関東の駅百選第4回スタンプラリーの旅−その5

時間切れだけど、行くだけ行ってみたの巻
東武&JR日光駅+スペーシア初乗車 編

タイムテーブル

日付: 2001年12月9日(土)
出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 備考
みずほ台 10:22 東武東上線
準急
10:34 和光市 東武クハ8125
和光市 10:38 営団有楽町線
11:07
飯田橋 営団7722
飯田橋 11:15 中央・総武線
各駅停車
11:23
浅草橋 サハE230−1
浅草橋 11:29 都営浅草線 11:32 浅草 京成3663
浅草 12:00 東武特急
きぬ 119号
13:36 下今市 東武モハ105−4
下今市 13:39 東武日光線
普通
13:47 東武日光 東武モハ6175
日光 15:18 日光線 15:59 宇都宮 クハ106−1
宇都宮 16:27 なすの 256号 16:56 大宮 225−1410
大宮 17:14 埼京線快速 17:33 川越 サハ205−158
川越 17:50 東武東上線
普通
18:07 みずほ台 東武モハ8278

青字は、関東の駅百選に選定された駅。
赤字は、今回のスタンプラリーの対象駅。

時すでに12月を過ぎ、意気込んで挑戦した「関東の駅百選」スタンプラリーの開催も終わってしまった12月9日に、それまでほとんど1人で出かけていたお詫び?に、今回は次男も連れて、私と長男、そして次男の3人で、駅百選に選ばれた「日光」の2駅に行って見ることにした。ただ行くのでは、芸がないので子どもたちが喜ぶであろうと、行きは「東武の特急スペーシア」、帰りは「東北新幹線」を織り込んでみた。

うちの子たちは、親に似て朝があまり強くないようなので、早朝からの行動はやめて、10時頃に家を出る。この時間なら私も楽ちんである(笑) 10:22に地元、みずほ台を出て営団地下鉄有楽町線で飯田橋、総武線で浅草橋まで行って、都営浅草線で、ようやく「浅草駅」に到着。ここまでで1時間10分。地下鉄にはあまり乗ったことがないだろうとこのルート選んだが、地下鉄は外が見えない分だけつまらないらしく、特に次男はすでに「つかれた..」を連発。えっまだ準備運動みたいなものなのに..この先、ちょっと不安になった。

浅草には、11時30分についた。地下鉄浅草駅から地上に出てみると、さすが観光名所だけあって、駅前には大勢の人がいた。目指すは、デパートの入口のような東武の「浅草駅」。
窓口で特急券を買い、売店でお菓子の数々とジュース・コーヒーを買い込みいざ車内へ。東武浅草駅はかなり手狭で、8両編成までしか入線できない。先頭車両の方は、ホーム自体が右にカーブしていて、電車とホームとの間の隙間が30cm?ほど空いてしまっている場所もあり、鉄板で橋渡ししているところもある。

写真をとるのにもちょっと厳しくズームを広角側にしてようやくお決まりの電車の顔を撮影できた。(特急きぬ119号東武100系)

浅草を12:00に発車して、右に大きくカーブしながら、すぐに隅田川を渡る。天気は快晴で澄み切った青空がすごく綺麗。(写真はガラスの反射があり今ひとつだが..)

水色の橋は、言問橋。

このあと列車は右に左に細かくカーブをしながら、北千住へと向かう。そこまでは特急といえども、速度を落として走る。子どもたちには、なんで特急がこんなに遅いのかが不思議らしい。

北千住からは、本領発揮ときて、快調に飛ばし始めた。30分ほどで春日部に到着。
出発から約50分で埼玉県ともお別れ、栃木県に突入する。天気は変わらず快晴。気持ちのいい風景が続く。

写真は利根川。このあと埼玉県唯一の川向こうにある北川辺町を通って、一瞬だけ群馬県の板倉町をかすめてから、栃木県に向かう。
田園風景はさいなすのお気に入り。というか、妙に心が和むのである。
こちらも大好きな里山。麓をのんびり散策してみたい衝動にかられる。これは栃木市あたりかな?(特急きぬは春日部以降、下今市まで約1時間停車しないので、撮影時間から場所を判断するのが難しい..)
浅草から1時間36分で下今市に到着。128kmを表定速度80.2km/hで駆け抜けてきた。ここから日光行きに乗換。
快速にも使用されている東武6050系。車内は4人掛けボックスシートで快適である。(東上線にも走らせて欲しいなぁ)

2駅乗車で13:47に東武日光駅に到着!

東武日光駅の構内配線はちょっと変わっている。写真では見づらいが画面右側に対面式で2面、画面左側に3面の計5面のホームがある。ただしそれが平行ではなくご覧のようにぎゃくY字形になっている。その真ん中には木が植えてあるスペースがある。理由はわからないが、とにかく変わった作りではある。
東武日光駅の立派な駅舎。日光連山にちなんでか山小屋風の三角屋根が特徴。さいなすが撮影した駅では似たような駅舎に秩父鉄道の秩父駅がある。(こちらは三角ではないが)
せっかく日光まで来たのだから、駅舎の撮影だけではもったいない。この時点で14時であったので、1時間ばかりは時間が作れそうなので、日光東照宮まで行ってみた。子連れなので時間の関係から歩きは止めてバスに乗る。どこのバス停が近いかとバスの運転手さんに訊いたところ、表参道(神橋)から登るよりもその次のバス停までいって、そこから歩いた方が近いとのことだったので、総合会館前バス停までいく。道路横の階段を上がって、表参道に合流した。
日光山輪王寺の境内。世界遺産に選定された「日光の社寺」とは、二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)、東照宮、とこの輪王寺を合わせた、いわゆる「二社一寺」のことである。奥の院には徳川3代将軍家光公が眠っており、今年(2002年)11月まで、350年振りに初めて特別公開されていた。 こちらは東照宮の表門。ここから先は拝観するには有料となる。お金を払うならじっくり観たいので今回はここで引き返す。
さすがに広い表参道。両端の杉並木が立派。さすが日光には荘厳な雰囲気の杉がよく似合う。
言わずもがな五重塔である。ここは意外にも無料で観られる。
日光東照宮のさわりだけを堪能?し、帰途につく。単純往復が嫌いなさいなすは、復路はJR経由を選んだ。ということで、JR日光駅までバスで戻り、ここから列車の旅に戻る。

駅舎の全景はこちら

JR日光線の107系電車。北関東地区で活躍する通勤形電車でロングシート仕様である。JRに移管後の1988年から製造された割にはちょっと車両が傷んでいたような気が..
宇都宮からは、東北新幹線を利用で時間短縮をはかる。200系のなすのの自由席に乗車した。幸い子ども2名分の席は確保できた。

写真は下りのやまびこ45号盛岡行き200系車両。

列車待ちの間に、2本目の下り列車が..今度はMAXやまびこ133号仙台ゆきE4系車両。

さいなすたちが乗ったなすの256号は200系車両であった。

大宮で降りて、埼京線(川越線)経由で川越で再び乗り換えて、自宅のあるみずほ台に無事帰着した。

時間切れだけど、行くだけ行ってみたの巻
東武&JR日光駅+スペーシア初乗車 編 終わり。

只今のスタンプGET駅: 9駅 ※ただし、すでにラリー期間終了..