開通間もない、埼玉高速鉄道初乗車の巻

タイムテーブル

日付 出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 備考
3月31日(土)
麹町 21:27 営団有楽町線 21:31 飯田橋 東武モハ9951
飯田橋 21:35 営団南北線 21:55

赤羽岩淵

埼玉高速鉄道
2605

赤羽岩淵

21:57

埼玉高速鉄道 22:15

浦和美園

浦和美園

22:22 埼玉高速鉄道 22:25 東川口 埼玉高速鉄道
2705
東川口 22:35 JR武蔵野線 22:52 北朝霞 モハ103−374
北朝霞 徒歩 朝霞台
朝霞台 22:58 東武東上線 23:04 みずほ台 東武8986

3月31日(土)21時半近くに、月末のおきまりの忙しい業務を終え、恒例のささやかなミニ旅?(帰宅(^^;))に出る。今日のルートは、前回のように迷わず、即決めである。「埼玉高速鉄道」が3日前に開通したばかりなのだ。ちょうど、埼玉方面に向かうので、所要時間も少な目で済むだろうと目論んでの選択である。

まず、埼玉高速鉄道は営団南北線から直通しているので、飯田橋へ向かう。飯田橋での乗換は簡単である。エレベーターで上の階へ上がり、すぐ右にあるエスカレーターを降りれば、南北線のホームに着く。4分の待ち時間で、浦和美園駅行きの直通電車が到着した。来た車両は、埼玉高速鉄道2000系車両であった。見た目の印象は営団車両とあまり変わらない。乗った感じもほぼ同じ。土曜日のこの時間帯の割には、比較的混んでおり、座席は満席で、立ち客も多少いるほど。

飯田橋を出たら、後楽園、東大前と停車し、まずは南北線終点の赤羽岩淵を目指す。もちろんこの区間は初乗車となる。駒込、王子神谷でかなり下車していき、赤羽岩淵に着いたときには、大半がおりて20名程度になってしまった。

さてここから埼玉高速鉄道線に入る。最初に川口元郷に停車したが、南北線の駅と大きく異なっていることが1つある。それは、ホームドアの形状である。南北線は、前面ガラスで覆われていたのに対し、こちらは、1m位の高さまで、ゲートがあり、その上にはガラスがないものになっている。また、ホーム全体の造りもやや簡素な感じである。大江戸線、南北線に比べ、建設費用を大幅に押さえたのであろうか?(そもそも、埼玉高速鉄道は新設路線であり、ドル箱路線などを持っていないため、費用を抑えるのは当然であろう。)

川口元郷を過ぎ、車内はさらに空いていく。南鳩ヶ谷、鳩ヶ谷と停車した後は、半数が降りてしまい、JR武蔵野線との接続駅では、私以外の人はすべて下車してしまった。やはりこの路線沿線の鳩ヶ谷市は、埼玉県の最南部に位置しながら、通勤用の鉄道がなく、長らく「陸の孤島」などと、喜ばしからぬ呼び方をされていたこともあり、住民の方々にとっては、待望の鉄道だったに違いない。電車は東川口で、ほとんどのお客さんをおろして、終点、浦和美園駅に到着。飯田橋から40分かかったことになる。日中ならまだしも、22時を過ぎた今日はたったの7〜8名の利用者のみとまたちょっと寂しい状況であった。

浦和美園駅で一旦下車し、先に降りた人がエレベーターに乗ろうとしていたので、私もあとに従った。最近の駅には、必ずといっていいほど、エレベーターが完備されており、利用者の利便性をはかっていることは、いいことである。(私が利用している東武東上線では和光市にあるが、身障者用であるため、気軽に利用することはできないが..) エレベーターを降りたあと、改札に向かう。そのまま折り返してもいいのだが(これってキセル?)、「開通記念パスネット」を求めようとしたため、一度改札を出た。がしかし、1千円のものはすでに完売とのこと。3,5千円のものがあったが、使用しないで記念として持つものに、3千円は出すことができず、ここでの購入はあきらめた。駅の印象は、まずゆとりのある設計になっており、コンコースともいえる大きな構内である。もっともこの駅は、サッカーのワールドカップが行われる、「埼玉スタジアム2002」の最寄り駅であり、その需要を見込んでの規模となっている。

ひととおり、駅を眺めたら、早速、折り返しで、東川口へ。帰りは、来たときよりも利用者がなく、南北線白銀高輪行きの電車には、私を含めてたったの3名の乗車である。さながら、ローカル路線の様相だった。(施設はもちろんすべて新設なんだけど) 地上に設置されている浦和美園駅を出るとすぐに地下に入り、3分で東川口に着いた。乗換の途中、改札でさっき買い損ねた「記念パスネット」の1千円分(沿線の埼玉スタジアム2002、川口市立グリーンセンターの絵柄)を購入して、JR武蔵野線に乗換をする。ここも他と同じ、一旦地上に出てから、50m位歩いてJR線のきっぷ売り場となる。

3月末にもかかわらず、日中に雪まで降るという極寒の状況で、武蔵野線の高架ホームに立つのはちょっと辛い。5分ほど寒さに耐えながら、やってきた103系電車に乗った。この路線はいつ乗ってもTDL(東京ディズニーランド)帰りのお客さんが多い。私は、ミニ旅といっても所詮会社帰りの身。うらやましい限りである。北朝霞までは、約20分弱で着いて、東武東上線に乗換。自宅のある、みずほ台に戻った。今回は過去3回合わせて、一番所要時間が最も少ない1時間40分となった。

今回初乗車した「埼玉高速鉄道」であるが、浦和東部、とりわけ鳩ヶ谷に鉄道が通った意義は大きい。過去、1936年(昭和11年)には、川口の神根駅(現在の新井宿あたり)まで武州鉄道が延びていたが、この路線は、経営難でこれ以上東京方面には伸長することができず、北の岩槻・蓮田でそれぞれ東武野田線、東北本線と接続していただけにとどまっていた。今回の埼玉高速鉄道の開業は、いわば初の上京路線といったものになる。しかしながら、私の率直な感想として、運賃設定がかなり高いのはいただけないと思う。(赤羽岩淵−浦和美園間、14.6kmで460円と高価な設定)
どこの新会社による開業でも、概ね運賃高めの現状ではあるが、このままでは今後の利用客の伸び悩みを懸念せざるを得ない。急な値下げは難しいとしても、利用状況によっては、値下げできるよう努力してもらいたいものである。(沿線住民に代わってのお願いです..(*^_^*) )

埼玉高速鉄道初乗車の巻、終わり・。