関東の駅百選第4回スタンプラリーの旅−その2

タイムテーブル

日付: 2001年6月3日(日)
出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 備考
みずほ台 10:37 東武東上線・準急 11:02 池袋 −−−
池袋 11:30 西武池袋・秩父線
特急ちちぶ17号
12:49

西武秩父

西武10407

西武秩父

 

徒歩
 

秩父

 

秩父

13:26 秩父鉄道
13:49 三峰口 秩父鉄道1002
三峰口 14:03 秩父鉄道 15:37 寄居 牽引C58363
秩父鉄道客車111 
寄居 15:58 東武東上線・特急 16:44 川越市 東武モハ12641
川越市 16:48 東武東上線・準急 17:07 みずほ台 東武サハ8762

青字は、関東の駅百選に選定された駅。
赤字は、今回のスタンプラリーの対象駅。

6月3日、スタンプラリー2駅目の「西武秩父駅」を目指す。秩父まで行くなら、秩父鉄道で運行されているC58パレオエクスプレスにも合わせて乗車してくるプランを立てた。ただし、もしSL乗車整理券が買えなければ、もうひとつ「成田エクスプレス」を使って「成田空港駅」に行くことも考えていた。当日の朝、秩父鉄道の電話予約センターに電話をしてみたが、残念ながら、土・日・祝日はお休みだった。そこで秩父駅に問い合わせて、状況を確認してみると、まだ余裕があるとのことで駅で購入してくださいとのことである。ただ今から向かうと乗車の約30分前くらいになり、果たして空席があるのかどうか疑問ではあったが...

予定どおり、秩父に向かうことにして、自宅を出て駅に向かう。天気はまずまずで駅まで歩くうち多少汗もかくくらいである。池袋までは座ることができず、今回初の母親なしでの参加となる次男には、ちょっとつらいスタートである。「次は座れるから頑張れ」と励ましながら、約30分で、池袋到着。ここで西武池袋線に乗りかえる。ここから西武秩父までは、有料特急の「ちちぶ号」に乗るため、座席は確保できる。大人1枚、子供1枚のきっぷを買って改札を通る。次に特急券+座席指定券を買いに向かう。今回は前回の失敗を生かし連続して3枚を購入。席は横1列となった。このあと、お菓子、ジュース等を買って特急専用の改札をくぐろうとした時に、また失敗に気づいた。

指定席の列車で席を確保するには、子供きっぷのいらない幼児もきっぷが必要であったのだ。改札口に戻り、事情を説明してきっぷを買い足して、再入場した。買ったこどもキップを次男に手渡すと、いつもは手ぶらでそのまま駅に入るため、うれしいのとどうしたらいいのかとわからないようでちょっととまどい気味である。その点は長男がすべてきちんと教えてくれていたので、ちょっと安心である。

さて、発車10分くらい前になったので、専用改札を通り、車内整備が終わったばかりの列車に乗り込んだ。車両は、先日本川越まで乗ったニューレッドアロー西武10000系。長男はすでにかって知ったる口調でトイレの場所とかを説明している。発車間際になっても車内は満席にはならず、90%ほど。ちょっと中途半端な時間帯ということだろうか..

子どもたちを左側のA・B席に座らせ、通路を挟んでC席に座る。定刻の11時30分に出発。入間市までは市街地の中を進む。入間市を過ぎると乗客は減り、3割程度になってしまった。本来は観光特急の意味合いから「ちちぶ号」と名を付けているのだろうけども、観光地までに行くまでにこんな状態では...そんなこんなで飯能に到着。そこでは残り20名程度に..

飯能を過ぎると山間部にさしかかる。合わせてここから単線になる。それから速度も途端に落ちてきた。窓の外は新緑を過ぎてやや深緑になった木々が目に優しい。ただ、このあたりは檜の林が多いみたいで、暗いところも結構ある。高麗川を何度も渡りながら、吾野、西吾野と通過し、正丸駅に着く。ここで、上りの特急列車待ちで運転停車をした。予備知識がなかったため、ちょっと意外だったが、単線では当然あり得ることであった。長らく座りっぱなしであったため、子供たちは空席の目立つ車内をあっち行ったり、こっち行ったりし始めた。カーブが多く左右に揺れるため、危ないから座ってなさいというものの、「あっ、おしっこ行ってくる」とかなんだかんだ理由を付けて、歩き回っている。まあ、他の乗客に迷惑になっていないから、そのまま小さな冒険を楽しませた。

池袋から、1時間20分で終点の「西武秩父」に到着。ホームにおり、秩父鉄道に乗り換えるため、改札に向かう。おっと、今日の主題であるスタンプを忘れるところだった。スタンプは駅構内にあるのであった。改札に向かおうとしている子供たちを呼び止め、スタンプを押させてから、きっぷを手渡し、今度は外に出る。列車はさほど混んでいなかったが、駅の外にはかなりの人がいた。スタンプを押した駅では、駅舎の写真も撮っておこうと、タクシープールの端まで行って、1枚シャッターを切る。

さて、ここからは秩父鉄道の「御花畑」駅が最寄りになるのだが、今回はSLの整理券を確保するため、秩父駅まで行かなければならない。小さな子どもを連れているため、一瞬タクシーで行こうかと思案したが、徒歩で移動することに。この決断が悪夢のはじまりであった...

アーケードの中を通っていくのだが、最初におみやげを買って置こうと、改札すぐの店に立ち寄る。あまり時間もないため、昼食の代わりになる「おだんご」とおみやげを買う。精算の時に秩父駅までの所要時間を確認したら、子どもの足でも20分はかからないとの回答であった。そのため、途中で写真を撮りながら、秩父駅へと向かう。御花畑駅に近づくと、次男がトイレに行きたいとのこと。駅の横にある公衆便所で用を足させたが、ここで小さなアクシデントが..

用を足してる最中に、方向が悪くズボンに大量にかかってしまい、お漏らし同様になってしまった。幸い天気が良く暖かかったので、日向を歩いて乾かすように言って、先を急ぐ。あと20分位あるので、楽勝と思って、再度時刻を確認すると..え〜!13時36分と思いこんでいたのが、10分勘違いしており、残り時間が10分だったのだ。距離にして700m程なので、大人の足であれば、早足で充分間に合うが、幼稚園児にはかなりきつい距離である。急いで歩くように声をかけ、先を急ぐ。残り5分になっても駅が現れる様子はない。地図を見るとあと300m位ある。そこに来て、交差点を渡らなければならず、直前で赤に..1秒でも惜しい時になんていうことか。といっても、信号無視はできないため、いらだちながら、青になるのを待つ。

変わったと同時に駆け足で、急ぐ。天気がいいため汗が出始め、またのどがカラカラになってくる。次男の手を引き、励ましながら、必死に走る。ようやく駅のロータリーが見え、キップ売り場へ急ぐ。残りすでに2分!もう、三峰口行きの電車がやってくる。売り場で、SL整理券と乗車券を買い、すぐ脇の改札を通ろうとした時に、駅員さんが、「SLはまだあと1時間くらいあるので、改札は待ってください」との言葉。それに対し、「すいません、三峰口から乗車するんですが..」と言ったら、「それじゃあ急いでください、もう電車が来ていますので。」

見れば、すでに到着しており、発車を待つばかりになっていた。ここで、乗り遅れたら、途中駅からの乗車となり、SL乗車で席が確保出来ない可能性が高い。(このときはそう思っていた。) ここからは階段を下って上り返さないといけない。階段のところまで次男の手を引きながら走って、後の長男の様子を見たときに、駅員さんの姿が見えた。改札を出てきて、「急いで〜」と声をかけてくれている。なんとしてでも乗らないとと思い、階段をかけ降りる。ベルはならないが、すでに発車時刻を回ってしまった。今度は上りが待っている。最後は次男を引きずるように(足が地に着かない状態)して、ホームに上がった。息絶え絶えに電車に乗り込み、なんとか間に合った。すると乗った瞬間にドアが閉まった。

幸いすいており、ドア横のロングシートに腰掛ける。ホッと一息ついたところで、ふと頭にさっきの駅員さんの姿が目に浮かんだ。発車時刻を回ってもまだ出発しなかったのは、改札から飛び出してきた時に、運転手さんにまだお客がいるからちょっと出発を待ってくれといったのかも知れないと思った。その証拠に乗り込んだ直後にドアが閉まってすぐに発車したのだと思う。駅員さんの気遣いに感謝しなければ..都会の電車ではこういうことはまずないことなので、なんかすごくうれしくなった。心温まる出来事であった。(もしかしたら、思い違いかも知れないが..)

秩父を出て、しばらくすると、さすがに疲れたのか、2人とも寝てしまった。たった20分くらいなので、すぐに起こさなければならないのが辛い。私が時間を勘違いしなければ、またタクシーに乗っていれば、こんな目に遭わずにすんだのに..特に次男には相当辛かったに違いない。これからがメインのSL乗車なのに..(反省ひとしきりである)

関東の駅百選に選ばれた「西武秩父駅」。斜めになった屋根が印象的。 西武秩父駅から御花畑駅に向かう途中。駅から続く、「西武秩父仲見世通り。カメラを構える長男の姿が.. 今回のメイン、C58363「パレオエクスプレス」とのご対面。三峰口駅にて。

電車は時刻どおり、終点三峰口に到着した。ここで、すでに入線している初めてのSLとご対面である。と、思うのもつかの間、ここから先の乗車券を買わないとならないため、一度改札を出る。発車まで約10分しかなく、またもや急いでキップを買い、カラカラになったのどを潤すためにジュースを買って、再びホームへと戻る。パレオエクスプレスは座席指定ではないため、焦って、発車ホームへ向かう。すると、4両編成のうち、2両目まではほぼ満席(BOXレベル)で、3・4両目はガラガラに空いていたのであった。ちょっと意外である。2両目の後の方で席を確保し、C58との記念写真を撮りに行く。数枚撮ったあと、子どもたちが先に席に戻るといったので、先に行かせてから、しばらく写真撮影に夢中になっていると、改札のあるホームから、駅員さんが「乗車するんでしたら、発車の時刻ですから急いでくださ〜い。」と大声で直接言われてしまった。またもや時刻の勘違いであった。あやうく、声をかけられなければ、子ども達だけを乗せて出発されてしまうところだった。危ない危ない。今日2度目のトホホである..

慌てて席に戻ると案の定、車内放送があったのか、心配そうな顔をして、待っていた。特に長男は2度目の置いてけぼりにされるところだったから、なおさらであった。子供たちに謝って、席に座ると同時に出発だ。大きく汽笛を鳴らし、ゆっくりと進んでいく。電車では味わえない感覚である。さっそく、外は暑かったが、窓を全開にしてちょっとだけ顔を出しながら、景色を楽しむ。子どもたちは、周りを見ながらあーだこーだと言って騒いでいるが、私は前方にカメラを向け、何とか蒸気機関車を撮ろうと試みる。それがなかなか良いカーブがなく、はっきりと機関車を撮せない。

数分走ると当然スピードを緩めた。信号待ちかとも思ったが、そんなに運転間隔が詰まっているはずもない。何かと思ったら、前方の線路脇に数名のカメラマンがしきりにシャッターを切っている姿が見えた。すると、大きく汽笛を鳴らし、ファンサービスをした。カメラマン達はお辞儀をして、列車を見送っている。何かほのぼのとした光景である。スゴく気持ちが良くなった。

今度は、武州日野駅を過ぎたあたりで、荒川の支流を渡る鉄橋を越える。かなりの高さがあり、抜群の景観である。下の河原でこちらに向かって大きく手を振っている人が見えた。風向きのせいで、先頭の機関車の煙が霧のように鉄橋上に広がっている。

綺麗に手入れされた「パレオエクスプレス」の顔。 間もなく、出発の時。運転士さんの確認作業中。 緑鮮やかな景色の中をのんびり走る。今日だけは特別に、窓から顔を出してもOK。

約30分ほど経って、ようやく「御花畑駅」に到着。ここまではノンストップで来ているが、通常の電車だと約20分ほどしかかからないので、普通(各駅停車)よりも遅い、快速である。この駅で3割ほどのお客が降りていった。たった30分の乗車の人もいるんだと思ったが、東京に帰るにはここからが一番近いので、納得。しかし、次に停車する秩父駅で、また大勢乗車してきて、満席になった。

市街地の中を抜け、また田畑が広がってくるとほどなく荒川と併走するところがある。進行方向左側に陣取っていれば、なかなかいい眺めであろう。残念なことに車窓に関しては事前調査しなかったので、右側に座ってしまったため、これは体験できなかった。

ほどなく皆野に到着、続いて長瀞である。ここまで、約1時間ちょいといったところで、子供たちはそろそろ飽きてきた様子。ここで、約8分間の停車。特に列車すれ違いの様子はないため、休憩タイムといった感じで、途中の秩父から乗車してきたお客さんは、蒸気機関車の記念写真を撮っている。また長瀞といえば、荒川のライン下りが有名なのだが列車からは見えない。

しばらくの停車後、さらに先へ進む。樋口という駅を過ぎたあたりから、左に山が迫り、ちょっとした山岳列車の気分。またすぐ横には国道140号線が走っており、そちらは大渋滞になっている。渋滞には無縁の鉄道はこういうときには便利である。のろのろ運転の車の横を、時々汽笛を鳴らしながら、ゆっくりと走り抜けていく。車の中から、手を振ってる人もいて、なんだか格別な気分になった。

みかんの栽培の北限である波久礼を過ぎて、国道と離れると間もなく、C58パレオエキスプレスともお別れ、下車駅の寄居に到着。列車自体はこのあと終点熊谷に向かうのであるが、ここで半数位の人が降りていく。寄居でもしばらく停車し、その間、機関車の石炭入れを子どもたちに披露してくれた。たくさんの人達が機関車付近に集まったため、ちょっと目を離したすきに次男の姿が見えなくなった。これはまずいと思い、長男に次男はどこに行ったか訊いたが、わからないと言う。また悪夢の再来かと思いきや、慌てている姿に気がついたのか、目の前の女の人がこの子ですかと、言ったので、見てみるとうちの子であった。実は抱っこして機関車を見せてくれていたのである。一瞬ひやりとしたが、親切にしてくれていたので、お礼をいった。

その後、出発の時間になり、長い汽笛の爆音(ホント鼓膜が破れそうなくらいな大きな音)を轟かせ、ゆっくりと出発していった。

さて、ここからは、東武東上線に乗換である。今回は東上線唯一の特急に乗って川越市で乗り継ぎ、自宅のありみずほ台へと向かう。以前であれば、特急には愛称がついていたが、いつしか愛称がなくなり、本数も1日1往復となってしまった。東武の本線(伊勢崎・日光線)では、専用車両100系(スペーシア)が用いられ、きぬ・けごん等の愛称で親しまれている特急があるたけに、東上線との差が大きいのには、沿線住民としてはちょっと不満である。それはさておき、16時前に寄居を出て、約1時間、通勤型の車両8000系に乗って、無地帰宅した。車内ではもちろん疲れのせいで、私を含め3人とも爆睡状態であった。

関東の駅百選第4回スタンプラリーの旅−その2
SLパレオエクスプレス乗車の巻、終わり。

只今のスタンプGET駅: 2駅