39
445
490.5
モハ489−14
乗換回数=
27回
892
896.7
日付: 2005年2月13日(日)
大宮 5:45 埼京・川越線 武蔵浦和
5:56
11
7.4
モハ205−327
武蔵浦和 6:04 武蔵野線 北朝霞
6:11
7
7.0
103系
朝霞台 6:17 東武東上線準急 みずほ台
6:24
7
4.2
東武15004
乗換回数=
3回
25
18.6
備忘録 ※写真は後日アップ予定です。

1.朝、目が覚めたらナント4:50で乗らねばならない電車の時刻まであと20分。すんでの所で旅行中止を阻止したのだが、10分で用意して出なければならなかった。出たら出たで駅まで小走り。普段の通勤よりも重い荷物を持っての過酷なスタートになった。

2.浜松町は改修工事のおかげでJRからモノレールへの乗換が楽になり、1本早い便に乗れた。

3.クレジットカード払いのチケットレスでJALに乗るのは初めてなので、ちょっと不安だったが、カードを差し込み後は画面の指示に従えば簡単にチケットが発券できる。出発までの時間が25分ほどだったのだが楽々間に合った。いつもなら事前に座席指定をするのだが、今回はいつも以上に直前購入だったため、PC操作を誤ってしまい、指定なしで空港に行ったのだ。事前指定なしでも空港での発券の際に残りの座席から選ぶことができることがわかった。ちなみに残り6席くらいしかなく、最後の最後近くだったようだ。

4.福岡空港は一度利用したことがあると思っていたが、帰宅した後に乗車リストを見てみると、福岡市営地下鉄の空港線に乗っていないことが判明。従って福岡空港も初の利用になる。思えば、一昨年の春に結局都合が悪くなり行けなかったのだが、往復福岡空港を利用するプランを組んでいたため、その記憶が行ったと勘違いしたらしい。

5.西鉄の天神駅では、ホームにやたら人が大勢いて地元のテレビクルーもいた。何かと思って見てみれば、皆手に升を持っている。出発式のイベントの横断幕を見れば、酒蔵直行列車『城島号』とある。なるほどで升を持ってる訳だ。

6.基山駅で15分ほどの待ち時間の間に、電化されてるのにもかかわらず、煙を上げてやってくる列車があった。駅に着いてもドアは開けずいわゆる運転停車をした。なんとこの列車も中で酒が振る舞われほろ酔い気分の乗客だらけだった。この時期酒にまつわるイベントラッシュなのか???(ネットで調べたが詳細わからず)

7.ハウステンボスで下車したが、ホームの狭さに驚く。これが特急終着駅か??って感じ。駅舎は洒落てはいるがん小振りでかわいいイメージ。

8.大村線の車窓に魅せられる。春のような暖かい日差しが列車の窓越しに心地よい。この線は快速シーサイドライナーが運転されているが、普通列車でのんびり行くことをお勧めしたい。

9.昨年の名鉄三河線での悪夢がよみがえる。またしても事前準備の不備で予備バッテリー(リチウム電池)を持って来忘れた。そういうときに限って、リチウム充電池のうち1本が早くも佐世保駅でダウン。実質90枚も撮れていない。もしもう1本も同じ状況ならば、200枚撮れずにお終いということになる。芸術写真が目的ならば、枚数を絞ることも可能だが、こちらは記録写真がメイン。とにかく枚数がある意味重要である。三河線のときもやむなくコース変更をして、名古屋駅前のビックカメラに飛び込んだが、この地区の大きな都市と言えば「長崎」である。カメラ屋でなくても電気屋でもOK。長崎では比較的、といっても30分だが時間が取れる。ナントしてでもここで電池を確保せねば..長崎につくと列車と駅名標を撮っただけで、電池購入に走る。駅前のキオスクのおねえさんに訊くと、右方向に10分ほどで「夢彩都」というところに「ベスト電器」があるという。訊くやいなやそこに向かって走った(荷物があるので小走り程度だが)。このペースであれば7分くらいで着くだろうと、時計とにらめっこをしながらの格闘?が始まった。途中、花屋らしき店の人がいたので、再確認で道を尋ねると「あそこの交差点の2つ先の右側」にあるという。再び走る...が一向にそのような場所が出てこない。時間は刻々と過ぎていき、残り15分となってしまった。交差点にいたおばちゃんに「夢彩都」はどこかを尋ねると、行き過ぎてるとのこと。話しを聞くとどうやら波止場の方にあるらしい。波止場とはいままで走ってきた道沿いから右に入ったところであった。右側というのはこの道に面してる右ではなく右方向のことだったのだ。慌てて引き返すが、日頃の運動不足から体力は限界に達してしまい、「夢彩都」を目の前にして、購入は無理と判断。また走っても残り10分では距離を考えると今回の大本命の目的である寝台特急「さくら」に乗り遅れてしまう。行きがけに大通りを走るタクシーを思い出し、とにかく通りまで戻る。すかさずタクシーを止め、長崎駅まで急いでもらう。超短距離で申し訳ないのだが仕方ない。普段なら2〜3分というが今日は休日で多少混んでいる。3車線ある道の2車線をうまく走っていただいて、駅前の歩道橋が見えてきた。あと4分。駅構内に入って止めてもらい、そこからダッシュ!あと3分。だが、足がなかなか前に進まない。なんとか改札までたどり着き、「さくら」の客車が目に入ったので1番ホームへ急ぐ。残り2分でかろうじて2枚だけ写真を撮り、車内に乗り込む。車内は暖房が効いており、いまの私には暑すぎた。冬なのに大汗をかいている不審な乗客と化してしまった。座席までたどり着くと同時に発車。感傷に浸っての旅立ちとはほど遠い出発となってしまった...また過去最大級なトホホである。でも間に合ってホント良かった。タクシーの運転手さんに感謝である。結局、長崎では電池も買えず、また今晩の食料の調達もできないという事実は消えない。食料の方は、途中唯一鳥栖で熊本から来る寝台特急「はやぶさ」と併結するので13分ほど停車する。そこでなんとかなるので、とりあえずホッとした。なんせ、一晩食べ物はおろか飲み物もなしで過ごすには過酷過ぎるからである。こうして最遠の地長崎でのドタバタ劇は幕を引いた。

10.鳥栖では、3番線に到着。そのまま連結作業をするのかと思いきや3番線に到着後、一旦1番線に回り、そこで連結をするとのこと。3番線到着時に駅でお弁当、お茶を買われる方は先に降りて、1番線にまわって欲しいとの車内アナウンスがあった。お客さんが降り終わったのを見計らってドアを閉め、博多寄りに進んだあと後退して1番線に入ってきた。荷物を置いたままなので不安ではあったが、とにかくお弁当購入は必須なので、私も降りた。急いで1番線に行くとそこには普通のキオスクが1軒だけあった。当然ながら、お客が殺到したので、先に連結の写真でもと思ったら、そこにも人だかりのヤマが..辛うじて、写真は撮れたが、内蔵フラッシュのため、あまりうまく撮れず(距離が遠すぎた..)ガッカリ(これは帰宅してきてからPCで確認したときに判明)。ではそろそろ空いた頃だろうとキオスクに戻ると、今度はお弁当が売り切れだという。だが店のおねえさんは、駅改札の方(事務所?、他の店舗?)に取りに行ってくれるとのこと。とりあえず「かしわめし」を頼み、なければなんでも良いと言って頼んだ。他に2名が同じく注文したので、3ヶあればOKなのだが..3〜4分ほどしてビニール袋をもったおねえさんが戻ってきた。私が購入しようとすると事情を知らない客が「おべんとうください」と言っている。ここで持ってきたのを売られてしまうとと思ったが、どうやら注文した3人の顔?服装?を覚えていたらしく、ごめんなさい売り切れですと断ってくれた。私の他に頼んだ人が先に購入し、私も後に続く。ということで無事、食料、ビール、お茶の調達ができた。ヤレヤレ...

11.今回の席は6番の上段。予約が遅かったので、上段はやむを得ない。でも何かと不便である。たばこを吸うにも、写真を撮るにも、トイレに行くにも下段の人に気を使わなければならない。深夜ならカーテンを閉めているのでさほど気にならないが、まだ寝るには早すぎる時間だったので、しばらくの間、「すいません」と小声で言いながら何回か通路に出た。19時30分、備え付けのスリッパから靴に履き替え、デッキに向かった。そう、19時41分の博多到着の際にネッ友であるねしあさん、のりのりさん夫妻と超ミニオフをするのである。時計を見ると鳥栖での連結に手間取ったのか、2分ほど遅れている。元々3分停車しかなかったのだが、このままいくと停車後すぐに発車?か思いきやそこは大都市博多である。車掌さんに確認すると1分発車を遅らせて、1分停車にするとのこと。超ミニオフがさらに短くなってしまった。定刻より2分遅れて19時43分に到着。7号車扉前にのりのりさんたちは待っててくれた。列車を降りると、すぐさま子どもたちにと言って「おみやげ」を貰った。こっちは長崎の一件があるので、そこまで考える余裕がなく、申し訳なかった。一言二言話しをするとすぐに発車のアナウンスが..ねしあさん、のりのりさんわざわざ見送り?ありがとうございました。といっても1時間前に到着した彼らは撮り鉄をしまくっていたらしく、退屈はしなかったという。さすがです(笑)。

12.門司と下関で機関車の交換。交流区間のJR九州と直流のJR西日本を結ぶ関門トンネルを通るためだが、ここで交流機関車のED76形から交直流のEF81形にバトンタッチ。ED76にはヘッドマークが付いていたが、EF81はノーマークで残念。そしてここでも人だかりのヤマが出現。停車時間が5分と短く、車内アナウンスも発車ベルが鳴りませんのでご注意をと再三警告していたため、私もヤマの一部と化して数枚を撮影しただけで、車内に退散した。続いて停車する下関でもまたEF66形に交換するため、自分の寝台に戻らず、先頭車両に留まる。関門トンネル通過後、下関でも機関車のヘッドマーク撮影に挑むが、機関車先頭部分にホームの柵があり、マークは撮影できなかった。仕方なしに、連結部分を撮影したが、またもや人が多く、うまく撮ることができなかった。残念。ただし、前日にヘッドマークが盗まれるという事件が起きたということを帰宅後に知った。もしかしたら、ヘッドマークはなかったのかも知れない..

13.小月を過ぎたあたりで、ベットに戻る。しばらく本を読んでいたが、21時過ぎには寝てしまった。

14.2時30分に目が覚め、通路に出る。どこを走っているのかを確認しようとしたが、スピードが速いため通過駅の駅名が見えない。しばらく窓の外を見ていたが、まっくらの中を進んでいる。とすると、明かりが見え始め、それが増えてくると小さな駅を通過。そしてまた段々と明かりが減っていく。駅に近づくたびその繰り返し。都会ではまずありえない光景..4駅目で速度が落ち、「上郡」とわかった。岡山と姫路の間を走行中であった。確認ができたので、また寝台へと戻る。1時間置きくらいに目が覚めるが、時計を見てまた瞼を閉じる。次に目が覚めて窓の外に見たものは..それは水墨画のような真っ白に薄化粧をした雪景色であった。すでに夜が明けており、伊吹山麓付近(関ヶ原)を走行中でした。まもなく岐阜に到着。今回のメインである寝台特急「さくら」のさよなら乗車も終わりです。

15.岐阜に着いてホームにおり、しばし「さくら」の勇姿を見ていた。発車のベルがなり、静かに走り出した。後ろ姿を見送り、ホームを離れた。さて話変わって今回の旅のために用意したきっぷの話題を少々..予定プランにもあるとおり、名古屋から金沢、富山、直江津をとおり、ほくほく線経由で大宮まで行くことにしているため、きっぷは鳥栖−(鹿児島本線、門司、山陽本線、大阪、東海道本線、米原、北陸本線、犀潟、ほくほく線、六日町、上越線、高崎線)−東京都区内にしている(大宮で降りるつもりだが、万が一、乗り過ごしてしまったときを考え、東京都区内までにした)。ということで、米原から岐阜までは区間外となる。そのため、その分のきっぷを精算しなければならない。ただ、駅に着いたあとだとお金を払ってハイお終い、なので久々に車内精算を試みた。かなり昔の記憶しかないのだが、補充券といえば、パンチを使ったものを想像していたら、出てきたのはきちんとその区間の駅名が印字されているプリンターから出力されたものだった。時代は変わってしまったんだなぁとしみじみ思った。

16.岐阜駅の改札口で、いつものように「このきっぷ記念に貰いたいのですが」と尋ねると、無効印を押してくれて、はれて私の旅の記念物となった。改札を出て一旦「名鉄岐阜」駅に向かう。ここからは名鉄市内線(路面電車)に乗るのでわざわざ名鉄岐阜まで行かなくてもいいのであるが、今日1日の大半の乗りつぶしを占める名鉄の1日フリーきっぷである「まる乗り1DAYフリーきっぷ」を購入するために立ち寄るのである。その前にカメラの電池のことを思い出し、近くのコンビニ「ローソン」をのぞいた。当然ながら希望のものはなく、少しでも多く撮れるよう短寿命を承知で「オキシライド乾電池」を購入。そのあとすぐに名鉄岐阜の窓口に向かう。きっぷ購入後は「名鉄岐阜駅前」の停留所に戻り、そこから2駅目の「徹明町」まで向かう。ここからは路面電車を乗り継ぎ、競輪場前を経由してまた名鉄岐阜に戻る。何故戻るかと言えば、これも乗りつぶしの一環である。名鉄岐阜から今回の旅の第2の目的である「名鉄美濃町線のさよなら乗車」をするのだが、途中先ほど乗った徹明町−競輪場前が支線として分かれているため、くるりと一周したわけである。

17.ここでまたまたトホホな事件が発覚! ここまで波乱はあったものの計画通りに乗車できていた。名鉄岐阜から折り返し美濃町線に乗ろうとした際に、発車時刻を過ぎていることに気がついた。予定では7時51分の関行きに乗車するはずであったが、時計をみるとすでに7時53分。ちょっと遅れているのかなすぐに折り返し発車かと思ったが、念のためと思い、自分が持参した予定表ではなく駅の時刻表を見ると同時に、駅に入る直前にすれ違った電車がいたことを思いだし唖然となった。あれが関行きの7時51分発の電車だったのだ。自分の予定表を見てみると、名鉄岐阜到着が7時53分となっており、次の発時刻が51分と書いてある。名鉄の時刻は間違えていなかったわけで、乗り継げない電車に乗車を予定していたのだ..それはあとの予定が大幅に変更せざるを得ないことを意味する..一瞬頭が真っ白になってしまった。

18.とりあえず、終点である関まで乗車しなければならない。駅の時刻表によれば、15分おきに出ているが関行きの電車は1時間に1本。あとは1駅手前の新関までしかいかない。実をいえば、元々新関が終点で、現在の終点駅で長良川鉄道接続駅である関駅までの約300mはいまから6年ほど前に延長されたものだった。ちなみに美濃町線の新関駅は明治44年開業。それでは何故最近になって敢えて延長したかといえば、それは美濃町線の新関−美濃町駅間廃止に関係する。その区間を廃止することと引き換えに関まで延長することとなったのである。長良川鉄道は第3セクター路線で、昭和61年に国鉄から転換された。しかしながら1時間に1本と列車の本数が少なく、関駅にいたってはバスターミナルや比較的立派な駅前商店街を持つ新関駅に代わって駅機能を果たせるものではなかった。そんな状態なのでいまさら駅前再開発などをする予定もなかった。そのため、名鉄が打った手が1時間に1本来る長良川鉄道にあわせて接続するときだけ関行きを走らせる方法だった。県道をはさんですぐに終点なので、歩くことも十分可能なのだが、乗りつぶし派の私はあえて1時間後の電車を待つのであった。でもここで1時間時間を潰すのもなんなんで、次に出る電車に乗ることにし、途中下車を3回して最後に関行きの電車に乗ることにした。あとの予定は現時点では目処が立たない。

19.新関行きの電車に乗って、さてどこの駅で降りようかと考えたが、何も情報がないので適当に降りるとする。結局岩田、小屋名、新関の3駅で降りた。岩田駅は県道沿いの駅、小屋名駅は専用ホームなどない、隣の道路と一体化している。新関は他の無人の停留所とは違い、立派なホーム、駅事務所、駅舎を持つまさに終着駅然とした実質上の終着駅である。途中の小屋名では前日に中部国際空港駅まで行ってきたという旅行者の青年と話しをした。

20.名鉄岐阜から1時間40分をかけて関駅までようやく辿り着いた。さすがにここでは10分少々で長良川鉄道に接続、美濃太田に向かった。何故か車内には若い女性が大勢乗っていた。でも隣の「刃物会館前」という珍しい駅名の駅でそのほとんどの人が降りていってしまった。

21.美濃太田からは2駅だけJRを利用する。待ち合わせ時間は約30分。朝から食事を摂っていないのでホームの立ち食いそば屋で食べようとも思ったが、高山本線の特急ひだなどを撮影しているうちにあまり時間がなくなってしまったので、次の機会までお預けとする。

22.可児駅からは4年前に廃止になってしまった名鉄八百津線を訪問した際に乗車した広見線に乗る。途中の明智駅で配線跡を撮影しようと試みるが、電池切れのため、タイミングを逃してしまった。とりあえず帰りに再撮するということで、御嵩駅までいく。予定では、この駅で1列車後に乗るつもりだったが、朝の予定変更のせいで、そのまま次の列車で折り返すことに。そのおかげ?でここから計画通りのプランに戻ることができた。また帰りはなんとか廃線跡を撮ることができた。ホッ...

23.さて次は名鉄のモノレールを目指す。モノレールやケーブルカーも乗車対象なのでなかなか大変である。途中の犬山駅の改札前のロッテリアでお気に入りの「エビバーガー」と「テリヤキバーガー」を食す。犬山遊園まで行き、そこからモノレールに乗る。ほとんどのお客が家族連れの中、ちょっと恥ずかしいが我慢我慢。成田山、終点遊園地駅と進むが、車内のアナウンスが1駅分ずれて放送されている。簡単に直せないためか、駅に着くと運転手さんが直々に案内していた。ほんの3分で終点動物園駅に到着。とりあえずお決まりの駅舎撮影を試みるが、この駅はモンキーパークの入場券がなければ外に出られないことになっていた。しかたなく、駅内から外を1枚撮影し、そのまま引き返した。これで、予定よりも30分ほど早めに計画を進めることになる。

24.犬山遊園からは犬山に戻り、そこから小牧線に乗車する。途中の小牧原で桃花台新交通に乗換え、桃花台東まで往復する。この車両はゴムタイヤを履いた新交通システムである。乗車途中でメールが来ていることに気がつき、慌ててみてみると昨日の夜から見ていなかったのであった。内容はうちのかみさんから来ていて、次男がインフルエンザにかかってしまい、横浜の実家にいくのを中止したとのこと。熱は出ているが心配することはないようなので、旅の続きを予定通り進めることにした。あらためて携帯を見てみると会社から電話もかかっていた。20分ほど前から4〜5回も来ている。なんだろう今日は土曜日で仕事に関することではないと予測した。そのため、車内からの電話はやめ、終点についてからかけることにした。ほどなく桃花台東駅に到着するやいなや会社に連絡をする。するといま犬山にいるのだったら駅の写真を撮ってきてほしいとか、動物園はどうだったかとかの話しである。これはこのホームページに書いてある旅プランをみたのであろう。10分ほど話し、折り返しの電車の時刻が迫ってきたので、電話を切った。ホッ、問題発生ではなくて良かった..あわてて駅に戻るが、すでに発車時刻となってしまっていた。15時00分発の電車をあきらめ、きっぷを買ってから再び駅前に出て次の列車を待つ。その間、自宅に電話をした。5分ほど話したあと駅に戻る。ここで先ほど慌てて列車に乗ろうとしていたため、きっぷを買ったこと自体を忘れてしまい、2枚目を購入してしまった。これがホントのトホホである。

25.帰りは小牧まで戻らず、一つ手前の小牧原で降りる。ここに来る際に桃花台新交通との接続駅とあったためである。がしかし、高架駅を地平に降りるとそこは道路で名鉄の駅の姿はない。一瞬どういうこと?と思ったが辺りを見回すと「←名鉄小牧原駅」の看板を見つけた。名鉄も高架駅であった。接続駅といってもナント無人駅だ。それも高架の単線。名古屋に比較的近く、地下鉄との相互乗り入れも開始しているので、てっきり複線と思っていたが実情は違っていた。

26.名鉄電車で地下鉄の平安通駅までいく。ここから名古屋市交通局の地下鉄に乗り、今回最後の新規乗車路線である「あおなみ線」に初乗車。乗った感想は首都圏の「りんかい線」とほぼ同じ雰囲気であった。終点近くの駅周辺にはやたら工場やら倉庫ばかりで非常に無機質な感じである。

27.名古屋に戻るとあとは金沢経由で帰宅する。すでに乗車済みの路線であるが、単に東海道新幹線で東京に戻るのもつまらない。せっかく1日(1晩分)余分に出かけられるので、遠回りをしてみる。また費用もさほど差がないのもポイントになった。それと中越地震の影響でながらく運休していた「急行能登号」が期間限定ではあるが復活し、今回ほくほく線経由での運転と非常に貴重な出来事も重なったためである。金沢までは初乗車の特急「しらさぎ」号を利用する。名古屋では70%ほどの乗車率も米原でほぼ満席となる。夜間のため車窓は期待できないが、新型683系の快適な走行を堪能できた。敦賀、武生、鯖江、福井とこまめに止まっていく。各駅ごとに下車客が多く、福井に着いたときには30%程度になり、小松では10%ほどになった。この列車は富山が終点だが富山まで行くのは1車両にわずか数名程度だった。最初しらざぎはほとんど金沢止まりかと思っていたので、金沢から能登に乗り換える予定にしていたが、能登の485系に比べ遙かに快適なので、このまま富山までいこうかと悩んだ。が、金沢でも待ち時間が1時間30分ほどもあり、それが特急と急行の差で富山ではさらに広がってしまう。ましてや富山到着は21:27と遅くなるため、夕食が食べられる店が開いていないことも想定できるので、計画どおり金沢で降りることにした。

28.21時前に金沢に着いたものの駅ビルの中の飲食店はすでに閉店しているところも多く、開いているのはちょっと高級そうな割烹料理屋や居酒屋だけだった。駅の外に出てみると、駅前は改修工事が行われていた。やはりほとんどが終わっていて、駅前のポルテの地下にある飲食街が辛うじてまだやっていた。ただ人通りは少なく、金沢といえども地方都市なんだなあと思わせる。結局元禄?ラーメンだったかな、チェーン店のラーメン屋に入り、チャーシュー麺を食べた。そこそこ味は良く、冷えた体を元に戻すのには十分だった。腹ごしらえも終わり、金沢駅へと戻る。

29.ちょっと早かったがホームにあがり、時間まで入線する列車を撮影することにした。しばらくして、急行能登が入線。なつかしい485系ボンネットタイプの車両である。また隣の線にも臨時と書かれた485系の列車が入ってきた。カメラを構えていると、その運転手さんが、能登の485系と合わせ、「ここで2本の485系が並ぶのはこれが最後になるかも知れないよ。」と教えてくれた。確かにほとんどが681、683系に置き換わってしまっているためその可能性は十分考えられる。1枚だけだったが並びの写真を撮り、まもなく出発する急行能登の乗客となった。

30.22:14定刻に金沢発車。ビールを開け、手で明かりを遮りながら真っ暗な車窓を眺める。富山に着いたがすっかり人通りも途絶えていた。あのままここまで来たら、暖かい夕食は食べられなかったに違いない。急行列車のため、いつもこの区間で乗っている直江津までノンストップの特急「はくたか」と違い、10分おきぐらいの間隔で停車していく。ほくほく線を走行するところを見ようと思っていたが、糸魚川手前で寝てしまった。気がつくと1時30分になっていた。どうやら運転停車をしているところのようである。どこの駅かと思って窓の外を見ると、意外にもトンネルの中に停車していた。10分ほどして列車が動き出した。ほどなくトンネルを抜け、直線区間を走る。この直線のロングレールからまだほくほく線内にいることがわかる。2〜3分すると左にポイントを渡って上越線に入ったことで確定できた。そこはすっかり雪に覆われていた。夜間のため中越地震の影響をみることはできなかったが、例年のこととはいえ、この大雪ではさぞかし大変な思いで生活しているのだろうとしみじみ思った。

31.外を眺めているとスキーセンター前という看板が見え、小さな駅を3つほど通過したあと4駅目で再び2分ほど停車。そこは石打駅であった。2時06分に越後湯沢駅で再度の運転停車をしたのを確認したあと再び眠りについた。そのあと北本駅あたりで目が覚め、うとうとしながら外を眺める。大宮駅で乗り換え、埼京線、武蔵野線と乗り継ぎ、自宅へと戻った。

32.寝台特急「さくら」のさよなら乗車と名鉄の乗りつぶし等、盛りだくさんの企画をした今回はさすがに疲れた。最近は意地で旅行をしているような気もする。でも乗りたくても二度と乗れないということを考えれば、これは仕方のない、いや最善な選択であったと思う。それにしてもトータルで40回を越える乗換はこれが最後になるかも知れない。また事前準備が悪く、長崎でとんでもないことになってしまったため、次回からは万全な体勢で望みたいと思う。