第一回JR九州トレインピック21参戦の巻

タイムテーブル

日付: 2002年9月7日(土)
出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 備考
みずほ台 4:45 マイカー
6:00
羽田空港 マツダ
 ボンゴフレンディー
羽田空港 7:25 空路ANA
(羽田−宮崎) 601便
9:00
宮崎空港
宮崎空港 9:38 日豊本線
普通730M
9:47
宮崎 クモハ713−904
宮崎 10:30 にちりん 6号
13:28
大分 クモハ783−10
大分 14:04 久大本線
普通4852D
15:29
由布院 キハ47−79
由布院 15:49 ゆふいんの森
4号
16:15
豊後森 キハ70−1
豊後森 16:47 久大本線
普通1862D
17:19
日田 キハ147−54
日田駅 17:50 西鉄バス
18:38
吉井営業所
吉井営業所 19:00 西鉄バス
20:04
JR久留米駅
久留米 20:29 有明 54号
20:58
博多 クハ787−108
博多 21:40 きらめき 6号
22:24
戸畑 クモハ885−5
戸畑 22:34 ソニック 56号
23:17
博多 クハ883−1
博多 0:06 ドリームつばめ
5:54
西鹿児島 クモハ786−1

1日目前半

 ★待ちに待った9月7日..

2002年9月7日、いよいよ第一回JR九州トレインピック21参戦の日がやってきた。思えば、今年6月30日にANAの超割きっぷを購入したときから、2ヶ月あまり、心はすでに九州に飛んでいるといってもいいほど、この日が来るのを待ち望んでいた。

出発前日、いつものように仕事が遅くなり23時に帰宅する。それまで準備をしておらず、といっても愛用のオリンパス一眼レフデジカメとこれもここ最近の定番であるコンパス時刻表に、財布・ハンカチ・タオル・折りたたみ傘・携帯電話・免許証などをザックタイプのカメラケースに入れるだけなのだが..おっといけない。飛行機のチケットと思ったが、これは初体験のチケットレスサービスを利用しているので、手元にはないのだった。そのため空港にいってから発券してもらえばいいのだが、昨年夏の近鉄の特急指定席取得のときを思い出した。あのときは、予約番号が必要でそのメモを自宅に置いてきてしまい、あやうく指定席が取れなくなりそうになったことがあったのだ。急いで、インターネットで超割を予約したときの画面のコピーを印刷し、バッグの中に詰め込んだ。

それにしても時間が遅い。明日は、4時起きでマイカーで出発しないと、予約した飛行機に乗れない。なんだかんだすべて準備が終わったのが、0時30分。これでは睡眠時間が3時間少々と果たしてきちんと起きれるかが心配だったので、このまますぐ出発して羽田空港のパーキングで仮眠をとるか..とそこまで考えた。が、せまり来る眠気に勝てず、非常ベルの音に極めて近い目覚まし時計を4時にセットして、床についた。(普段はその音でも起きず、家族にうるさいと言われて起こされる毎日なのだが..)

案の定、かみさんに起こされる。手早く身支度をして、4時45分に家を出た。そういえば、昨日銀行でお金をおろすのを忘れており、財布の中は1万円を切っていた。途中、普段から利用しているコンビニに寄り、コーヒーとパンを買うついでにと、店内を見回したが、ATMらしきものがない。店員さんに聞いてみると「すいません。ないんです..」との答えが..ないものは仕方ない。先を急ぐ。だがその後、ATMを設置してあるコンビニがなく、そのまま首都高速の入口まで来てしまった。(ホントはさっきよったコンビニよりも手前にセブン・イレブンがあったのだが、駐車場が止めにくくほとんど行ったことがなかったため、行きつけのコンビニ(スリーエフ)を選んだのが間違いだった。)

※ここで一言。鉄旅日記なのに、イントロが長くなっております。なんと言っても飛行機を使った鉄道旅行は初めてなので、ご了承ください。

しかしよ〜く考えてみれば、すでに飛行機のチケットは支払い済みだし、あとは九州入りをしたときに買う、エアレール(ANA+JR)のうちJRの「九遊きっぷ」(2日分で6,000円)を購入するだけでよかったのであった。それならなんとか足りる。そのあと大きな都市で銀行を探しておろせばいいやということにして、首都高をひた走る。

走ること、1時間10分で羽田空港に到着。時間は6時過ぎである。乗るのは宮崎行きのANAなのだが7時20分のフライトで、1時間以上も余裕があった。なんでそんなに早く行くのと思われるかもしれないが、実は飛行機というもの、いままでに旅行会社のツアーで過去に国内線1回、国際線2回しか乗ったことがなく、今回が初めて1人ですべてやらなければならないためである。

羽田空港の駐車場連絡通路から、エアターミナルを望む。 朝6時でもこれだけの人が.. 上から6番目が宮崎行きANA601便。あと40分後。

要は空港に着いてから何をしていいのかわからないためとも言う。すべて聞きながら、あるいは見よう見真似でやるため、時間がかかることがわかっていたからである。

車から降り、空港内へ向かう。時間が早いためか、思ったよりも人は少ない。夏休みが終わったばかりのせいもあるだろうが..さあ、まずはチケット発行からである。持参したANAマイレージカードを「航空券発行」と書いてある券売機に入れる。すると良くできたもので(当たり前か)、予約済みのボタンを押すだけで簡単に航空券が発行された。

その後、搭乗手続きとやら書いてあるところに行き、カードを入れると、「すでに搭乗手続き済みです」と機械の女性の声が。おお、チケットレスサービスで発券すると同時に搭乗手続きもできちゃうのか..と変なところに感心して、次の行程に進む。(往復のチケットがいっぺんに発券されたのだが、よく見ると、往路の羽田−宮崎の方の右側の半券部分に座席とか搭乗口とかが印刷されていて、復路の方はそこがまだ未印字のままになっていたのだった。印字されていれば、搭乗手続き済みということなのである。初めてのことなのでちょっと感動した。)

さて、次は何をすればいいのかわからない。券売機の横あたりに手荷物預かり用の金属探知器のようなものがあり、係のおじさんが待っている。が、ここで渡すと宮崎までお別れになってしまうだろうから、ちょっと考える。「手荷物は1つまでOK」と書いてあるのでそこはパスして、出発口に向かう。飛行機によく乗っている人なら、何でそんな早い時間に入っちゃうの?と思われるかもしれないが、出発口に並ぶまでのその間、他の人がどのようにしているのか観察していたのである。なんでそのときすでに7時近くになっていた。

出発口をとおり、搭乗口に向かうのだが、羽田空港の34番搭乗口はシャトルバスで行くのであった。(成田の時は新交通システムのようなものに乗って移動した)宮崎行きのバスに乗り、飛行機が待機するところまで向かう。意外と遠い。5分くらい走ったであろうか、数台の飛行機が並ぶところに出た。きっとそこに小さなターミナルがあるのだろうと思っていたら、バスはそのまま飛行機の横にあるタラップに横付けした。これもまたちょっとおどろき..すぐに機内に入り、席に座る。予約の際に座席指定もできたので、窓側の席を確保した。5分ほど遅れて、いよいよ空の旅の始まりである。

座席についてから、窓から隣の飛行機を写す。 雲の切れ間から、地上が見えて思わず感動.. 三重県南部?と思われる。真ん中に蛇行している川が見える。場所は調査中。
 ★いよいよ空へ...

定刻より約5分遅れで、7:25分に出発。迷路のような滑走路をあちこち移動し、10分くらいしてようやく、離陸する滑走路に着く。一旦停止し、高まるエンジン音とともにもの凄い加速で、空へと舞った。関東地方はあいにくの雨のため、窓からの眺望は良くない。すぐに雲の中に入ってしまった。羽田からどのあたりのコースを通るのかわからないが、富士山は見たかった..

30分くらいした頃であろうか。雲の中を抜け、下に雲海を望むところまで上昇している。それまで、遊園地のジェットコースターのような小さな落下を繰り返していて、余り気分のいいものではなかった。雲を抜ける少し前に、機長から「只今、気流の悪いところを飛行しておりますが、あと5分ほどで抜ける予定です。」とのアナウンスが。その予定の通り、5分もしたら、見事、雲海を見下ろす場所まで来ていた。でもそれまでまったく何も見えないところを飛んでいて、よく先のことがわかるものである。感心してしまった。時間は8時丁度である。

こちらは場所判明。足摺岬の西側高知県幡多郡大月町付近。左の島は沖の島。
その2〜3分後、雲の切れ間から地上が見えた。結構大きな川が左右に蛇行しながら流れているのがよくわかる。果たしてここはどのあたりだろうか? 羽田7:20発宮崎8:55着なので、所要時間は1時間35分。離着陸に要する時間をそれぞれ10分位ずつかかるとしてその分を差し引くと、正味飛行時間は1時間15分ほどである。そう考えると半分の少し手前になる。半分で和歌山県あたりになるので、その手前だと三重県あたりの川だろう。川の蛇行具合からあとで地図で探してみようと思う。(ほんの一部なので、パズルのような難しさだが..)

8時40分。到着まであと10分ほどになった頃、今度は島の半島のようなものが見えた。これはわかり易かった。帰ってきてから調べてみると、高知県の足摺岬の西側、宿毛市の南に位置する、具体的にいうと、高知県幡多郡大月町付近である。海を挟んで、沖の島(宿毛市)も見える。

ちょっと余談になるが私は旅行中にメモするのは、写真にメモとして撮らなかった時の車両形式番号だけで、あとはすべてデジカメの記録に頼っている。撮った映像を帰宅した後に、画像表示ソフト「DPEx(シェアウェア)」、「ゼンリン電子地図帳Z5」、「昭文社スーパーマップルデジタル」等を駆使して、撮影場所の判断をしている。特に「DPEx」はフォルダ内の画像ファイルをサムネイルで表示する速度が非常に速く、撮影データも表示することができ、大量の写真を撮った時に重宝している。また「ゼンリン電子地図帳Z5」では、線路・駅強調図という表示モードがあり、鉄道ファンにはうってつけ。ともにお勧めのソフトウェアである。上記の場所確定もそれらのソフトによって調べたものである。

 ★14年振りの九州上陸...

さて、話を戻さなければ..

出発遅れを回復できずに(鉄道では回復運転があるが飛行機にはないのかも)、5分遅れて、南国宮崎空港に到着。昭和63年8月マイカーで訪問した以来、14年振りの九州である。幸いに雨は降っておらず、曇りである。ただ思ったよりも蒸し暑い。実は出がけの気温が少し低かったことと、今夜の晩は列車内で過ごすので、冷房の効きすぎを考慮して、長袖シャツを着てきたのであった。この時点ではちょっと後悔した。当然ながら、肘までめくっている状態ではあったが..

宮崎空港は、羽田に比べて発着便が少ないため、閑散としている。空港の周りには、フェニックスやヤシの木が並んでおり、南国気分を盛り上げてくれる。空港からJR宮崎空港線、宮崎空港駅に向かう。成田、羽田空港のように同一の建物かと思ったら、一旦外に出てから、隣接する駅舎の2Fに改札があった。ここで、エアレールを利用すべく、ANA超割きっぷの半券を提示して、九州内の特急指定席まで1日乗り放題の超お得きっぷ「九遊きっぷ(3,000円)」を購入。そして、指定席の確保をする。本当は事前に指定席予約をしたかったのだが、JR九州では、ANA超割の発券状況まで把握できないため、現地調達となってしまう。だが、心配をよそにすべての指定席(窓側)が確保できた。(それもそのはずで、超割の設定期間は連休時期などの繁盛期を避けてあるのであった。)

フェニックスに囲まれた高架駅の宮崎空港駅。 宮崎空港駅の改札は手前の階段、空港側のみ。 カラフル列車がお出迎え。宮崎空港駅からはまず真っ赤な713系。

宮崎空港の周りをひとしきり撮影したあと駅に着いたときに、9:21発の「ひゅうが4号」が発車していった。計画当初はこの列車に乗る予定でいたが、指定席発券の時間を考慮し、また空港から駅までの連絡時間がどの位かかるかが判断できなかったため、1本遅らせておいた。要領を得ていれば、今回の目的である「トレインピック21」のスタンプ帳にもう1つハンコがもらえたのだが..ここは素直にあきらめるしかない。

乗車予定の「にちりん6号」は10:21発とまだかなり時間があり、宮崎空港駅は改札1つ(空港側にある)島式1面2線ホームの思ったよりも小さな高架駅で、撮影もすぐに終わってしまったため、2本前の9:38発宮崎行き普通列車に乗ることにした。真っ赤なボディの713系電車にのって、宮崎まで先行する。車内はJR九州お得意の派手派手で、赤・青・黄色・緑の超カラフルな内装である。しかしこれは序曲にすぎなかったことはいうまでもない。

時間は9:47。にちりんは10:30発なので、ここでも時間がある。お決まりの列車のと駅舎の写真を撮ったあと、財布の中身が軽かったことを思い出した。駅前を眺めてみても都市銀行は何故か見あたらない。駅前の交差点まで行ったときに、「宮崎銀行」があるのが見えた。しかし市街の中心部から離れているのか、また土曜日のせいなのか結構閑散としている。そこで、現金補給。駅に戻り、朝からビールを買い込み「にちりん6号」の到着を待つ。意外にもサラリーマン風の人が多くいた。

 ★トレインピック21、第1列車..

10:29に783系スーパーサルーン車両の列車が入線してきた。私が乗ったのは、5号車14番A席。(指定を取るとき窓側といったら、見ればすべてA席であった) 編成の後ろの方と思っていたら、なんと先頭のそれも展望車の前から3番目。幸先良く超ラッキーである。隣は出張で挨拶回りにでもきたのか、会社役員(と思われる)の方々5人グループである。定刻10:30に発車。延岡までは、海岸線に沿った海辺を快走する。日豊本線は本線でありながら単線であるため、次々と対抗列車を待たせて、先を急ぐ。大分まで1度も対向待ちはなかった(途中、特急ひゅうがを待たせていたこともあった)。にちりんは日豊本線の最優等列車である証拠である。さて列車は、佐土原・高鍋・日向市を過ぎ、延岡までは最高110km/hでひた走る。

延岡を過ぎると一転、山間部に入る。そこからは急勾配、急カーブ、短いトンネルが連続し、車窓も目まぐるしく変化する。それにあわせ、スピードも60〜80km/hとダウン。展望車なので、先の状況が見え非常に楽しい。(ちょっと恥ずかしいので余り好きではない、がぶりつきをしなくてもOKなのも良し) ここで、おそらく全線開通までにたくさんの苦難があっただろうと思われる日豊本線の歴史なるものに少しでもふれたかったのだが、今までのように旅行記が完結しないおそれがあるため、別の機会にまとめてみたいと思う。(できるかどうかは、?だが)

宮崎・大分県境付近にある宗太郎、重岡、直川あたりはホント山深い。民家もあまり見あたらない。それとあわせるかのように、時刻表を見ると、延岡−佐伯間の各駅には1日5往復の普通列車しか止まらない。日豊本線内の最ローカル区間である。佐伯からは再び海岸線に戻り、海に突き出る小半島を次々とトンネルで抜ける。

人影まばらな宮崎駅(東口?)。西側の方がにぎやかだった。 トレインピック21第一列車のハイパーサルーン783系「にちりん6号」。 高鍋駅を過ぎた直後に、小丸川を渡る。川の中に黒く見えるのは何かを取っている人たち。
 ★ゆふ4号はいずこ?..

13:28に大分到着予定。ここでは1分接続で「ゆふ4号」に接続であり、今回の旅行では一番鬼門のポイントである。あと1〜2分で着くはずなのだが、駅構内に入る直前で信号待ちで停車。前方から赤い気動車がやってきた。13:26発の豊後竹田行きの豊肥本線の普通列車であった。信号が青になり、大分に到着。時間は13:30。1分遅れてしまった。確か、宮崎の駅員さんに聞いたところ、同じホームの反対側に停車しているので、乗換は可能とのことだったのだが..

荷物をまとめ、急いでホームに降り立つが..なんとどこにも「ゆふ4号」が見あたらない。もしやホームが違うのではと思い、ホームを移動してみるが、そうではないようであった。

あ〜、接続を取らずに出発したんだと思い、こういうこともあろうと予備案を実行することにした。30分ほどあとの普通列車で、由布院までいき、そこで「ゆふいんの森4号」に乗換すれば、あとはまた予定通りに戻る。ただし、由布院での待ち時間(1時間30分)を使っての公衆浴場(温泉)を探して一風呂はあきらめなければならないが。

全面展望ばっちりの783系先頭車。途中から乗ってきた保線係の人がちょっとおじゃま!?
大分駅構内信号はすべて赤。はじめはこのせいで、乗り遅れたのかと..
広い駅前ロータリーがある大分駅。この写真は撮る予定ではなかったのであった。 個人的代替えの由布院行き普通列車のキハ47系。

気を取り直し、のどでも渇いたので、ホームのキヨスクにいき、500mlのDAKARAを買った。そのとき念のためにキヨスクのおばちゃんに、「にちりん6号」は「ゆふ4号」と接続を取らなかったんですか?」と聞くと、「さっき放送していたけど、ゆふ4号は、なんか途中で踏切事故がおきたみたいで、運休したといってたよ」とのこと。5分ほどホームにいたがそんなアナウンスは一切なかった。思い起こせば、駅手前ですれ違った普通列車よりもあとに発車するはずなのに、すれ違った様子はなかったのあった。

キヨスクをあとにすると、近くに慌てているご夫婦がいた。どうやら、ゆふの指定席を持っていたようだったので、駅窓口で変更してもらえばよろしいのではと案内して、私も改札へと向かった。駅舎の写真を撮るためである。ここでも予定外の1枚の記録ができた。

とここまでは良かったが..

 ★とりあえず、ビール。いや各駅停車で..

14:04、豊後森行き普通列車に乗る。列車は、147系と47系が接続された2両編成。車内は高校生がたくさん乗っている。由布院までは1時間少々かかるので、ボックス席の空きを探す。マンガ本を読んで座っている1人の女子高生に声をかけ、席に座らせてもらう。(声をかけるといってもナンパではない.。)

大分を出るとすぐに田園風景と代わり、気動車のエンジン音と心地よい日差しでなごやかな時間を過ごす。途中、庄内という駅で10分ほどの対向待ちがあった。ホームに降り、写真を撮っていると、運転士さんが降りてきて、携帯電話で話をしていた。が対向列車と思われる「ゆふ3号」は姿を現さなかった。おそらくこちらも運休なのだろう。庄内を出て湯平、南由布、由布院と停車するが、時刻表を見ると、12分、15分とかなりの所要時間がかかっている。湯平では、今度は普通列車と待ち合わせのためと察しがつくが、南由布までの時間に合点がいかない。

疑問を抱えたまま、列車は湯平へと向かう。そこで、謎が解けた。。。エンジンは唸りまくっているがいっこうにスピードが上がらない。運転席のメーターを見に行くと、なんと20〜30km/hの間を行ったり来たりしている。かなりの急勾配が原因だったのである。なので、次の駅でも行き違いは正しかったのだが、こちらが待つのではなく、対向が待っていた。実際の所要時間自体が12分近くかかったのである。同じように南由布までの間も急勾配が続いている。
10分の対向列車待ちがあった庄内駅。だが列車は来ず.. 庄内−湯平間の急勾配を野ぶる。だんだんと高原の雰囲気が出てきた。

さて、ようやく1時間20分かけて由布院までやってきた。駅改札付近にはかなりの人がいる。さすがに有名観光地の駅だなとそのときは思った。跨線橋を渡り、改札を出ようとしていると何やら様子がおかしい。みれば、お客さんがよってたかって駅員に何か尋ねている。???と思いながら、改札までいくと..「お知らせ・・・15:49発博多行き特急列車「ゆふいんの森4号」は踏切事故の影響で、日田駅までの運転見通しです。博多方面ご利用のお客さまは大分経由でのご利用をお願いいたします。 由布院15:48(普通)16:49大分17:15(ソニック44号)19:15博多」 ※原文のまま掲載。

と書いてある看板が目に入った。「なにお〜1時間半もかけてやってきたのに..」と言いたい気分だったが、ひとまず写真、写真。

ひとまず駅舎の写真。由布院駅にて。暗めの駅舎に露出をあわせたため、周囲が白くとんでしまった。 あわただしく人の出入りがある、由布院駅。
目に毒な内容の看板。後ろにいた駅員さんはとても親切。 由布院15:48発大分行きの普通列車。満員の乗客を乗せたキハ125系。
第一回JR九州トレインピック21参戦の巻 1日目前半 終了。。。

1日目後半へ