近鉄北勢線+JR紀勢本線完乗?
の旅
の巻

タイムテーブル

日付
出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地
備考
5月4日(土)
みずほ台 12:25 東武東上線普通 12:37 和光市 営団7311
和光市 12:42 東武東上線急行

12:55

池袋

東武???

池袋

13:20

営団丸ノ内線

13:35

東京

営団02−450

東京

13:53

東海道新幹線
のぞみ 17号

15:33

名古屋

524−9

名古屋

16:10

関西本線快速
みえ 15号
16:32

桑名

キハ75−103

桑名

徒歩

西桑名

西桑名

16:40

近鉄北勢線 17:35

阿下喜

近鉄138

阿下喜

17:45

近鉄北勢線 18:45

西桑名

近鉄275

西桑名

徒歩

桑名

桑名

19:04 関西本線快速 19:18

四日市

クモハ
213−5012

1日目

 ★突然の旅行決定..

G.Wを迎える3日ほど前、かみさんから「G.Wはどうするの?」と訊かれた。「えっ、横浜(かみさんの実家)でしょ?」と私が答えると、「行くの?」と言われた。ここで考えた。これはまた自由時間をくれるのか??? そこですかさず、「できれば電車に乗りに行きたいんだけど..またなくなっちゃう路線があるし..」。かみさん「好きにすればぁ」。私「じゃあ出かけてくる」。どうするのと訊かれる時は、どうやら自由にしてもいいと言うことらしい。思えば昨年の夏もそうだった。

ということで、突然の旅行決定をなった。そうなれば、まずどこに行くか...。といっても心はひとつ。来年で廃止が決定した「近鉄北勢線」にしようと前々から決めていた。昨年の夏の「名鉄廃止4路線の旅」の際にできれば加えたかった路線(その時は廃止決定ではなかったが)であった。出かけることが決まっても、仕事で夜遅い日が続き、お決まりの指定席確保ができず、前日になってしまった。指定席よりもどこを廻ってくるかを先に決めなければならない。結局その日はルートを決めただけで終わってしまい、プランも立てられず深夜2時を廻ってしまったため、そこで睡眠。その時は行き当たりばったりでいいやということにしたが、当日の朝にとりあえず、乗る列車だけでも決めておこうと時刻表とにらめっこ。とここまでやれば指定席もとなり、「えきねっと」で出る直前に座席確保。5列車分を取らなければならず思ったよりも時間がかかってしまったが、幸いすべて希望の列車の指定が取れ、バタバタのまま出発した。

地元みずほ台から東武東上線で池袋へ向かう。が駅に着いてホームに降りた途端、目の前で電車が発車してしまった。さい先悪いなぁといや〜な予感が..(前にもあったような気が) 営団有楽町線直通電車に乗り、途中和光市駅から急行に乗り換え、池袋に到着。ここから営団丸ノ内線で東京駅に向かうのだが、時間はあと20分少々。指定席券引き取りと、乗車券購入のため、まずビュープラザに行ってみたが、あいにくすべて窓口が塞がっていた。緑の窓口と違い、いすが設けられているため、みんなじっくり相談?している。こりゃいかんと、すぐに引き返し、緑の窓口へ。ここで5分ロスしてしまい、あと15分。幸いにこちらは空いていてすぐに順番が廻ってきた。すかさず、指定席券の引き取りをする。予約番号をメモした紙を渡し、係りの人が端末を叩く。がこれがまた時間がかかる。

続いて、乗車券を買うのだが、今回は企画きっぷではなく、片道きっぷを2枚購入。ところがへなちょこりんな経由なため、係りの人が戸惑ってしまい、しまいには奥にいるちょっと偉そうな人に手伝ってもらう始末。そりゃあ、「東京−名古屋−新宮−和歌山−高田−(桜井線)−奈良−京都−名古屋+名古屋−塩尻−八王子−横浜−東京」、なんてきっぷを買うものなんぞ、今どきいないし..無理もないとわかっていつつも、時間が気になり、ソワソワしながら、発券を待つ。そうこうしているうちに、予定の電車の時間が過ぎてしまった。窓口に列んでから、20分でようやく、指定席券と乗車券を手にして、丸ノ内線のホームへ急ぐ。

ここは持っていたパスネットで入り、階段を降りて発車間際の電車に飛び乗る。なんとか予定していた電車の1本あとに乗れた。15分で東京に着き、今度はJR線改札へ。いつもなら自動改札を通るのだが、今回は経由地が多いためか、有人通路をとおるように言われたので、駅員さんのいる方へ向かう。がここでも手間取る。ちょうど反対から外人さんが出ようとしており、駅員さんが身振り手振りで精算している。2分位経ったであろうか、ようやく終わり、入場しようとして、きっぷを渡そうとすると、そのまま通っていいとのこと。てっきり検印を押すのかと思い、待っていたのだった。また駆け足で今度は新幹線改札へ。

入った改札が丸ノ内側で新幹線ホームはちょうど反対側の八重洲口に近い。いくつものホームへの階段を横切り、新幹線改札へたどり着く。きっぷを見せ、今度は押印してもらってから、売店でカツサンドとビールを買い込んで、ホームへ上がる。すでに乗車する「のぞみ号」は入線しており、あと5分ほどで発車であった。みれば初の「500系のぞみ」。わくわくしながら、時間がなかったが先頭車両へ。そこはやはり同じように記念写真を撮ろうとしている人でいっぱい。すいませんと言いながら、前へ出て、2、3枚写真を撮ってから、車内へ入り席に着く。ほどなく発車時刻になった。

ドアがしまり、音もなくす〜っと動き出す。しばらくはゆっくりとした走りで山手線脇をいく。田町を過ぎたところで、車両基地がみえる。ほとんどが休憩中の車両ばかりだが、中に電気機関車EF65あたりも見えた。駅で買ったカツサンドとビール片手に眺めていたので、写真は撮れなかった。

りんかい線乗り入れ工事をしている大崎駅の手前で、山手線とわかれ、横須賀線と並んで新川崎を通過(といっても新幹線の駅はないが..)。新横浜に停車したら、あとは下車駅の名古屋まで一気に駆け抜ける。富士山が見える右側窓際に座っていたが、雲が多く、山頂は拝めなかった。浜松を通過したことから、なんだか空の様子が怪しくなってきた。関東はあんなにいい天気だったんで、まさかこんなことになるとは..天気予報を見ず、傘を持ってこなかった私が悪いが(笑)

家を出てからちょうど3時間で名古屋に到着。列車から降りるとやはり雨が降っていた。ここから関西本線で桑名まで向かう。乗車するのは「快速みえ」。駅に発着する電車や風景を写真に収めているうちに、乗車する人の列がホームの反対側まで伸びてしまった。座るのは無理なので、そのまま写真を撮り続け、発車間際に乗車した。車内は案の定、満席どころかドア付近まで人でいっぱい。午後の出発なので観光客の乗車は少ないだろうと思っていたが、やはり人気列車らしく、名古屋に買い物と見受けられる人達が多かった。(30分も前から並べば確実に座れたが..)

桑名まで約20分なので、立っていても苦ではないが、荷物の置き場にちょっと困った。そうこうしてるうちにドアがしまり、出発となる。名古屋という大都市を発着しているのだが、この列車はディーゼルカーでJR東海のキハ75系。非電化の伊勢鉄道・紀勢本線・参宮線を経由し鳥羽まで行くためである。2つ目の春田を過ぎて、パワー全開!と思ったら急に減速。次の蟹江で運転停車してしまった。ここは電化はされているもののまだ単線である。対抗の特急(ワイドビュー)南紀に道を譲る。

木曽川を越え、長良川、揖斐川と連続して渡るとすぐに三重県の桑名に到着。それにしてもここまでの間、いくつ橋を渡ったことか..大小合わせてわかる範囲でも、八田を過ぎて、庄内川・新川、春田を超えると戸田川・福田川、蟹江を過ぎると蟹江川・佐屋川・日光川、英和のあとは、善太川・宝川、弥富を過ぎるとさきほどの大河?3つの木曽川・長良川・揖斐川と合計12の川を渡る。さすが濃尾平野を横断していることだけはある。

さて桑名からは、今回のお目当ての1つである、2003年3月末で廃止予定となってしまった近鉄北勢線に乗車する。この北勢線は近鉄の廃止決定後に第3セクターの道もあったが地域自治体の出資や県からも応援が無く、バス代行という運命になってしまった。まことに残念..北勢線は西桑名駅から出ているが、桑名駅からは徒歩1〜2分で着く。というか、桑名駅の南口にあるといった方がいいかもしれない。ほとんど同じ駅である。(詳しく調べてないが、以前は大山田という駅名だったとのこと。おそらく北勢線の開業にまつわる話があるのだと思う。)

雨の降る中、小走りに西桑名に向かい、そこに停車していた小さな電車に飛び乗った。(知らない土地で写真を撮りながらの乗換は8分ではきつい) 車内に入るとまずその狭さに驚く。まるで昨年乗った名鉄の軌道線(岐阜市内線〜揖斐線)のような感じである。ただ、車長は長く3ドアで路面電車とは違う。乗客は1車両20名程度で、廃止が決定したという割には意外にも利用者が多いではないか..

席についてみて、不思議な感覚に見舞われた。というのはどこかの家でテーブルを囲んで団らんしているようである。(もちろん目の前には他人様が座っているのだが..) 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−。。。

ここまでで、一旦終了いたします。続きは後日思い出しながらの執筆になります。ご容赦を...
2002年6月21日。