乗りつぶし旅行

名鉄三河線(北部廃止予定区間)最終乗車
+名古屋地下鉄乗りまくりの巻

※名古屋到着まで先行UP

平成16年3月6日(土)
旅行日程
日帰り
列車乗車距離
951.5km
列車乗車時間
8時間58分
乗換回数
24回
通過都道府県数
5都道府県
通過県名: 埼玉、東京、神奈川、静岡、愛知。
日付: 2004年3月6日(土)
出発地 出発時刻 路線名/列車種別 到着地 到着時刻 乗車時間 乗車距離 乗車車両
みずほ台 8:18 東武東上線準急 池袋
8:45
27 20.6 東武9752
池袋 8:55 JR山手線(内回り)
 普通
品川
9:21
26 13.4 クハ204−43
品川 9:50 JR東海道新幹線
 のぞみ11号
名古屋
11:33
103 366 528−5
新名古屋 12:06 名鉄名古屋本線
特急
知立
12:25
19 24.9 名鉄1166
知立 12:35 名鉄三河線 普通 猿投
13:09
34 21.3 名鉄6021
猿投 13:14 名鉄三河線 普通 西中金
13:29
15 8.6 名鉄23、25
西中金 13:43 名鉄三河線 普通 猿投
13:58
15 8.6 名鉄23、25
猿投 14:15 名鉄三河線 普通 梅坪
14:22
7 4.2 名鉄7104
梅坪 14:24 名鉄豊田線 普通 赤池
14:43
19 15.2 名鉄131
赤池 14:46 名古屋市交通局
鶴舞線 普通
伏見
15:11
25 13.4
伏見 15:13 名古屋市交通局
東山線 普通
名古屋
15:15
2 1.4 名古屋市
交通局5576
名古屋 15:49 名古屋市交通局
東山線 普通
伏見
15:52
3 1.4 名古屋市
交通局5317
伏見 16:01 名古屋市交通局
鶴舞線 普通
上小田井
16:11
10 7 名鉄234
上小田井 16:21 名古屋市交通局
鶴舞線 普通
丸の内
16:31
10 6.3 名古屋市
交通局???
丸の内 16:39 名古屋市交通局
桜通線 普通
中村区役所
16:43
4 2.4 名古屋市
交通局6710
中村区役所 17:02 名古屋市交通局
桜通線 普通
久屋大通
17:08
6 3.3 名古屋市
交通局6810
久屋大通 17:15 名古屋市交通局
名城線(4号線)
 普通
金山
17:23
8 3.4 名古屋市
交通局2415
金山 17:27 名古屋市交通局
名城線(4号線)
 普通
名古屋港
17:37
10 6 名古屋市
交通局2431
名古屋港 17:49 名古屋市交通局
名城線(4号線)
 普通
金山
17:58
11 6 名古屋市
交通局???
金山 18:03 名古屋市交通局
名城線(4号線)
 普通
新瑞橋
18:12
9 5.7 名古屋市
交通局2605
新瑞橋 18:24 名古屋市交通局
桜通線 普通
野並
18:30
6 3.1 名古屋市
交通局6109
野並 18:37 名古屋市交通局
桜通線 普通
名古屋
19:02
25 14
名古屋 19:24 JR東海道新幹線
 のぞみ26号
東京
21:06
102 366 700系???
東京 21:30 営団丸ノ内線 普通 池袋
21:47
17 8.7 営団02−540
池袋 21:53 東武東上線 準急 みずほ台
22:18
25 20.6 東武???
乗換回数
24回
538
951.5
予定表と見比べていただければ、途中で何かが起こったことに気づかれると思います。果たして何が起きたのか?? 乞うご期待!! #ちゃんと解答作れよ>自分 (笑)。
7ヶ月振りの乗り鉄再開は、やはり「廃線前のさよなら乗車」から。当たり前だけど、いくら遠いところで今すぐに行けなくてもいつかきっとその気になれば乗ることができる。廃線になってしまっては乗ろうにも乗りようがない。いくら悔やんでも無理は無理。そんなことからまもなく(3月31日限りで廃止予定)バス代行になってしまう名鉄三河線を選んだ。さいなすにとっては、かなりなじみ(といっても普段の生活にはまったく接点がないが)の名古屋鉄道である。大手民鉄の中で唯一といっていい鉄道部門の大々的な合理化政策をとる同社だが、それが理由で足を向ける機会が多くなっている。

前置きはさておき、三河線北部末端部の乗り収めの模様をお伝えしよう。南部末端部(碧南−吉良吉田)は昨年2003年7月にはやばやと乗ってきたので、残りの猿投−西小金間を目指し出発。3月ということで18きっぷの時期だが体力的にちょっときついのでムーンライトながらはパスし、往復新幹線「のぞみ号」というちょっとリッチな計画を立てた。本当なら廃止区間だけをじっくり見て撮影したいのだが、そこはさいなす的プランで、最短時間で往復して残り時間を未乗区間の乗りつぶしに充てる。

新幹線ホームへと続く中央通路。在来線からの乗り換えはまっすぐ1本でわかりやすい。
さて新幹線は始発駅ではなく、せっかく利便性を図って新設されたのだから、「品川駅」から乗車。さいなすにとっては東京駅以上に利用しやすいので歓迎である。最初にJRに乗るのは池袋でそこからの距離自体はさほど変わらないが、東京駅に向かう場合は最短の営団丸ノ内線を利用する。が、乗車時間は短くても東京駅での移動距離がとてつもなく長くかえって時間がかかる。その点、品川駅へは同じJR利用のため東京都区内区間になりで余分な運賃がかからず、乗換自体もわかりやすく楽である。

池袋からは山手線内回りに乗り、最後尾の運転台越しに去りゆく風景を見ながら品川へ。家を出るときは雨がぱらついていたので、また名古屋方面に行くときは雨かって(何故か非常に確率が高い)諦めていたが、この頃はすっかり晴れて出足から気分が良い。

リゾートしらかみ(ぶな)のお披露目会?
品川に着くと、まずはホーム端から隣の駅方面に向かって写真を撮る。続いてホームの様子、駅名標とお決まりのメニューをこなし、いざ新幹線ホームに向かう。と途中のホームの降り口のところにロープが張ってあるのが見えた。なにかと思えば、「リゾートしらかみ」の公開をしていた。リゾート○○とつく列車には縁がないので一度乗車体験したい。2カットほどおさえて先を急ぐ。右手に真新しいきっぷ売り場と緑の窓口。すでにきっぷ類はすべて用意済みのため、新幹線改札へ。思った以上に人影はまばらであった。

改札内のキオスクで、ささやかな喜びのビールとおつまみ、コーヒーを買い込みホームへ降りる。ホームでまず目に入ったのが、列車案内板。文字の表示方式が新しくなり、非常に見やすい。(写真でもくっりとしていることがわかるでしょう)

左が新幹線ホームの建物。右下に「成田エクスプレス」の姿が..
新幹線ホームにて。ホームには結構人がいた。案内板の黄色字がのぞみ、青がこだま、赤がひかり。
新幹線改札口。たまたまなのか、ここにはあまり人がいなかった。 左が新幹線ホーム名古屋・新大阪方面のエスカレーター。右に東京方面。右奥に改札口。
時間をメモしまちがえたため(東京発と)10分くらい余裕ができた。名古屋までなので、4分先発の「のぞみ115号新大阪行き」でも良かったが、500系に乗りたかったため700系はパス。あえてその次の「のぞみ11号博多行き」を選んだ。それにしても列車間隔が通勤列車並なのには驚く。こういったダイヤを組めるようになったのも品川駅新設のおかげであるといったことがどこかの本に書いてあったのを思い出した。

いよいよ名古屋に向けて出発!たった1時間30分ほど(自宅から品川とさほど変わらない)だが、楽しんでこよう。

新幹線ホームにて。ホームには結構人がいた。案内板の黄色字がのぞみ、青がこだま、赤がひかり。
品川までは、40%程度の空いた状態。品川で70%。続いて停車する新横浜で満席となった。なんともうまい配分となっている。新横浜を過ぎてから本領を発揮し、快調に飛ばし始める。やがて、丹沢の山並みが見え、続いて待望の「富士山」!。このカットが撮りたくて、指定席をE席(2人掛け窓側)に限定して予約した甲斐があった。

新富士駅を過ぎ、富士山が見えなくなると、途端に眠くなってきた。昨晩の出発前の興奮からか多少寝不足ぎみだったところに朝からのビールで心地よくなったのか、はたまた富士山の写真が数少ないがうまく撮れてホッとしたのか。静岡まではなんとかウトウトしていたが、そのあとしばしの睡眠となった。気がついた頃には車窓に「蒲郡」の文字が..すでに豊橋を過ぎている。到着10分前に三河安城を通過し、定刻11:33に名古屋に到着。ホームに降り立った。昨年ここに来たときとはちょっと駅前の様子が違う。東京ではおなじみの「ビックカメラ」が昨年2003年秋にオープンしていたのであった。#まさかこの時は最悪(でもない)の事態を迎えようとは思いもしないさいなすであった。※鋭い方はこれでなにが起こったかわかったでしょう(笑)

さて次は名鉄に乗り換えて、知立まで少し戻らねばならない。

多少雲がかかっているが、まずまず綺麗に撮れた。新横浜−小田原間、国府津付近。(1/320秒・F8、望遠140ミリ相当)
丹那トンネル、三島を過ぎたあたり。雲がちょっと多くかかってしまった。おそらく一番大きく撮れるスポットだと思う。三島−新富士間、吉原付近。(1/400秒・F6.3、中望遠80ミリ相当)
まずこのような写真になってしまう(笑)。新幹線の場合、特にタイミングが計れないほど速い。富士川橋梁から望む下り最後の富士山。新富士−静岡間。(1/250秒・F6.3、広角35ミリ相当)