JR鶴見線各支線乗車の巻

タイムテーブル

日付: 2001年5月4日(金)
出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 備考
蒔田 8:00 横浜市営地下鉄 8:12 横浜 市営3384
横浜 8:15 JR京浜東北線 8:25

鶴見

クハ208−20

鶴見

8:40

JR鶴見線 8:51

海芝浦

クモハ103−69

海芝浦

9:15 JR鶴見支線 9:19 浅野 クハ103−576
浅野 9:27 JR鶴見線 9:37 扇町 クハ103−565
扇町 9:40 9:57 鶴見 クモハ103−51
鶴見 10:11 JR京浜東北線 10:22 横浜 サハ209−148
横浜 11:08 横浜市営地下鉄 11:17 岸根公園 市営2152
岸根公園 11:17 11:39 蒔田 市営1038
1日目    2日目

5月4日(金)、今日はかみさんの実家横浜から鶴見線乗車を目指す。昨日、時刻を確認するためにJR時刻表(大判)を購入。なんといっても朝夕のみしか走らない大川駅があるため、そこに標準を合わせなければならないためである。さて朝何時に乗れば行けるかを確認しようと思い、鶴見線のページをめくったところ、困ったことに初電・終電しか掲載されておらず、かつ休日ダイヤの記載もない。以前に見た記憶をたどり、たしか8:30頃が午前の部の最終と見込んで、市営地下鉄蒔田駅を8:00に出発。(実は、余裕を持って早く起きようとしたが寝坊した..(^^;))

横浜で京浜東北線に乗り換え、鶴見駅へ。階段を上がり、いざ、鶴見線ホームへと向かう。ここは全駅無人駅で自動改札がないため、イオカードは使えないらしい。そのため一旦改札を出ることにした。発車時刻が確認できていないため、とにかく急いで切符を購入する。とりあえず210円区間を買ってみた。再びホームへ向かって、駅時刻表を見てみると、えっ〜!大川行きは7分前に出たばかりだった。まさにトホホである。8:20の便を逃すと次は夕方までないのである。

そのあとすぐに扇町行きが出るのであるが、落胆が大きく乗る気になれなかった。さらに10分経過して、クリアできるところまでは行ってみようと気持ちを切り替えて、海芝浦行きが出るので、それに乗った。車両はついこの前まで国電の主力車両であった、なじみ深い103系電車、色は黄色である。鶴見を出るとすぐに東海道本線をまたぐ。国道駅をとおり、続いて鶴見川を渡り、鶴見小野、弁天橋に停車し、武蔵白石方面と分岐する浅野についた。浅野までは住宅も混じっていて乗降も多いが、浅野までくると車内には10名程度になった。まわりを見渡すと工場しか見えなくなっていた。右手には「NKK鶴見製作所」がある。ここから、右に大きくカーブし海芝浦へ向かう。ほどなく終点海芝浦に到着。ここは「東芝」の社員以外の下車はできない特殊な駅である。目の前には、首都高速湾岸線の鶴見つばさ橋が見える。その右手には、横浜ベイブリッジがかすかに望めた。20分ほど運河を通る船などを見ながら、時間を潰す。

海芝浦駅に到着。左手は東芝の事業所。 首都高速「鶴見つばさ橋」が
間近。
工場の後に、かすかに 「横浜ベイブリッジ」が望める。
海芝浦駅は、関東駅百選に認定されている。ちょっと意外.. ホームのすぐ右横は海(運河)。 架線の上を高圧電線が走る独特の風景。分岐点である浅野駅横踏切から安善駅方面を望む。

折り返しは、9:15発。4分で浅野まで戻り、ここから扇町へと進む。乗り換えは線路を踏み切りで渡る形になっている。10分待ちで扇町行きに乗り込む。車内は座席が3割程度埋まる感じで、あったが2駅先の武蔵白石でほとんどが下車してしまった。つぎの浜川崎で最後尾には私一人になった。他の車両には鉄ちゃん親子(海芝浦でも一緒)ともう一グループのみ。

ほどなく、終点扇町到着。写真を2枚撮っただけで、折り返し発車の時間がくる。仕方なしに急いで電車に乗り込む。そうこの後は10:30まで1時間以上も間隔が開いてしまうのだ。まさに都会のローカル線である。まわりには石油タンクや大きな工場(昭和電工・三菱石油など)が林立するだけで無機質な世界が広がっているだけ。それでも今日は休日なので人気、トラックの往来も少なく、よりいっそう寂しさだけが強調されている。ただ人だらけの観光地よりも静かでいいとは思ったが...(これも乗り鉄趣味のせいだろうけども(笑))

帰りは、南武支線を経て川崎へ出る方法もあったが、また来ることになる時の楽しみにしておいて、そのまま鶴見へと戻る。時間が10時と早かったため、横浜で関東圏の私鉄、JRの時刻を網羅した「MATT関東圏時刻表5月号」(八峰出版)を買って、次回の再訪問に備えることにした。が、横浜駅はまさにG.Wの真っ只中という状態でものすごい混雑である。数分前の鶴見線とのギャップに面食らいながらも、JRのおねえさんが販売中の特設のカード売り場を見つけ、昨年行った横浜ズーラシア(動物園)と横浜駅限定の横浜物語2枚の計3枚をGETした。これで満足し今日の失敗も気持ち的には帳消しである。(^^;)

その後も、地下鉄の中で一生懸命車両番号を控えて最近買ったJornadaに打ち込んだりしていて、反対方面に乗ったのも気づかず、途中であわてて飛び降りるといったハプニングもあったが、無事に出発駅の蒔田に戻った。

鶴見線初乗車の旅、1日目終わり。

                                               2日目へ続く