JR南武線完乗の巻

タイムテーブル

日付 出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 備考
5月12日(土)
麹町 18:29 営団有楽町線 18:35 有楽町 営団7928
有楽町 18:41 JR京浜東北線 19:03

川崎

サハ208−56

川崎

19:07

JR南武線 20:00

立川

クハ204−100

立川

20:05 JR青梅線 20:17 拝島 モハ200−208
拝島 20:23 JR八高線 20:56 高麗川 クハ200−99
高麗川 21:15 JR川越線 21:37 川越 モハ208−3003
川越 21:39 東武東上線 21:44 ふじみ野 東武サハ8979
ふじみ野 21:47 21:52 みずほ台 東武サハ8999

5月12日(土)、1ヶ月振りにSGBHTの第6弾を敢行。ここ最近ちょっとお疲れ気味なので、そのまま帰ろうかとも思ったが、今後のことを考えるとここで乗らなきゃ次はいつ?状態であったため、いつものように行き当たりばったりで出発するのであった。というのも、今月から土曜日のお休みが1日増えて月平均1回の土曜日出勤体制になったのである。したがって、土曜日ごとに開催していたSGBHTも月1回になってしまう。そんな訳で、今日も営団地下鉄有楽町線麹町駅へと向かった。

さていつものように、どこを通って帰るかだが、東京の西方面がまだ手つかずなので、そっち方面にすることにした。G.W中に鶴見線から南武支線に乗っているので、その延長の南武線に乗ることにした。そうと決まれば、またもや普段帰る方とは反対に乗って有楽町へ。いつも持ち歩いているイオカードでホームへあがると、まだ電車が来るまで少し時間がある。ボ〜として待っているとちょうど視線の先に新幹線の線路が見え、新大阪行きの300系「ひかり」が通過していった。300系といえば、元々は「のぞみ」で華々しくデビューした車両である。時代の波とはいえ、何とはなしに悲しい気分になった。と感傷に浸ってる間もなく、京浜東北線のブルーのラインを纏ったステンレス車両の209系が到着。川崎へと向かう。

田町の車両基地を通過する際に、留置線に今度は185系、それも185−1が..これは特急「踊り子」でデビューした最初の車両では..そのあと、まもなく東京駅に回送となる「サンライズ瀬戸・出雲」が待機しているのを見ながら、すっかり暗くなった都会の中を進んでいく。さすがに土曜とはいえ、買い物帰りの人などが多く、結局、川崎までドア横に立ったままであった。

ここで、今日のお目当ての南武線に乗換え。当然車両は通勤型の205系。待ち時間がほとんどなくすぐに発車。こちらもかなりの乗客がいて、座ることはできなかった。川崎を出ると次が南武支線分岐の尻手。乗換のアナウンスによると20分後の接続のようである。ここではそんなに乗降はなかった。南武線は、南北に走っているため都心から放射状に伸びている各私鉄との連絡駅が多い。武蔵小杉で東急東横線、武蔵溝の口で田園都市線、登戸で小田急本線、稲田堤で京王多摩センター線、分倍河原で京王本線といった具合である。

尻手を出て、しばらくは地上を走る。川崎付近は工場地帯といったイメージが強かったが、あたりは住宅街だろうか、なんの変哲もない景色が続く(実際には暗くてよく見えなかっただけかも)。鹿島田に着く手前で新川崎駅の場所の目安になる高層ビルである「パークシティ新川崎」が見えた。南武線には新川崎という駅はないので、ここが一番近いのかと思っていたら、やはり、JR新川崎駅乗換の文字があった。同じJR線なのに接続駅がないというのも、なんとかならなかったものかと思う。しかし、ここで接続しても出られるのは、品川・横浜と川崎から東海道線に乗れば済むと考えれば、それはそうかと、自分で納得する私であった。

いろいろ考えているうちに、最初の私鉄接続駅である、武蔵小杉に到着。案の定、ホームにはたくさんの人が待っている。そのため、電車は平日のラッシュに近いくらいに..ホントの平日はもの凄いことになってしまうのでは?と思うほどの状況になった。次の接続駅の武蔵溝の口までに徐々にすいてくるが、またそこで大勢乗ってくる。その次の登戸までも同じ状況となる。土曜日だから、きっと座れるだろうと思ったのは甘かった。結局、座れたのは、稲田堤から。このあたりまで来ると、いわゆる乗車率は座席がすべて埋まっているので約50%ほど。仕事帰りの私は、ここからしばらく寝ることにした。外もあまりよく見えないし..

気がつくと、府中本町に到着していた。ここは武蔵野線の乗換駅である。それに乗れば、ここから自宅に帰るには最短距離、最短時間となる。誘惑に負けず、そのまま立川まで向かう。途中の谷保駅の近くには、幼い頃に過ごした富士見台団地がある。写真に頼らなければ、ほとんど記憶には残ってはいないが、やはり特別な気持ちになる。すでに30年ほど経過しているので、写真に写っている景色はすでにないだろう..

ほとなく、立川に着いた。さてここからのルートはどうするか?とりあえず、八王子から八高線に乗って高麗川、川越経由で帰ることにし、中央線の下りホームへと向かう。階段を降り、ホームで時刻を確認すると、行き先表示板に、武蔵五日市と並んで「高麗川」の文字が..中央線には、青梅や武蔵五日市行きがあることは知っていたが、高麗川行きがあるとは知らなかったので、思わず乗り込んでしまった。八高線に中央快速のオレンジ色の電車が走るなんて..現在は電化区間は緑色基調の電車が基本の八高線だが、電化前のキハ40の薄汚れたオレンジ色を思い起こさせた。

この電車は、10両編成のため、前6両が武蔵五日市、後4両が高麗川行きになる。通勤帰りに切り離しが見れるなんて、ちょっと得した気分である。立川を出ると青梅線に入り、拝島へ。乗車は60%ほど。中神、昭島でかなりの下車があり、拝島では座席に余裕が出た。ここから、八高線に乗り入れするのだが、私の乗った車両は武蔵五日市行きとなるため、ホームにおり、後に向かった。2〜3両分歩くと、係員が連結部に入って操作している姿が見えた。ほんの数秒で作業は終わり、「切り離しのため、後寄り4両のドアを一旦閉めます」とアナウンスがある。車内を見ていると、慌てている人がいた。乗り間違えたと思ったのだろうか?ドアが再び開くと急いで降りていった。

先に武蔵五日市行きが発車し、その後2分ほどして、高麗川行きの電車が出発。渡り線を通って、八高線の単線区間へ移動していく。次の東福生で列車交換。箱根ヶ崎を過ぎると、まわりに畑が広がりはじめた。(というか、明かりが遠くの方にしか見えなくなくなっていた) 東飯能では6分もの待ち合わせをして、終点高麗川に到着。ここでは19分の接続となる。待ち合わせの間、自販機で缶コーヒーを買いベンチに座りながら待つ。すると15分川越行きの2分後に出る高崎行きの気動車、キハ110系が先に入線してきた。ディーゼルのエンジン音を轟かせながら(ホントにそういう感じの大きな音)待機しているが、まわりが静かなせいか、余計にそう思ったのかも知れない。高崎行きには、新宿あたりの電器屋で買ったのか、大きなコンポの段ボールを持った青年と、ヘッドホンをして音楽を聴いている女の子の2名が乗っているだけ。3両編成のためもう少しお客はいるとは思うが、寂しい感じがした。その青年はどこまで行くのであろうか?窓の縁に缶コーヒーを置いて、なんだか小旅行のようだった。

さて、私が乗る電車は、高麗川発ではなく、八王子からの直通電車である。209系車両が充てられていて、すっかりローカル線といったイメージがなくなって来た。(のどかな景色は変わっていないんだけど..) そこそこのお客さんを乗せてきたが、ここで大半が降りていき、高麗川からは1両に10名程度。乗車率に直すと10%にも満たない..おまけに乗客が少ないせいか車内がちょっと寒い。

高麗川を出た後、209系電車は軽快に走っていく。以前にここで乗った103系3000番台は、国鉄時代に新性能電車といわれる101系(昭和30年代後半に製造)よりも、さらに前に造られた旧型76系という古い電車を改造したものであった。そのため、「ロートル懸命に走る」といった風であったが、それとは雲泥の差がある。そのこともローカル線のイメージ解消に一役買っていると思われる。

何はともあれ、川越までたどり着いた。ここからは、いつもの東武東上線に乗って無事帰宅したのであった。今日の乗車距離は108.2km、所要時間3時間23分(過去最長)、運賃1,170円のミニミニ旅である。

南武線完乗の巻、終わり・。