都営大江戸線完乗の巻

タイムテーブル

日付 出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 備考
3月24日(土) 麹町 22:01 営団有楽町線 22:02 永田町 営団7021
永田町 22:07 営団南北線 22:14 飯田橋 営団2609
飯田橋 22:21 都営大江戸線(下り) 23:28

光が丘

都営12−321

光が丘

23:30

都営大江戸線(上り) 23:36

練馬

都営12−165
練馬

23:44

西武有楽町線 23:49

小竹向原

西武6855

小竹向原

0:01

営団有楽町線 0:13

和光市

営団7523

和光市

0:14

営団有楽町線 0:26

みずほ台

東武15661

3月24日(土)、第3回SGBHTを敢行した。仕事が遅くなり、22時に出発となってしまったが、決めたことは絶対的に無理でなければやると、という訳のわからぬ信念?もとに、駅に向かう。今回はコースを決めることもできない状態で出てきてしまったので、またスタートから悩んだ。結果、安直に「大江戸線完乗に向けて、少しでも乗っておこうと、前回行けなかった「森下−六本木−都庁前」区間をまずは目指す。問題の森下までのルートは、最短の都営新宿線を使わずに、永田町から南北線で飯田橋に行き、そこで大江戸線に乗り込むことにした。南北線は過去に乗ったことはあるが、記録がないため、今回が初乗車扱いとなる。

麹町で有楽町線に乗り、1駅で下車。永田町で南北線ホームに向かう。途中、動く歩道(水平エスカレーター)があり、その上も歩いて、なにせ時間がないため急いでホームへ。南北線は、ご存じのとおり、ホームドアを採用しており、いつもと違った雰囲気が漂う。5分ほどで、電車が来て、飯田橋まで3駅乗車する。飯田橋からは、大江戸線に乗り換えだが、結構時間がかかる。それは、接続しているとはいっても、5線が交差(地下鉄のみ)するため、最新路線は、一番深いところにあるためだ。エスカレーター、階段を駆使し、改札にたどり着く。パスネット利用のため、カードを通し、さてホームへと思ったら、これがまた遠い。日比谷駅や永田町から赤坂見附駅ほどではもちろんないが、時間的に歩いている人がおらず、なんだがやたら遠く感じたといった方がいいかもしれない。改札をとおり、まっすぐ進むと、ややカーブしている歩道が続く。ここはガラス張りのような両側の壁に蛍光灯を埋め込んであり、美術館のような印象だ。何となく幻想的な空間を抜け、ホームへとたどり着く。

列車案内の電光表示板を見ると、今度来るのは、光が丘行きで、その前後は途中の清澄白河止まりであった。列車間隔があいている時間帯なので、ちょうどよいタイミングであった。今度もまたがらがらの12系電車に乗り、まずは新宿を目指す。所要時間がはっきり解らず乗ったものだから、状況によっては、新宿でJR、池袋で東武東上線で帰宅ということも考えてのことである。右に左に小さくカーブしながら、森下駅に到着。さてここからが未乗区間だ。2分おきに駅に止まり、六本木まで来たら、車内の状況が大きく変わり始めた。それは、それまで1両に10名いるかいないかの状態が、六本木を境にかなりの乗客があり、新宿でさらに混んで立ち客も出た。この先は、早くから開通していた区間なので、多くの利用客があるのであろう。やがて前回も乗車した、練馬までの区間を走りきり、ちょうど1時間乗車で23時20分頃に到着。ここで、乗換るつもりでいたが、勢いでそのまま乗車し、終点光が丘まで行って、大江戸線を完乗した。ここで時間がなければ、歩いて成増、もしくはタクシーで和光市ということも考えたが、たまたま反対側に上り電車が入線していたため、練馬まで戻り、前回の同じく、小竹向原経由のルートを選択。ここでまたいやなことが、上り西武有楽町線が到着すると、前回のちょっとした悪夢と同じように下り和光市行きの電車が出発していったのであった。10分ほど待って、和光市行きが来て、そこからは接続良く、川越市行きの電車が待ち合わせており、0時26分、無事に地元みずほ台に帰ることができた。

今回感じたことは、都営12系電車や南北線の2000系電車などの新型車両は、ともに座席が堅い仕様になっており、私のように長時間のる人にとっては、いかがなものかということである。が..大江戸線を通常の利用客は通しで乗ることもなく、問題ないのかもしれない。南北線はシートの幅が他の車両同様の幅があるため、問題はないが、大江戸線のような小型車両で幅狭シートではちょっときつく、何度も向きを変えながら、1時間を耐えきった状態であった。

これで、大江戸線を完乗したので、次回の目標は、3月28日に開通する「埼玉高速鉄道線」に乗車か、南北線・三田線の東急乗り入れ部分を乗るかのいずれかにしようと思う。

都営大江戸線完乗の巻、終わり・。