ゆりかもめ完乗とその他もろもろの乗車の巻

タイムテーブル

日付 出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 備考
4月7日(土)
麹町 20:05 営団有楽町線 20:22 新木場 営団7422
新木場 20:28 東京臨海高速鉄道
 りんかい線
20:38

天王洲アイル

東京臨海高速鉄道
70−039
70−031

天王洲アイル

20:42

20:48

国際展示場前

国際展示場前

徒歩 有明
有明 20:55 ゆりかもめ 21:18 新橋 ゆりかもめ7156
新橋 21:37 都営浅草線 21:41 三田 都営5320−3
三田 21:50 都営三田線 21:52 白金高輪 都営6305−7
白金高輪 21:57 営団南北線 22:01 目黒 営団9715
目黒 22:06 22:18 永田町 営団9720
永田町 22:21 営団有楽町線 22:55 和光市 営団7906
和光市

23:03

東武東上線 23:14

みずほ台

東武8280

4月7日(土)、恒例のSGBHTの第5弾実行の日となった。今日は予定どおり、ゆりかもめ・東京臨海高速鉄道りんかい線の完乗を目指す。

まずは営団有楽町線で、新木場へ。これで有楽町線も完乗となる。(いつもお世話になっているのについでで申し訳ない..) 予想通りの東京ディズニーランド帰りの人が多くいる中、ちょっと寂しげな「りんかい線」に乗り換える。いつものことだが、乗った電車は、1両独り占め状態である。4両編成で全部で3名乗車で出発。1週間前に開通したばかりの天王洲アイルへ。次の東雲駅では1人の乗り降りもなく、国際展示場前で数名乗車。イベントがあるときと比較にならないほど、静かで優雅な気分を味わえる。(いまもってこの車両には2名のみ)

フジテレビのお膝元の東京テレポート駅では、20名ほど乗り込み、ようやくちょっと活気が出てきた。これも天王洲アイルまでの延伸の効果であろう。今後大崎駅まで延びたときにはもっと乗車率があがるであろう。やっぱり住民が少ない終着駅を持つ盲腸線よりはいろいろな人に利用してもらえるということである。新木場から約10分で天王洲アイルに到着。ここで折り返して、今度はゆりかもめに乗車のため、国際展示場前まで戻る。

ここで降りたのは私1人。ビックサイトでのさまざまなイベントの広告があったが、この時間ではやっているはずもなく、当然の結果。ここでの乗換は、一度改札を出て、ゆりかもめの発着する有明駅へと向かうが、あまり誘導の看板がなく、暗〜い夜では有明がどこにあるのか一瞬わからなかった。それもそのはずで、私が思っていたのは、高架線だから地上2階あたりの駅は?と探していたためで、有明駅は、それよりもずっと高いところにあった。ざっと見て3〜4Fあたりであろうか。

駅に近づくと、長いエスカレーターがあり、そこが乗換のための通路になっているのだが、下りしか動いていない。えっなんで、まさか終電後?そんなことはないよな〜と思いつつ、エスカレーターを歩いて登ろうとした途端、いきなり、上りエスカレーターが動き始めた。よく見ると自動運転と書いてある。ゆりかもめは電車だけでなく、ここまで自動であった。もっとも、ほとんど乗降のない時間帯なので、節電に貢献しており、とてもいいことだと思った。

さて、有明駅から最近移転したばかりの新橋駅へと向かう。この時間でも約5分間隔で運転されており、待ち時間なく乗り込めた。こんな状況なので、今度は1電車で私だけのまさに貸し切りである。当然、一番先頭の展望席?に座り、定刻の20時55分に有明を出発した。ゆりかもめは新交通システムであるが、遊園地の乗り物(ゴーカートの大きいやつ)といった感じ。運転手はいないのだが、ライトがついていたのにはちょっと驚いた。次の国際展示場正門で4名ほど乗車があり、残念ながら貸し切りは1駅で終わってしまった。青海で10名、テレコムセンターで2〜3名乗ってきたが、そのほとんどがカップルと親子連れ。私のような目的でそれも展望席に陣取っているのは、ちょっと悪い気がしたが、普段ではなかなか味わえないので、あきらめてもらう。(1人席だしまあいっかということもあったが..)

台場、お台場海浜公園で今までにないくらいの乗車があり、さすが観光&ショッピングスポットだと思わせる。あっという間にほぼ満席で立ち客も出るほどの状況で、ゆりかもめ最大の名所?レインボーブリッジへ。大観覧車やフジテレビ、お台場のショッピングスポットの夜景を眺めながら、橋を渡り、ループ線?を通り、未開業の汐留駅を過ぎるとまもなく終点新橋駅に到着。以前に乗ったときは、300mもの連絡通路を通って乗らなければならなかったので、なんて不便な乗り物といったイメージであったが、移転後の今日はまったく苦にならなかった。

今回はここからどうするかを決めていない。家に帰るためにはJRで有楽町に出るのが一番早いが、ここまで来てそれではちょっと寂しいかなと思い、目黒に出て、南北線未乗車の永田町までをつぶすことに決めた。JR山手線でいこうと、改札までいったところ、乗換案内に銀座線の文字が..ここのところ、営団線乗車に集中していたため、パスネットを常時持っている。JRでは別途きっぷが必要なので、それじゃ銀座線経由で目黒までと、営団の改札に向かう。はじめにJRに乗ろうと烏森口にいったため、銀座線乗換ができる汐留口までガード沿いを歩く。C11の静態保存されている駅前広場からJR改札前を通り、営団きっぷ売り場まで来た。どういうルートで目黒までいこうかと路線図を見てみたが、溜池山王で南北線のルートしか採れず、その後に永田町まで行くことを考えるとほとんどの区間が重複してしまう。ちょっと考えたあと、新橋には都営浅草線も接続していることに気がつき、浅草線→三田線→目黒で行けば、重複は最小限で済む。浅草線、三田線とも記録上まったくの未乗車線なので、ちょうどいい。今度都営新橋駅を目指す。その途中、ゆりかもめ乗換口前を再び通ったため、意味もなく新橋駅を1周してしまった。

新橋からは、浅草線で2駅、三田線で1駅、南北線で2駅と小刻みに乗り換えしてようやく目黒に到着。はじめに乗った浅草線では、京急直通羽田空港行きの急行に乗車した。ここでも盲腸線の悲しさを垣間見てしまった。乗った次の電車も京急直通の特急久里浜行きで、乗換線のない西馬込までいく電車は泉岳寺から再度乗り換えるパターンがほとんどのようであり、大多数が京急へと乗り入れていく。私は、その手前の三田で都営三田線に乗換する。三田駅は東急線乗り入れに伴い、ホームゲートが設置されており、安全対策が施されている。9分乗換で来たのが隣の白金高輪止まり。それに乗って今度は南北線を5分待ち、4分で目黒にようやく到着。新橋から24分かかった計算になり、JR山手線経由の1.5倍の所要時間がかかってしまった。(ちょっと後悔?)

さあ、あとは折り返し南北線で永田町まで戻り、有楽町線で和光市まで、東上線でみずほ台と、第4弾に比べ、ほぼ倍の3時間かけてミニツアーが終了した。

ゆりかもめ完乗とその他もろもろの巻、終わり・。