関東の駅百選第4回スタンプラリーの旅−その1

新宿駅 編

タイムテーブル

日付: 2001年5月20日(日)
出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 備考
みずほ台 17:22 東武東上線 17:48 池袋 クハ8635
池袋 17:56 JR山手線 18:04

新宿

モハ204−54

新宿

 

徒歩  

西武新宿

 

西武新宿

19:10 西武新宿線
特急小江戸31号
19:55 本川越 西武10209
本川越   徒歩   川越市  
川越市 20:26 東武東上線 20:40 みずほ台 営団7702

青字は、関東の駅百選に選定された駅。
赤字は、今回のスタンプラリーの対象駅。

今日は関東の駅百選の第4回スタンプラリーに参加のため、まずはスタンプ帖をもらいに八高線「明覚駅」にいくことにした。午前中は仕事の宿題の片付けに専念し、午後は買い物に行ったかみさんの帰宅を待ってから出かけることになった。そのためあまり時間がないので、今日はスタンプ帖をもらうだけにして、ついでに未乗の東武越生線と明覚から寄居まで出てそこから寄居−川越間の走破で一挙に東上線完乗をもくろむ。

すでにスタンプラリーが始まってから1ヶ月近く経ってしまっているので、念のために、スタンプ帖があるかどうか電話で確認しようとインターネットで電話番号を探す。が、検索サーチで試してもなかなか見つからない。明覚駅があったとしても所在地だけで電話番号の記載はなかった。JR東日本のページにはあるだろうと見てみるが、こちらにも残念ながら一覧はなかった。

仕方なしに新宿駅のお客様相談室の番号があったのでそこにかけてみる。そこで、明覚駅の番号が聞ければいいやと思っていたところ親切にも電話で問い合わせてくれたのだった。その結果、明覚にはおいていないことが判明...#ここまで書いて気がついたのだが、実は明覚駅は今回の対象駅ではなかった..トホホ。この記載は5月27日、1週間まるまる気がつかなかったことになる。下手すれば、2駅目のスタンプをもらいに行くとこだった。セーフセーフ。(笑)

てなことで、スタンプラリーは長男・次男と私の3人でやるつもりであったが、初日の今日は次男が風邪のため、2人で新宿に向かった。みずほ台から、東武東上線で池袋へ。私は普段から使う「パスネット」を使用したが、長男は小学生になったので、「こども」きっぷが必要になる。自分用のきっぷが持てることがうれしいらしく、自販機から出てきたきっぷを奪い取るようにして、自動改札に向かいきっぷを通す。再び出てきたきっぷを手に取り、すごく満足そうな顔をしていた。

17時22分に準急電車が来て、30分ほどで池袋に着いた。日曜日の夕方とあって、さすがに混んでいる。迷子にならないようにしっかりと手をつなぎ、JRホームへと向かう。池袋からは山手線で新宿へ。スタンプ帳は駅の改札の外にある「緑の窓口」に置いてあるのだが、その前に、新宿と言えば、特急「(スーパー)あずさ」であるため、一目みようと、中央本線ホームへ向かう。階段下まで行ってみたものの、臨時改札をおこなっていたため、ホームはあきらめる。そのまま、緑の窓口に行こうとしたが、ここまで来たら、ちょっとでもいいから見なければ気が済まなくなった。そこで、改札手前のホームへ上がろうとちょっと長い通路を歩いて、階段にさしかかったところで、大きなトランクを持った女性から声をかけられた。

「すいません、ホームにいる駅員さんを呼んできてもらえますか?」って。えっ感じで返事をしたあと、振り返ると荷物が重いらしくホームまで上げるのに苦労をしていたらしい。後で考えてみたら、自分が一緒に持ってあげれば良かったものの、その時は言われた言葉どおり、階段を駆け上がり、ホームにいた駅員さんを呼んだ。駅員さんいわく「この列車に乗るの?」、そう言った顔は、ちょっと迷惑そうな感じだったが、階段を駆け下り、荷物を一緒に持って登ってきた。ちょうどその時、特急「成田エクスプレス」が入線していた。その時はわからなかったが、私が声をかけたのは駅員さんではなく、実はその列車に乗務していた車掌さんだったのだ。発車のベルを押すのに、ホームに立っていたのであった。どおりで、一瞬渋い顔をしたはずだった。列車はその女性を乗せるとすぐに発車していった。

ドアがしまったその時、思い出したように、息子に「写真、写真」と声をかけた。私もカメラを持っていたが、どうも都心の駅では、勇気を出せず、子どもを使ってしまった。息子にしてみればそんなこととは思いもせず、「そうか、そうだった」と走り去っていく列車の写真をなんとか撮って、またもや満足そうである。

ホームに上がった途端253系特急「成田エキスプレス」が..。 183系回送列車。おそらく普段わかしお、さざなみで運用されている車両であろう。(車番から推測) 何故か「ATC」の標識を撮影。
上記3枚とも、息子が撮影。

隣のホーム(中央本線)をみると、そこには、183系の回送列車が..息子がそれをみて思わず口に出したのは、「あっ〜白鳥!」って大きな声で叫んでいた。鉄仲間にはわかるだろうが、まわりはすべて一般の方。わかってくれている人はいないだろうなと思いつつ、「あれは色と形はほとんど同じだけど、さざなみか、わかしおかな」と苦笑しながら解説しておいた。やはり、息子にとっても「白鳥」に乗ったインパクトは大きかったようである。鉄分補給良好!そのあとに撮った写真が上に掲載しておいたが、「ATC」の標識。これは電車でGO!の影響である。(笑)

本命のE351系「スーパーあずさ」は、1時間近くあとの出発なので、ここには現れないことがわかり、今日の命題のスタンプラリーの「スタンプ帳」をもらいに、東口の緑の窓口へと急ぐ。スタンプ自体はあったものの、スタンプ帳は置いていない。仕方なしに、列にならび、窓口で聞くことにした。せっかく列に並んだのだから、何も買わないのはなぁ〜と、またいつもの訳の解らぬ論法で、そこに宣伝されていた「総武・中央線103系さよなら列車」のイオカードをついつい購入。こうして記念カードが増えていくのである。

さて無事にスタンプ帳をGETし、帰途につくことにした。さあ、ここからどう帰るか思案のしどころである。家を出る時間自体が遅かったので、すでに18時を回っている。このまま来たとおりに帰るのが一番時間がかからないのだが、昔から往復よりも周回コースを選んできた私の習性で、今回もはじめに決めていたとおりに、西武新宿線経由で川越回りで帰宅することにした。地下から地上に出てみると、さすがに日曜日の18時過ぎなので、新宿駅東口はまだまだ大勢の人たちであふれている。駅に向かう人たちの流れに逆らい、歌舞伎町方面へ。子連れのため、歌舞伎町自体は通らず、靖国通り手前あたりで、地下通路へ。そこから西武新宿駅へと向かった。

特急「小江戸号」、西武新宿駅にて。 ニューレッドアロー(NRA)のロゴマーク。 ちょっとオシャレぽい、本川越駅の改札口。乗降客が少ないのか、通路は2つだけ。

西武新宿駅に着くと、案内板に「特急小江戸号」の文字が..すかさず、それに乗ることに決め、満席間近のため、まずは指定席券を購入に向かう。ちなみにこの列車は全席指定席である。ところが、初めての西武線特急券自販機のため、買い方を間違えてしまった。はじめに大人1枚を買ってから、次に子供きっぷを買ったため、席がバラバラになってしまった。「こりゃいかん」とのことで、駅員さんに言って払い戻しをしてもらった。気を取り直し、再度連続して購入。今度こそは、2号車6番C、D席の隣同士の席を確保。席がとれたので、たった45分間の乗車だが、リクライニングシートとなれば、旅行気分を少しでも演出するためにジュースを購入。それから、写真をまたまた子どもに撮らせて、乗車となった。この間約10分。席に座り、ようやく落ち着いた。

西武新宿を出ると、次は所沢。外はすでに日が落ち、ほとんど何も見えなかったが、途中で何本もの電車を追い抜いていく。普段乗る「東武東上線」では、この情景は味わえない。その感覚が気に入ったらしく、子どもは喜んでいる。家に帰るのに、なんかこれから旅に出るような雰囲気であった。

30分弱で所沢に到着。なんとここで約8割方が降りてしまった。所沢までは指定席料金が350円である。運賃も同じ350円であるので、2倍の料金を出して利用する人が結構いるということだ。今日は休日のため、ラッシュということはないのだが、平日のラッシュ時であれば、ギュウギュウの電車を横目に、ビール片手に帰宅というのは、さぞかし気分がいいだろう。350円払ってもたまには乗りたい気持ちは良くわかる。30分に1本もこのような電車が走っているなんて、なんてうらやましい...東武でも伊勢崎線だけじゃなく、我が東上線にも走らせてほしい。お願い東武鉄道さん!#地元駅は止まらず、池袋から来るとその前の特急停車駅はないので、きっと乗ることはないのだろうけど...

「小江戸号」は残り僅かの人達を乗せ、続いて、狭山市に停車。ここで私たちが乗っている車両は2組を残し、みんな下車してしまった。狭山市を出た直後、子どもがトイレへ行った。初めての電車なので、一緒についていく。トイレはJR特急と同じように、男性用のトイレもついている。たった45分だけの運用ではもったいない設備である。(西武には秩父に向かう「ちちぶ号」もあるので、そっちでの用途を考えての設計であろうけど。)

トイレから戻るとほどなく終点の本川越である。ここでホームに降り立ったのは、全部で20名程度。またここでも寂しい情景に出くわしてしまった。ホームで写真を撮ってから、東武線に乗り換えるため、改札に向かう。川越プリンスホテルとつながっているこの駅は、そのせいか、とても綺麗であった。この本川越駅と東武東上線の駅は接続されていない。改札を抜けてから、閉店間近のショッピングモールである「ぺぺ」をとおり、外に出る。ここから、一番近い「川越市駅」へ行くのも約5分ほどかかる。休日のため、ほとんど人通りもない。小江戸川越の中心である川越駅への道は店が両サイドにひしめく賑やかな場所をとおるのだが、川越市駅へは、商店街など何もない寂しいところを道を歩き、川越市駅へ。

駅に着いたら、出かける前に言付けられた、買い物をするため、駅前のローソンに入った。ここに車ですっかり忘れていたのだった。危うく、また自分の好きなことばっかりやってちっとも役に立たないと言われるところだった。セーフ! そこで、パンやお菓子を買ってから、始発の電車に乗る。ここから15分ほどで、地元みずほ台に到着。スタンプ帳をもらって、スタンプ1ヶ押し、特急電車に乗って通常40分で帰れるところを、1時間半かけて、スタンプラリー初日は無事終了!

スタンプラリー初日「新宿駅」への旅、終わり。

只今のスタンプGET駅: 1駅