のと鉄道七尾線輪島行き最終乗車の巻

タイムテーブル

日付 出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 備考
3月17日(土) みずほ台 8:08 東武東上線普通 8:20 川越 営団7833
川越 8:35 埼京線快速

8:54

大宮

サハ205−84
大宮

9:16

上越新幹線
たにがわ435号

10:24

越後湯沢

2分遅れ発車・到着

越後湯沢

10:30

特急
はくたか6号

14:09

和倉温泉

金沢まで
クモハ681−507
金沢から
クハ680−508

和倉温泉

14:46

のと鉄道七尾線 15:21

穴水

TN101

穴水

15:26

のと鉄道七尾線 15:55

輪島

2分遅れ発車・到着TN102

輪島

16:10

北陸鉄道バス
<奥能登特急>
17:55

金沢

金沢22き297
金沢

18:22

特急
はくたか19号
20:52

越後湯沢

2分遅れ発車
定刻到着
サハ680−16

越後湯沢

21:03

上越新幹線
あさひ334号
21:54

大宮

200系1000番台
(リニューアル車)
225−1004
大宮 22:00 埼京線快速 22:18

川越

モハ205−389
川越

22:24

東武東上線準急 22:41

みずほ台

東武8973

序章〜当日

3月11日(日)、きっぷ調達のため、恒例の大宮駅のみどりの窓口へいった。今回も企画きっぷのお世話になる。金沢方面のトクトクきっぷ「金沢往復速達きっぷ」を購入。前回のゴーゴー3DAYきっぷほどのお買い得感はないが、安いにこしたことはないのである。(実質7%のコストダウン)

今回の旅行の企画は、非常に苦労したので、レポートに移る前に、まず、そのお話を..
何が苦労をした原因になったかというと、一番は日程にある。この春、長男の小学校入学、次男の幼稚園入園と何かと準備に忙しい合間を縫っての「親父の道楽」である。それでは、悠長に1泊して、のんびり巡る(うちでは1泊でも大旅行扱い)なんてとっても無理な話。そこで、またまた「3月限りで廃止、このあとじゃ乗れない攻撃」をして、なんとか土休を使用してOK?(もらったのかな〜)となった。

時間は24時間。それを大前提にして、スケジュールを組む作業に入った訳だが、これが非常に難しいのであった。まず、能登までは結構遠い。そして、運行本数が少ない路線。なんとか、プラン1を立てたが、それは、朝6時台に出発というもの。これで決まりにしようかと思ったが、日頃の私の行動を考えてみれば、完全却下である。ここ最近、夜遅くまでの仕事のせいもあり、朝がからっきしだめの状態。こんな早い時間じゃ、かみさんの手を借りる訳にもいかないし、と悩んだあげく決めたのが、プラン2である今回実行したものである。

鉄道ファンとしては、ちょっと納得がいかないが、復路に「バス」を組み込んだのである。それも皮肉なことに、廃止になる「輪島線」の帰りをパスして、まさに今後代替えになる「北陸鉄道バス」を利用しようというもの。考えてみれば、こういうことがあるから、鉄道がなくなっても平気といった結論になり、逆にこっちの方が便利じゃん!廃止もやむを得ないか、と思わずにはいられなかった。

結果、出発時間が1時間30分も遅らせることができ、実行可能になった。が、しかし、これには非常に危険が伴うということがはなからわかっている。それは..バスから乗り継ぎ時間が16分しかとれないことであった。でも、「金沢往復速達きっぷ」を使えるその次の列車はなく、もし万が一、渋滞で遅れた場合は、ルート変更をしなければならず、プラス、経由区間外になるため、運賃他で1万円近くの出費となってしまう。列車の遅れは、前回の白鳥+はつかりで存分あじあわせてくれているので、かなりの確率で、ハイ1万円プラスのコースになりかねないのである。

しかしながら、いまさら、先にあんぱいのコースを取るのもしゃくで、一か八かの勝負と決めた。みどりの窓口で、「たにがわ435号の指定券、1枚」と言った瞬間に後には引けなくなった。だがしかし、バスの遅れうんぬんの前に、出発する前からつまずいてしまったのである。それは、「はくたか6号の指定は満席だねぇ。座席数が少ないからねぇ..」 新たな問題?が発生してしまった。1列車最長乗車区間である「はくたか号」ではやくも席取り合戦となるとは..

様々な問題をかかえつつ、今回の旅行の始まりとなった。

3月17日(土)、8時少し前に家を出て、みずほ台駅へと向かう。予定より1本前の電車に乗れ、ちょっと余裕が出たので、川越で用意し忘れた「小型時刻表」を買う。前回使用した2月号は、3月3日の大幅なダイヤ改正で全く使えなくなってしまっていたのに気がつくのが遅かったため、どうしようかと思っていたので、ほっとした。早く着いたが、埼京線川越−大宮間は約15分間隔なので、予定通りの電車となる。大宮駅の新幹線乗換口で、「金沢往復速達きっぷ」を使用開始して、新幹線ホームへと向かう。

今回は、1人旅なので、まだ多少の照れもあり、乗車列車の写真は撮らず、2分遅れて到着した「たにがわ435号」に乗った。実はこのとき大いに迷ったのである。越後湯沢までは約1時間であり、指定は取ってあるものの、次の接続列車のはくたかの指定が取れていないのは、前述のとおり。予定の列車が来る前に、ホームに着いてしばらくすると、臨時「たにがわ85号」が先にホームに入ってきたのである。乗ってしまうべきか否か..これに乗れば所要時間の違いから26分も早く着くことができる。そうすれば、「はくたか」の自由席ももしかしたら窓側に座れるかもしれない..発車のベルが鳴るまで迷ってしまった。ベルが鳴り終わるころ、一度、ドアの近くまで、歩み寄ったが、「指定席を無駄にしてしまう」という前回の野辺地駅の駅員さんの言葉が思い浮かんでしまった。その瞬間、足が止まり、ドアは閉まって、発車していった。(この光景を見ていた周りの人たちはあいつ挙動不審だと思ったことであろう..ああハズカシ) この後、しまった!2分も遅れて来るのであれば、乗っておけばよかったと思ったときは後の祭りであった。

さて、予定の「たにがわ435号」に乗り込んで、席をさがす。1番A席だから、左側窓側と思いこんでいたところ、左はD、E席である。あげくの果てに、右側の座席は、なぜか皆、こちらを向いている。車両後部から乗ったため、進行方向に対して、反対方向である。座席に座って、いざ発車してみるとすごく不自然。なぜかというと、ボックス状にしてあるのなら、まだ解るが、目の前は壁である。しかし、今回は、周りの景色が見えるだけ良しとしておこう。

熊谷、高崎と各駅に停車して、次の上毛高原で、後発のMaxあさひに道を譲るため、4分も停車。急いでいたが、時刻表を見ればあらかじめ解ることなので、自分が選んだのと素直にあきらめた。続いて、越後湯沢に到着。すかさず、列車を降り、小走りに在来線ホームへと急ぐ。ホームに着いたが、そこからまた慌てた。すでに列車は入線していたが、どこの場所が自由席かわからなかったのである。なんとか、自由席車両を見つけ、すぐさま乗り込んだ。そこは6号車で、空いている座席を探すが、案の定、窓側はすべて埋まっている。6号車の終わりにさしかかったところに、30代位のちょっとスリムな女性が1人で座っていたので、隣の空きを確認して、そこに座った。特に意識して女性の隣を選んだわけではなく、他の男性は、なぜか大柄の人が多く、横に座るのも、ちょっと窮屈そうだなといった理由からである。荷物を置いて、買い出しにホームへ降りようと、すぐ後ろの車内ドアを出たところ、なんとそこには、降りるためのドアがない。681系の構造まで知らなかったため、一瞬面食らった。(理由は後で解った) しかたなしに、最前列まで戻り、ホームに降りて、弁当を探したが、発車時刻との兼ね合いで、お得意の缶コーヒー1本だけ買って、すぐに戻った。

「はくたか6号」は定刻10時30分に越後湯沢を発車し、一路、ほくほく線・金沢を経由し、和倉温泉を目指す。六日町を過ぎ、北越急行ほくほく線に入ると、スピードを上げ、長いトンネルをいくつも通過していく。さすがに、上越の山間部だけあって、雪の量が半端じゃなく多い。どこかの案内で見たが4mを越えているようだ。最高速度150kmを誇る681系「はくたか」は、在来線特急で、1番の俊足の持ち主である。次々とトンネルをパスし、直江津を目指す。正直、速すぎて周りの景色もよく見えないほど。(通路側に座ったせいもあるが..)

40分弱で直江津に到着。ここにはほとんど雪の姿は見えない。結構意外だった。さてここからは、海岸線沿いの北陸本線に入る。信越本線を左に見送り、1つトンネルをくぐると、待望の日本海が見えた。あまり天気が良くないせいか、やや寒々とした感じを受けた。直江津を過ぎると、ようやく車内販売が始まり、やはりここは、富山名物の「ますのすし」を購入。木のおけのような容器に入っており、端の方に上下に竹2本づつを使ってふたがしてある。これを外すのがまた難関である。上下2本の竹を太めの輪ゴムで止めているのだが、なかなか外せない。終いには、外した勢いで竹が吹っ飛び、隣の女性に苦笑された。なんとか、ふたを開けてみると、切り込みがなくナイフを使って切りながら食べる始末。ごはんが、底にくっつきやや食べにくかったが、味はやっぱり最高。そんなこんな格闘している最中に親不知付近を通過してしまったため、海岸線の一番のハイライトを見逃してしまった。とほほ..やがて、周りに家々が増え、魚津、富山の順に停車し、越後湯沢から、隣のボックスにいた若者3人がここで下車していった。時間は13時26分、金沢まであと30分少々となった。

能登方面への分岐点、津幡を通過する頃に、列車切り離しのアナウンスがあり、6〜7号車の間が準備のため、通行できなくなるとのこと。どうやら私が乗り込んだ6号車は金沢止まりとなるらしい。後ろの7〜9号車が終点の和倉温泉行きになる。金沢に着いてからの移動では、席の確保(自由席のため)が難しくなると思い、早々に荷物をまとめ、7号車に移動した。幸い、富山で下車した人が多かったためか、結構すいており、難なく窓側をキープできた。隣に誰も座らなかったため、ようやくここから、カメラで撮影を開始できる。家からここまで、1枚も撮っていない寂しい状況だったので、ちょっとほっとした。

金沢に到着し、列車切り離しのため、約5分間の停車。ここで、となりにの人が座席を回転させた。ボックス状にするのかなと思っていたら、その前のシートもさらに回転させている。おや、と一瞬考えて、ふと、ここから進行方向が入れ替わることに気がついた。私もまねてシートを回転させた。左側に座ったつもりが、反対に右側になってしまったが、まあ、この線は左右どちらでも風景は変わらないので良しとする。13時06分に出発。津幡までは、先ほど来た線路を戻り、北陸本線と別れ、七尾線に入った。ここは、単線のため、スピードが落ちた。途中、横山駅で、上りの「サンダーバード28号」と列車交換のため、しばしの運転停車。七尾に停車後、終点の和倉温泉に到着した。

681系
 「はくたか6号」車内
JR七尾線
 横山−羽咋間の車窓
JR和倉温泉駅の駅舎
旅館の迎えのおじさんたちが大勢いたのが印象的

はじめは、七尾で始発の普通列車に乗換をしようかとも思ったが、「はくたか」を途中で下車するのも、何だなといったわけで、終点まで乗ったまでである。たとえ、普通列車で座れなくても、40分ほどで穴水で乗換のため、その間は我慢すればいいと言うことにした。30分ほど時間があったため、駅前を撮影したり、ホームに止まっていた先ほどの「はくたか」や同じく681系の上りの「サンダーバード」を撮ったりして、時間をつぶして過ごした。

681系
 はくたか6号の先頭車
681系(貫通型先頭車)
はくたか6号の先頭車
見慣れないせいか、ちょっと格好悪い!?
のと鉄道TN112形
この車両にはお座敷列車「くつろぎ」の愛称がついている。この日は乗車不可。

14時46分、七尾発穴水行の普通列車が到着、1両目は、団体専用のお座敷列車のため、乗ることができず、2両目と3両目に乗車することになった。ただし、ドアが開くのは、2両目だけだったので、待っている人たちが集ってきた。すると車内も混雑していて、乗り込む人と降りる人がごっちゃになってしまった。下車する人がいなくなったので、乗り込んでみると、混んでいたと思われたのは、ほんのドア付近だけで、3両目は、すいていた。ちょっと人をかき分け、最後尾へと向かう。座席はほぼ満席になっていたので、予定?どおり、立ち乗りとなった。車両は、元国鉄車両の「TN101」で、そこそこ古い車両のようだ。(元形式は、今の私の知識では解らず、今後の宿題とさせていただく。) しばらく流れゆく景色を眺めていたら、ロングシートにいた高校生の女の子が1人下車したので、そこへ座った。右手の車窓に七尾西湾が見え、その向こうに能登島を望む、なかなかいい景色である。(残念ながら写真は撮れず)

しばらく海から離れ、今度は、七尾北湾をひとしきり眺めたら、「次は、終点、穴水。」とアナウンス。続いて、乗換の案内があった。それによると、穴水に到着した列車は、3両編成の先頭車両(お座敷列車)の前に1両連結するので、それに乗車するよう放送があった。その内容を2〜3度繰り返し、最後にわかりにくくてすいませんと言ったのが、印象に残った。ほどなく穴水に到着した。

のと鉄道穴水行きの車内
右手の鉄道ファンと左手の地元女子高生たちが入り交じって車内はほぼ満席。
穴水駅構内にて。
車掌さんの後ろで切り離しが行われた。
お座敷列車「くつろぎ」
ロゴマークの横の車体の錆が寂しげ..

穴水からは、今回の目的であるのと鉄道七尾線の廃止区間(穴水−輪島)となる。放送のとおり、列車前方から単行の列車が現れ、まず、お座敷列車の前に連結。続いて、2、3両目の切り離しにかかるが、ちょっと手間取っている。係りの人が大きな声で、「離れるまで、エンジンはかけるな。よしOK!エンジンかけて〜!」と叫んでいる。その直後、ブル〜ンといった気動車特有のエンジン音が響き、先頭車のドアが開き、乗車ができるようになった。結構混んでいるため、なかなか乗り込めず、約2分遅れての発車となった。

穴水からはたった3駅で輪島となるが、駅間は約20kmで所要時間約30分ほど。まずは運転台の横から、前面展望できるので、そこに陣取った。というか、写真を撮ったりしていて、乗るのが遅くなり、単に座れなかっただけであるが..穴水を出てすぐに、蛸島方面の線路と分岐する。右は存続、左は廃止という、なんだか悲しい分かれ目と感じがしてならなかった。列車は、海を離れ、能登半島の山間部を縦断する。右に左に小さくカーブしながら、どんどん登っていく。が、結構勾配がきついようで、エンジン全開でも30km/hくらいのスピードである。天気があまり良くなく、雨が降り始めた。山の中ということもあるが、ちょっと暗くて、寂しい雰囲気が漂っている。この辺りになってようやく雪が見られ、若干ではあるが積もっている。途中の能登市ノ瀬駅では、雪の中に三脚を立て、じっとこの列車の撮影をしようとしている人もいた。やがて、正面の窓も雨粒で視界が遮られてしまった頃に、終点輪島に到着。駅入線を待ちかまえている数名のカメラのフラッシュが光る。

穴水駅を発車する。 右はこの後も観光路線として活躍し続ける、蛸島線、左が廃止される輪島方面の線路。 代替バスが走る道路と交差する。大型バスでも十分走れる幅員をもつ。

列車から輪島駅のホームへ降り、列車、駅看板、線路などを記念に写した。この線区の印象としては、前回訪れた、青森の大畑線に比べると、ここの住む人々の生活感が感じられた。それほど、地域住民の利用客が多いのである。しかし、絶対人数としては、やはり少なく、もちろんローカル路線であることは否めない。これも大畑線同様に1日10往復程度の運転本数では、もっと頻発しているバスの方が便利である。

さて、今回は、今日中に家に帰らなければならない。したがって、このあと1時間以上待つことはできないため、復路には列車に乗らないで、やむを得ず、その代替え手段である「バス」を選んだ。接続が15分しかないため、10分ばかりで輪島駅を後にした。バスのターミナルは駅のロータリーを挟んで反対側にあった。目の前なので傘をささず、走って建物の中に入った。これからいよいよ今回のポイントであるバスに乗る。次は、金沢発18時20分の「はくたか19号」、越後湯沢行き最終の特急である。また、それに乗れないと、ほうほく線経由はできなくなり、長岡経由で約1万円の出費が待っている。窓口で金沢行きのきっぷを買い、バスの到着を待つ。当然全席指定なので、座れないことはない。気になるのはやはり所要時間である。窓口のおばさんにちょっと訊いてみた。私「通常、金沢までは定刻で行くんですか?」、おばさん「だいたい行きますよ。ただ、到着時刻がラッシュの時間帯だからねぇ〜」とのお答え。心配していた、雪はなく、まあ大丈夫かと思ってはいたが、思わぬ、展開になりそうな予感が..

まるで、バスのような運賃表示板。 この区間を運転するのも、残り僅かな時間... 輪島駅での1コマ。鉄ファンはあまり多くない。

きっぷを買ってから、3分ほどで、大型バスが到着した。意外にも車内には誰も乗っておらず、迷わず、運転席の後ろに座った。座席位置が高いため、結構眺めがよく、気持ちいい。乗客も40数名定員のところが僅か10名ほど。観光の季節ではないため、この程度なのかもしれない。バスは16時10分定刻に輪島を出発。一路、金沢を目指す。しかしこの時点では、どんなルートを通るのか、まったく見当がつかず、不安だらけだったが。(持ってこようと思ってた地図を忘れてきてしまった..) 輪島からはしばらく、のと鉄道に沿って走る。来るときに、横に見えていた道路であった。道はカーブが多いが、車幅が案外広く、また信号がほとんどないため、快調に走っていく。途中、能登三井駅を過ぎた辺りで、踏切で線路を越え、のと鉄道と別れた。

バスはそのあと穴水町の此木から能登道路(有料道路)を経由していくルートをとった。運転席のメーターが見えたので確認してみると90〜100km/hくらいで走行している。実は予定所要時間も2時間弱とこちらの方が鉄道利用よりも早い。途中、パーキングエリアでトイレ休憩をとって、金沢市内に入った。懸念していた渋滞もさほどではなく、なんと、定刻よりも10分も早く金沢駅に着いてしまった。やれやれ..これで予定通りのコースで帰ることができる。早着は鉄道ではあり得ないことで、後半に乗車できるバスストップを設けていない特急バスならではである。

金沢駅は、立派なステーションビルになっており、何とも都会的。ビル内に入り、輪島では時間がなく買うことのできなかったおみやげを買い(ここで買えなければ手ぶらになるところだった)、18時20分発の「はくたか19号」の入線を待った。10分前くらいに681系の電車が入線し、まずは買ったビールと荷物を置いて、少し写真撮影をした。車内に戻るが、予想通り、がらがら状態であった。ここでまた接続の「サンダーバード29号」の遅れのアナウンスがあり、2分遅れで、私を含めて約15名程度の乗客を乗せて、越後湯沢へと向かう。

ほどなく車内販売があったため、ビールのおつまみの牛タンを購入。何故か山形産であったが、これも美味で、すでに日が暮れて真っ暗の風景を眺めながら、ビール片手に2時間半の幸せなひとときを過ごした。またも快速150km/hを味わい、定刻より2分遅れて、越後湯沢駅に到着。最後の仕上げの上越新幹線への乗換をする。乗車した「あさひ334号」も空席が目立ち、本当は3列シートの真ん中のB席であったが、窓側のA席に座らせてもらい、大宮までの50分間の超特急ぶりを堪能した。今回もまた夜間の走行のため、車窓の流れの速さはあまり体験できなかったが、最高の移動手段とさせていただいて納得する。21時54分に大宮到着。いつものように埼京線に乗換えて川越駅へ。今回お世話になった「金沢往復速達きっぷ」の区間外なので精算をする、差額290円を払ったあと、だめもとで、私「このきっぷ、記念にもらいたいので、無効印を押していただきたいのですが..」、駅員さん「本当はだめなんだけどねぇ」といいながら渋々、無効印を押してくれた。(こういう判子があること自体、認められているのでは?と思いつつも、お礼を言って、さらに東武東上線に乗り、自宅のあるみずほ台に戻った。

これで、ここ近々に廃止になる2路線(下北交通、のと鉄道)に乗車を果たせた。ともに、国鉄から引き受けた路線で、もともと赤字幅が大きいことから、経営難は予想されていた。下北、能登と観光地がありながらも、乗客を確保できなかった。また地域住民の反対もさほどではないようで、他の交通手段(バス)に乗客を奪われたのも時代の流れであろうか..いずれにせよ、なくなってしまうことは寂しい限りである。また何年かしたら、廃線後を見に来ようと思う。今後もまた全国乗りつぶしを目指して、廃止予定路線を優先的にするスタンスで乗り鉄の旅を続けていきたい。

文中に入れ込まなければならなかったのですが、とりあえず、下にまとめて掲載します。
のと鉄道、輪島駅。2001年3月末日で廃止。 こちらは今でも活躍している輪島の北陸鉄道バスののりば。 奥能登特急バスの乗車券。
能登道路を快走中の特急バス。運転席の背後の席に乗車。 金沢駅の改札の様子。 帰りも681系のはくたか。
はくたかの車内。乗客はほとんどいなかった。(5名程度) 期待どおり、とても美味しかった「ますのすし」。1人で食べてると飽きてしまうのが難点。 開封時要注意の「ますのすし」の容器。写真は鬼門のゴムを外した後。
のと鉄道七尾線輪島行き最終乗車の巻