「はくつる」&「ドラえもん海峡」さよなら乗車の巻

タイムテーブル

日付: 2002年10月26日(土)〜27日(日)
出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 備考
みずほ台 20:27 東武東上線普通
(有楽町線直通)
和光市
20:39
東武9314
和光市 20:42 東武東上線
池袋
20:55
東武モハ12453
池袋 21:03 山手線(内回り)
上野
21:19
サハ205−110
上野 22:23 はくつる
青森
8:17
オハネフ25−205
青森 9:15 海峡 3号
函館
11:47
オハ14−505
函館 12:43 スーパー北斗 9号
南千歳
15:31
キハ281−?
南千歳 15:58 エアポート 152号
新千歳空港
16:01
クハ785−3
新千歳空港 17:15 空路JAS114便
羽田空港
18:48
羽田空港 19:21 京急空港線急行
浅草橋
20:01
京成3736
浅草橋 20:09 中央・総武線各駅停車
飯田橋
20:17
クハE231−8
飯田橋 20:27 営団有楽町線
(東武東上線直通)
和光市
20:56
営団7706
和光市 20:59 営団有楽町線
(東武東上線直通)
みずほ台
21:11
 ★苦悩のプランニング...< いつものこと(笑)

12月のダイヤ改正で東北新幹線が八戸まで延伸されることとなった。それに引き換え、特急「はつかり&スーパーはつかり」、快速「海峡」、寝台特急「はくつる」が廃止となる。代わって新幹線には「はやて」が、青函連絡特急には「白鳥&スーパー白鳥」、そしてあらたに八戸−弘前間の特急「つがる」が登場する。廃止ときけば居ても立ってもいられなくなる私であるので、さよなら乗車を計画した。

ただし、先月に九州遠征をしたばかりなので、1泊2日では、「お父さんばっかり!」という声が家中に響きそうなので、原則短期間で行かなければならない。プラス、少しでも安くという条件付きなので、さてどうしよう...九州往復はANAの超割利用往復2万円で、現地乗り放題の九遊きっぷ3千円という破格なお値段で出かけたが、今回は..そうだ10月は私の誕生月なので、JASの「バースデー割引」1万円を片道利用すれば多少安くなる。まずは航空券確保である。が、どこから乗るのか、行きに使うか、帰りにするか。悩みどころである。

飛行機搭乗地を選ぶ前に、今回のメインを考えねば..廃止になるのは上記の3列車。その中で「はつかり」に関しては、昨年(2001年)の「白鳥さよなら乗車の旅」で野辺地−盛岡を乗車しているし、「はつかり」は新幹線連絡の意味合いが強いので、新幹線を利用しないこの旅では割愛することにする。残りの2列車なら「はくつる」→「海峡」の接続でプランニングしやすいので、それに決めた。さて、問題は飛行機である。海峡で函館までいくので、そこで折り返しという手もあるが、あまりにもつまらない。途中観光や寄り道をするのであればそれでも良いのだが、今回はいわば函館まで直通なのである。それと函館からの羽田行きのJASは便が少ないのも要因だが..

そこで、ちょっと足を伸ばし、新千歳から折り返すことにしよう。であれば、函館−新千歳空港までさらに列車に乗ることもできるし。現在は乗りつぶしがまだメインテーマで活動をしている私なので、欲求を満たすにはこちらの方が良い。早速、帰りの「新千歳−羽田」のチケットをネットで予約。無事にGETできた。(バースデー割引は搭乗の3週間前までに予約なので、まだ余裕があった)

さて次はJRのきっぷである。「はくつる」に乗車するには、当然寝台券が必要になる。寝台は、A寝台、B寝台と2002年の1月からお目見えしたゴロンとシートである。知っている方も多いとは思うが、ゴロンとシートとは、B寝台から、シーツ・毛布・枕・浴衣などの寝具類やスリッパを省いたもので、特急料金だけで利用できる。でもベッド自体は同じものなので、寝る分には不自由しない。B寝台料金の6,300円が不要になるので、とってもリーズナブルなのである。それだけに競争率は高い。ダメもとで、ネットで予約を試みようと空席検索をしてみると、いつも利用している「サイバーステーション」では、ゴロンとシートの設定がない。それではと「えきねっと」の「インターネットとれテル」で予約が可能かどうか..だめなら、駅まで行かねばならない。JRの駅が自宅近くになく、また仕事帰りではみどりの窓口がやってる時間じゃないし、次の休みまでに残っているかが心配である。(いつも同じことを言ってるかも..(^^;)) 恐る恐る「えきねっと」のページを開き、「はくつる(ゴロンとシート)」を検索してみると..ありました!こちらでは予約可能だった。ただし時間が遅く回答は翌日の朝。取れることを祈りつつ、その日は就寝した。

次の日、朝は時間がないため、会社から帰って、メールを見ると取れてました。無事に..ホッ。。。
あとは次の休みに寝台券と特急指定席券を受け取りにいけば、準備完了。とその前に、JASの方の支払いを済ませなければならない。こちらは、ANAの時のようにオンラインバンキングでの銀行振り込みの設定がないため、コンビニ払いを指定してある。さらに翌日の夜、会社帰りに自宅近くの「ローソン」で、端末機器を操作し、払込票を印字して、レジで支払う。航空券の支払いをコンビニでやるなんて一昔前では信じられない。便利になったものである。(これってとっくの昔からできていたんでしたっけ?)

「ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを 聴きにゆく」 上野駅といえば、この名句。16、17番線の端に立つ。 12月からは唯一上野〜青森間を結ぶことになる寝台特急「あけぼの」 「あけぼの」の旅立ちの時。窓際にビールを置いて外を眺める人がいて、早くそうしたいと気もそぞろ..(笑)
 ★初の寝台体験...< 遅ればせながら。

はてさて、ということで10月26日の夜になり、出発の時刻。20時20分自宅を出発した。駅まで歩きいつもの東武東上線に乗車。途中少しでも早くと和光市で急行に乗り換える。池袋で山手線で上野駅へ。「はくつる」出発の1時間も前に着いた。そのため、唯一の東北寝台特急として残る「あけぼの」にも出会えた。それにしても車体の痛みがひどくまさに痛々しい。特に電源車の「カニ24」は塗装が剥げ落ちあまりにもひどすぎる。写真を一通り撮り終わったあとに、先に青森に向けて出発していく。できれば、写真だけではなく一度は乗ってみたい。こちらもいつ廃止となってもおかしくはない状況ではある。

さて次はいよいよ「はくつる」の入線である。あたりを見ると、数名のカメラマンの姿が見える。まだ廃止まで1ヶ月あるので、さほど多くは来ていないのだが、熱心に撮影している姿を見ると、さぞかし想い出深い列車なのだろう。私は正直今回初なので何となく申し訳なく思う。

初の寝台列車、そして最後の「はくつる」乗車まであと30分に迫る。この表示が見られるのもこれが最後.. 貫通路を開け、チェックをする車掌さん(車両右下)と乗車を待つ乗客たち。この方たちも最後の乗車となるのだろうか.. はくつるの運転士と最後の打ち合わせをする係員。(駅員でも車掌さんでもない。交代乗務の運転士?)

入線後、最後尾に連結されている「ゴロンとシート」に荷物を置き、ギリギリまで撮影をしてから、発車1分前に車内に戻る。22時23分定刻に上野出発。今回確保したのは「ゴロンとシート」の上段。どんな様子かまったくわからなかったが、実際に見てみると窓がなく、車窓などまったく見えない。仕方なしに通路側の座席を出して、しばらくビール片手に外を眺めていた。土曜日の夜とあって、通過するどの駅にも人は少ないようだった。赤羽を過ぎ、荒川を渡って埼玉県に入る。通路が進行方向左側にあるため、京浜東北線の各駅の様子は見れなかった。大宮を過ぎたあたりで、寝台へと潜り込む。向かいの上下段のお客はすでに寝てしまったようで、真下の若い青年はまだ起きているようだ。カーテン越しに明かりが漏れている。

さあ、読書でもと思ったが、ほどよい温度と列車の振動で眠くなってしまったため、素直に寝ることにした。枕には小型時刻表、布団には、着てきたジャンバーを代用した。それで十分快適に寝られるのである。

ゴロンとシートのロゴマーク。ひげを生やしたお世辞にもかわいいとは言えない熊のキャラクター。 列車B寝台上段の様子。左側にはしごと窓がある。中央に落下防止の紐があるが、寝相の悪いさいなすにはちょっと不安?! 八戸駅でも見かけたが、こちらは青森駅での1シーン。789系試運転車両。
さて目が覚めると、一戸あたりを走行中であった。まもなく12月から「はやて」が走り出す「二戸駅」に到着。天気は多少雲があるがまずまず上々である。続いて八戸駅に着く少し手前で、試運転と思われるE2系「はやて」の走行中の姿が見えた。八戸駅ではこれまた試運転と表示されたJR北海道車両の789系「スーパー白鳥」とご対面。これに乗るのはいつのことになるのだろう..と思いをはせている間にも列車は順調に走り、8時17分定刻に青森駅に到着した。

 ★続いて「ドラえもん海峡号」さよなら乗車...

昨晩は、ビールとおつまみだけを買い列車に乗り込んだため、列車内では朝食を取っていないので、青森下車後すぐに駅そばを食す。旅に出たらご当地メニューかもしくは駅弁といきたいところだが、何故かこのパターンがほとんど。帰宅後に駅弁でも食べれば良かったと後悔したことが何度となくある。旅に出るとタイムスケジュールがキチキチに設定しているので、とにかく飯といった思考回路が働いてしまうらしい。

すいません。書きかけです..m(_ _)m