名鉄+近畿圏特急乗車&紀州鉄道
+3セク×2乗り鉄の旅の巻

タイムテーブル

8月11日(土)〜8月12日(日)
出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 備考
みずほ台 21:26 東武東上線普通 21:39 川越 東武9703
川越 21:45 埼京線快速

22:04

大宮

サハ205−173
大宮

22:34

長野行新幹線
あさま535号

23:48

長野

長野

23:55

急行ちくま

5:00

名古屋

モハ383−109

名古屋

6:50

東海道新幹線
ひかり175号
7:02

岐阜羽島

326−3007

岐阜羽島

徒歩

新羽島

新羽島

7:23

名鉄羽島線普通 7:27

羽島
市役所前

名鉄3119

羽島
市役所前

7:37

名鉄竹鼻線普通 7:49

大須

名鉄1903

大須

7:52

名鉄竹鼻線普通 8:04

羽島
市役所前

名鉄1903

羽島
市役所前

8:13 名鉄竹鼻線普通 8:28

笠松

名鉄5753
笠松 8:29 名鉄名古屋本線
急行
8:33 新岐阜 名鉄6415
新岐阜

徒歩

新岐阜
駅前
新岐阜
駅前
8:50 名鉄岐阜市内線
−揖斐線
直通普通
9:41 黒野 名鉄781
黒野 9:43 名鉄谷汲線 10:06 谷汲 名鉄751
谷汲 10:18 名鉄谷汲線 10:40 黒野 名鉄751
黒野 10:45 名鉄揖斐線
−岐阜市内線
直通急行
11:24 新岐阜
駅前
名鉄786
新岐阜
駅前
12:26 名鉄岐阜市内線
−揖斐線
直通急行
13:07 黒野 名鉄783
黒野 13:10 名鉄揖斐線普通 13:20 本揖斐 名鉄755
本揖斐 13:32 名鉄揖斐線普通 13:41 黒野 名鉄755
黒野 13:45 名鉄揖斐線
−岐阜市内線
直通急行
14:24 新岐阜
駅前
名鉄780系
(車番不明)
1日目後半へ。

出発から1日目

 ★苦悩のルート計画..

今回の夏旅行は、普段から日帰りばかりが多かったが、久々の3泊4日の日程になった。計画当初(6月頃)には1泊2日の予定だったので、名鉄の廃止4路線(谷汲・揖斐<黒野−本揖斐>・八百津・竹鼻<江吉良−大須>各線)の完乗と来年にも廃止が噂される三河線の一部を乗ってくるつもりでいたが、突然の日程の延長で余裕が出たため、欲張って紀州鉄道も乗ってこようというものに変更した。名鉄の乗りつぶしも考えたが、私鉄の乗りつぶしは短距離の路線が多いため、乗換回数が多くなり、単調過ぎるということもあって、名古屋−大阪の間を近鉄の「アーバンライナー」を組み込んで、ゆとりのプランにした。10日ほど前にインターネット(えきねっと)で各列車の指定席をおさえ、1週間前に発券してもらった。

ところが残り3日になったところで、名鉄のJR乗り入れ特急「北アルプス」が9月末でこれまた廃止になる情報が..それは、乗ってこなくてはと思ったが、一度ぎっしり組んだプランを頭から考え直さないとならない。早朝の時間帯を生かすため、6時に新岐阜を出発、午前中に谷汲・揖斐線を走破したあと、竹鼻→八百津線で一旦名古屋を通過し、三河線(碧南−吉良吉田)を乗って、蒲郡、豊橋から、また名古屋に戻るという予定でいたため、どこで、「北アルプス」を組み込むかが至難の技?であった。というのも、北アルプスは、下りが12時前に新名古屋出発、上りが19時前に美濃太田を出発というなんとも中途半端な時間帯に運行されている。12時といえば、谷汲線などを廻って、竹鼻線乗車の頃、19時はというと、三河線吉良吉田付近にいる頃である。さて、いかがなものかと試行錯誤したあと、竹鼻、八百津線を北アルプス乗車のあとに回し、美濃平野をぐるり一周する形をとり、その後に三河線に乗っても、名古屋のホテル着も1時間遅れで済むためOKとして、組み込みに成功。直前になって指定席を確保した。

 ★波乱の前兆?

8月11日(土)、今日から夏休みのスタートである。そして待望の旅行出発の日。夕方にかみさんと子供たちが横浜から帰ってくるので、近くの駅(東上線志木駅)まで迎えにいく。ついでに早めに出て、北アルプスの指定券発券をしてもらいに、JR北朝霞駅の緑の窓口まで向かった。窓口に着くとすでに4名ほど並んでいる。さほど待つこともないだろうと思っていたら、先頭のカップルが、その場になって、「15日の夕方に今井浜海岸(伊豆急行線)からの電車のキップなんですが..」と事前に下調べもしている様子もなく、その場であ〜だこうだと悩んでいる。その1組に10分以上もかかっており、2人後の女性(すでに購入申込書に記入済み)は、いらいらして待っている。しまいには、私の後にも5名ほどの列ができて、売り場からはみ出してしまうほどの行列となった。

20分も待ったであろうか、私に順番がまわってきて、「インターネットのえきねっとで予約した指定席券の発券をお願いします。」といったら、一瞬わからぬような顔をしたあと、「あっ、とれTELですね。」と言われた。今度はこちらが一瞬わからず、えっ思ったが、そうか同じシステムとなっているんだなと合点した。指定席券を発券してもらったあと、この区間(新名古屋−美濃太田・名鉄−JRの乗り入れ区間を含む)の乗車券も発券できますか?と訪ねたら、やったことがないからわかりません、現地で買ってもらえますかとの回答。まあ、北アルプスの発券自体が初めてというので、仕方がないかとあっさりあきらめ、現地で購入することにして窓口を出て、子供たちを迎えに志木駅まで向かった。4日振りに再会して、その後、外食を自宅近くのパスタレストランですまし、一旦帰宅した。

インターネットでJR東海の運行状況を確認してみると、なんと19時30分現在で、中央本線(春日井−大曽根間)で大雨のため、一時不通となっている。他の東海地区を見てみると現在は運転再開となっているので、中央本線もそこをとおる頃(明日の朝)までには、まず開通しているだろうと楽観的になる。21時26分の電車に乗るため、21時過ぎに自宅を出る。いつものように川越経由で大宮に向かう。ここから、長野行新幹線最終の「あさま535号」に乗車。席はほぼ満席である。さすがにお盆時期である。軽井沢で約半分になって、次の佐久平で30%ほどに。そこで、このあとの予定に不安をよぎらせる出来事が起きた。それは..その佐久平で下車しようとしていたディズニーランド帰りの親子連れが私の斜め前に座っていたのだが、そのうちの一番小さな子(小学3年生くらい)が直前まで寝ていた。それを起こそうとコップに水筒からに入っていた飲み物を入れて飲ませようとしたところ、寝ぼけていたのか(当然だけど)、思わずコップを落としてしまい、中身がこぼれてしまった。それが私のところまで飛んできて、少しだけどバッグが濡れてしまった。ああ嫌な予感...このあと何もなければ良いんだけど..

が、その予感は当たってしまった。まずは小さなことから。長野駅に無事到着したあと、乗ってきた列車の写真でも撮ろうかと思ったら、事前に充電したはずなのにカメラの電池が電池切れの表示が出て、1枚も撮れず仕舞いだった。まあ、長野だったらまた来ることもあるだろうと諦め、7分接続の夜行急行「ちくま」に乗換。23時55分定刻に出発。こちらは、約60%の程の乗車率である。発車直後は順調に走ったものの、最初の停車駅の篠ノ井を過ぎたあと、止まるはずもない隣の「稲荷山駅」で運転停車。10分も止まったあと、すれがったのは、ちくまと同じ383系の列車であった。むむ、なんであの車両がこの時間にと不審に思い時刻表を見てみると、ナンと22時には長野に到着している「しなの31号」に間違いない。車両基地への回送かとも思ったが、乗客が乗っていたのが見えたため、「しなの」であることは確かである。となると、今は0時30分なので、2時間半も遅れている。まあ、結構な時間不通になっていれば、影響も出るかなという程度に思い、これからの行程を楽しみにして、外を見たり、ちょっとうたた寝を繰り返していた。

次の停車駅の「聖高原」では約7分遅れまで短縮。篠ノ井−松本間の山間部での振り子状態を堪能する。ちなみに、この急行「ちくま」は特急「しなの」と同じ383系振り子型特急車両で運用しており、ちょっとお得な列車である。松本、塩尻停車で、座席はほぼ満席となって、名古屋へと山を下っていく。遅れは、松本駅での停車時間で吸収し、定刻に塩尻を発車している。2時33分の木曽福島停車は夢の中で気がつかず、次に目が覚めたのは、3時半頃の中津川での運転停車の時であった。トイレに行きたくなったのだが、隣には、塩尻から乗ってきた大柄な男性が気持ちよさそうに寝ている。が、これ以上我慢をするのも体によくないと思い、すいませんと小さく声をかけ、通してもらった。このとき、時と場合によっては窓側の席を指定予約するのも善し悪しだなと思った。夜間なので外もほとんど見えないし...

383系振子型電車、夜行急行「ちくま号」 「ちくま」車内。長野出発時は6割程度の乗車率。 篠ノ井駅にて。駅名標撮影。深夜のため、看板のみが、煌々と光っていた。
 ★いよいよ波乱の幕開け..

4時頃、中津川を発車し、昨晩不通になっていた春日井−大曽根間を無事通過した模様である。あとは名古屋に5時に停車して岐阜まで1駅。いよいよ名鉄乗り旅の始まりだ!と出発を待っていると、気がつけば4分遅れている。ふと窓の外を見るとかなりの雨が降っている。そして隣のホームを覗くとその向こうに綺麗な列車が見えた。なんだろう?と行き先をみれば、出雲市とあった。よく見れば「サンライズ出雲」であった。えっなんでここにと、また時刻表を見てみると、本来ならこの時間には姫路あたりまで進んでいなければならないのではないか..姫路までは約3時間かかるので、すでにその分遅れている計算になる。6時までは車内放送もなく情報がまったくわからない。せめてもこういう事態の時くらいはアナウンスして欲しいものである。

6時半を過ぎても出発する気配がなかったので、車掌さんに状況を訊きにいった。が、そこでも今後の状況がまったくわからないとのことで、名鉄も止まっているとのことだったので、仕方なしに座席に戻る。隣に座っていた大柄な男性と話をし、時間をつぶす。どうやら、彼は山梨から大阪に帰省する大学生であった。急ぐ旅ではないが、午後に友達と会う約束をしているらしい。そうこうしているうちに、6時近くになり、車内放送が再開された。しかし、運転再開の目処はたっていないとの情報だけで、進展はない。6時15分に再び放送があったが、名古屋始発の新幹線は通常通り運行しているので、急いでいる方はそちらを利用してくださいとのこと。ただし、特急料金は別途必要になるらしいので、当然誰も乗り換えようとはしない。続いて、6時40分頃に再び放送が..「特例が出ました。今度の名古屋始発6時50分発のひかり175号にちくまの急行券のみでご乗車できます。ご利用の方はお急ぎください。」。待ってました!とばかりにほとんどの人が荷物を慌ててまとめ、乗り換えをする。新幹線改札口では、キップのチェックもせずそのまま通過。すでにデッキまで一杯になった「ひかり175号」に乗車した。ちなみにこの列車には、サンライズ出雲の乗客も乗車している。

雨の中、定刻に発車。およそ10分強で岐阜羽島に到着。私はここで降りた。しなので隣に座った彼にホームから一礼したあと、改札に向かう。そこで、しなのからの振替で来たのですが..と言ったら、「お客さん、東海道線は6時30分に復旧したんだけど? 振替はこの前のこだまが指定されてたはずだけどね。なんで、別に特急券の料金をいただきますよ。」と言われたので、思わずむっとなってしまい、そんなはずはないんで名古屋駅に確認してほしいと伝えたら、「一応確認するから、ちょっと待ってね。規則なんでね。」と国鉄時代の悪い風習を思い起こさせる対応であった。電話で確認をした際に、結果的には名古屋駅が間違った放送をしたんだということで、一応振替OKとなったが、申し訳ないの一言もなかったとのに非常に腹が立った。それと、川越から岐阜までの乗車券を無効にしてもらって記念に取っておこうと思ったのだが、それも却下された。まあ、考えてみればここ岐阜羽島で降りたのは私1人だったので、余計疑われたのかも知れないが..

釈然としないまま改札を出て、隣接された名鉄羽島線の新羽島駅に向かう。ここから岐阜に出る予定に急遽変更である。しかし、すでに7時過ぎ。予定では6時の岐阜駅前発の電車に乗車としているため、ここから岐阜までいくのをあわせると1時間半くらいの遅れである。これでは、谷汲・揖斐線乗車のあとに、11時30分に新名古屋まで戻って「北アルプス」に乗車は不可能である。また予定を組むのに必要な細かな時刻がまったくわからない。ただ嫌な想いまでしてここまで来て、指定を取ってある北アルプス乗車のために名古屋まで戻るのは自分的には納得できない。時間も相当余るだろうし..手元の予定表で、所要時間だけを計算してみて、谷汲線だけは先に乗車できるかも..と淡い期待をして、キップを買うことにした。ここからは名鉄三昧の予定なので、3・3・SUN フリーきっぷを購入し、ホームへ。

300系ひかり、博多行。急遽、振替で乗れることになり、満足したのだが..ちなみに上の写真、ドクターイエローじゃないですよ(笑) 岐阜羽島駅にて。早朝のせいか、ホームに人影はない。 名鉄羽島線の新羽島駅。ここの駅で、フリーキップが買えるとは思わなかった。それほど小さい駅。
 ★まずは、竹鼻線から..

幸い10分ほどで、笠松行きの電車があったので、それに乗り込む。なんせ時刻がまったくわからないのは辛い。発車してしばらくして、ここまで来たのだから、竹鼻線の大須駅まで往復することに決め、羽島市役所前で乗換。接続はまあまあ良く、45分ほどで大須往復ができた。大須ではトイレに寄ったのと写真を3枚ほど撮っただけで3分で折り返しとなった。でも廃止4路線の1つを完乗出来たことには間違いない。再び羽島市役所前に戻り、今度はいよいよ谷汲線乗車に向け、新岐阜へを足を進める。途中の柳津で珍しい光景に出会った。それは、この駅に到着前に車掌が3両編成の真ん中(私の乗った車両)に来てドアのところで待機している。なんだろうと思ったら、駅に着く直前に鍵でドア横の装置の蓋を開け、そこでドアを開けた。それから、外に出てまず後部の確認をして、またドア開閉装置で後だけのドアをしめ、今度は前側を確認して、前側を閉めた。へぇと思ったがここのホームは急カーブの途中にあるため、一番後の車両からでは安全確認が出来ないためであった。よく考えられたものである。感心、感心。

名鉄3100系普通笠松行き。3両編成で運転。車内はガラガラ。 名鉄1800系普通大須行き。意外にも特急に増結運用される車両が走っていた。 大須駅にて。時間の都合上、3分で折り返ししなければならなかった。
 ★待望の谷汲線へ..

さて、笠松から急行に乗り換え、1駅で新岐阜に到着。ここで目にしたものは..隣に名鉄の看板車である「パノラマスーパー」が止まっていたのだが、その先頭車両部にホースを持った人が。何をしているのかと思えば、車両の清掃をしているのであった。この光景はいろんなところで見られた。(名鉄に乗られている方は当然のこととお思いだろうが..) またまた、感心であった。

新岐阜からは、名鉄岐阜市内線に乗換。ここのキップ売り場で、名鉄の時刻表がないか訊いたが、もらえたのは新岐阜駅前駅のポケット時刻表であった。これではプラン変更の資料としては使えなかったが記念用にとありがたくいただいた。みれば、ちょうどあと5分ほどで黒野行き谷汲線接続の電車が来る。これはラッキーと急いで駅前に出て、乗り場を探した。ちょうど信号のところに名鉄の職員さんが記念キップなどを売っていたので、谷汲を往復して11時半ごろまでに新名古屋に戻れるかどうか訊いてみたが、結構時間がかかるからねとの回答で参考にならなかった。もうこれはいくしかないと再度心に誓い(大げさ?) それから乗り場はどこかと訪ねたら、「そこですよ。」と指さしたのは道路の真ん中にある安全地帯。初めての経験(都電でもホームがあるところでしか乗ったことがなかったので)だったため、ちょっと驚いてしまった。ロープ1本で、すぐ後には路線バスやトラックが走っている状況である。またこの時点では鉄らしい人は誰もいない。ちょっと寂しい気がした。

少しして、「i−mode」とラッピング塗装された小さな路面電車がやってきた。3・3・SUNキップを見せ、席に着く。混雑する道路の真ん中をひた走る姿に感動。忠節から専用軌道になり、スピードが増す。黒野到着が9時41分。意外に時間がかかってしまった。残り2時間果たして間に合うか..北アルプスに乗るためには11時11分新岐阜発の特急に乗れればOKなのだが..

新岐阜到着後、清掃されている「名鉄1000系パノラマスーパー」結局今回は乗る機会なし.. てっきり、逢わなかったと思ったはずの名車「名鉄510系」、と思ったら、違っていたみたい。(^_^;)
「570系574」でした。忠節駅引き込み線にて。
こちらは現在市内線メインの「名鉄780系」、忠節駅にて。

黒野で待望の谷汲線に乗り換える。2分接続と先を急ぐ私には好都合である。ここで初対面した真っ赤な名車「名鉄750系751」に乗車。油敷きの床に、古めかしい運転席が懐かしさを感じさせる。走り出したあとも、普通の電車のガタンゴトンのリズムとは異なった、ガタンタン・ガタンタンといった音も非常にいい感じ。車体の左右の揺れの激しさも、普段なら不快に思うところが、この電車に限っては一生懸命走っているという感じで実にけなげに思えてしまう。前半の田園風景からうって変わって後半の山の中を走るところなども変化に富んで好感が持てる路線である。車内が満員で思うように写真も撮れないのではないかと思ったが、今日は見納めに来た鉄関連の方々も思った以上に少なく、車内は座席が全て埋まるくらいであった。ホーム横の桜の木が印象的である「更地駅」を過ぎると、山あいを走るようになり、右手に揖斐川の支流の根尾川の流れを見ると、じきに北野畑駅に到着。ここは谷汲線唯一の交換設備のある駅である。赤石、長瀬をすぎて、10時06分終点谷汲駅に到着した。

 ★いよいよ運命のとき..(大げさ?)

谷汲でしばらくたたずんでいたかったのだが、先の予定があるため、折り返しの列車に乗る。本当だったら、またゆっくりと来たいのだが、それも叶わない。一旦駅を出て、駅舎の写真を数枚撮って、後ろ髪を引かれる思いで谷汲をあとにした。北野畑で、突如すれ違いがあった。といってもビックリしたのは私だけで、みんなは知っていたに違いないが..当初、増発のある時間帯に乗車する予定ではなかったので、頭の中にすれ違いの場面は想定していなかったのであった。慌てて、すれ違った「754」の写真を撮り、ホッと一息つく。

たった20分あまりの乗車ではあったが、行きは結構長く感じた。が、帰りはあっという間に黒野に戻って来てしまった感じである。ここから本来は揖斐線で本揖斐を往復するつもりだったが、北アルプス乗車という使命?があるので、新岐阜に向かう。好都合なことに5分の待ち合わせである。市内線直通の急行ということなので、かすかな期待と望みをもって10時45分初の列車に乗り込む。さあ、あと25分で着けるのか..途中、さすがに夜行の疲れのせいか、うとうととしてしまった。気がつくと11時15分。残念なことに、電車はまだ走っている。ということは、新名古屋発の下り北アルプス号には乗れない..急行といっても所要時間はさほど普通と変わらなかったのであった。周りの人たちにもわかってしまうほどの大きなため息をつき、ようやく着いた新岐阜駅前で下車する。

待望のご対面!名鉄の名車「750系」、黒野駅にて。 750の車内風景。意外にも空いていました。 一見わからないが、踏切の向こう左手に小さなホームが..更地駅発車直後。
神社の鳥居を思い起こさせる赤い柱が印象的な、「谷汲駅」。 後ろ髪を引かれる思いで、谷汲駅を発つ。 北野畑ですれ違った臨時列車の「754」。
 ★再び、黒野へ..

名鉄が掲載されている時刻表を持って来ておらず、このあとの予定が立てられないため、まず本屋を探す。が、JR岐阜方面に向かうも見あたらない。仕方なしに、JTBの営業所があったので、そこで訊いてみた。と親切に「池田書店」という大きめな本屋があるのでそこへ行ってみたらと教えられた。いま来た道をまた戻り、少し歩くとその本屋は簡単に見つかった。手早く、NATT(名古屋・東海圏時刻表)を買い込み、時間的にお昼になったので、食事をしながら、このあとの計画を練り直すことにする。また新岐阜駅に戻り、駅ビルになっている新岐阜百貨店の5Fにある、名前を忘れてしまったが、ラーメン屋さんで、とんこつラーメンを食べた。味は正直普通の味であった。

そこでNATTを開いて検討した結果、さきほどそのまま乗らずに来てしまった、揖斐線の廃止予定区間の本揖斐まで往復することにして、その後、八百津線に乗り、JR美濃太田まで行けば、上りの北アルプス号に乗車できることがわかった。実は、黒野を出た瞬間にもう本揖斐には行けないという気持ちでいたのだが、指定席を確保してある下り北アルプスに乗れなくなったことで、また黒野まで40分かけてでも本揖斐まで行こうと決めた。そうとなれば、急がなければ。ラーメン屋さんを出て、外に出てみるとなんとどしゃ降りの雨が..荷物が多いため、使いたくなかった折り畳み傘を出す。ほどなく黒野行き直通の急行がやってきた。ドアが開くタイミングをみて、傘を持ったままそのまま走った。席に座ると、食後の時間ということもあり、爆睡してしまった。気がつくと黒野直前で、すぐに乗換となる。

今度は、名鉄「755」に乗って、3駅で「本揖斐駅」に到着。途中、一時小やみになっていたが大雨となる。でも本揖斐に着くと同時に、なんとかやんだ。非常に不安定な天気であった。ここでも駅舎の写真だけを撮り、折り返しで黒野に戻り、新岐阜駅前で下車。黒野まで結局2往復したのだが、その間一番印象に残ったことは、乗用車、トラック、バスなどの横をギリギリで通過している場面が何度もあったのだが、路面電車区間ではどんな気持ちで運転しているのかなということである。車と違い、横に避けることができないため、バス以上に気を遣って運転しているだろうから、きっとストレスがたまってるに違いないと思う。余計なお世話かな..

本揖斐までは「755」が運んでくれた。隣には市内線の「780系」、その隣には「754」の姿が..黒野駅にて 途中、雨足が強くなる。写真では見にくいですが.. こちらは揖斐線終点の「本揖斐駅」
1日目の14時24分までの記録.. 後半につづく。