都営大江戸線初乗車の巻

タイムテーブル

日付 出発地 出発時刻 列車/便名 到着地 到着時刻 備考
2月17日(土)
神保町までは、主目的が違うため、割愛します。(本を買いに行くため)
神保町 19:15 都営新宿線 森下 19:24 都営10−205
森下 19:27 都営大江戸線(上り) 都庁前

19:54

都営12−394
都庁前

19:57

都営大江戸線(下り) 練馬

20:12

都営12−165
練馬

20:22

西武有楽町線 小竹向原

20:27

西武6655
小竹向原からは、普段から通勤で乗車するため、割愛します。

2月17日(土)、会社の帰りに神保町の書泉グランデによった。書泉グランデは、鉄道ファンにとってはおなじみの関連書籍の宝庫で有名である。元来、本を読む(集める?)ことが好きな私も他の大型書店でも売っていないものが揃っているので、時間がある時にたまに顔を出している。

そんなわけで、都営新宿線を使って神保町へ向かった。書泉グランデに着くと鉄道書籍が並ぶ8Fにいく。そこで、「鉄道要覧・平成12年度版」、「JR全線全駅・2001年度版」、「消えゆく「国鉄特急」図鑑」、「私鉄車両絶滅危機図鑑・Offline2000」を購入。鉄道全線乗りつぶし派にとっては、「鉄道要覧」は持っていたいアイテムで、「JR全線全駅」は昔持っていた気がするが、10数年も鉄道趣味から離れていたので、現在消息不明のため、再購入した。特に各駅の平均乗降人数が掲載されているところが、興味深い。他の2冊は、乗りつぶしにあたり、2度と乗れない車両に乗っておこうという意図があるため、ルート制作のために参考資料として購入した。「私鉄車両絶滅危機図鑑」は、インターネットでリンクを辿り、昨年より拝見している同名のサイトに掲載されている。彩葉さんが制作されているが、現在、一部のみの公開となっていたため、オフライン版での購入となった。

一式購入したあと、帰宅しようと駅まで歩いているとき、ふとちょっと時間があるから、そうだ「都営大江戸線」に乗ってみようということにした。この歳になってから乗りつぶしに挑戦し始めたため、少しでも時間がとれる時に乗りつぶしておこうということである。

さて神保町に着き、そこで都営新宿線で大江戸線接続駅である森下駅に向かう。約10分ほどで到着。元八幡側の乗換口へいくと、エレベーターでの乗換となる。普段、エレベーターは障害者の方のためのものという認識があったため、ちょっと違和感があった。が快適である。1Fが出口、B1Fが今いる新宿線乗換口、B2Fが大江戸線乗換口になっている。まるでターミナル駅にあるデパートのエレベーターのようだ。

ほとんど歩くことなく、大江戸線の森下駅に到着。開設間もないため、真新しいホームである。すぐに電車が入ってきたので乗り込み、席に座った。曜日・時間帯のせいか車内には5〜6名しかいない。それにしても少なすぎないか?と若干疑問が湧く。その後、終点都庁前に着くまで、同じような状況が続いた。

私が乗った車両は、12系車両。一昨年1999年8月の製造で、できたての車両ではなかったが、利用者の少なさのせいか?まだ新車同様であった。都営12号線の延伸開業のため、車両が小さく(幅が狭い)、いすが堅いのと長さが短いため、ちょっと気に入らない。まあ致し方がないが..

大江戸線は、森下から新御徒町を除く(将来的には常磐新線が接続予定)飯田橋までは、他の路線とすべて接続する利便性の良い線である。全線をみても、22の駅が接続しているという、まさしく後発路線のうまみを生かしている。(将来はさらに、この後開業する「汐留駅」を含め、前出の新御徒町駅、清澄白河駅が新線と接続予定。)

通常の利用時では、その恩恵に与ることもあるとは思うが、今日は途中乗換をしないで、大江戸線どおしの接続駅である都庁前まで乗車する。都庁前駅のホームは、方向別使用となっており、飯田橋方面から来ると、同じホームで光が丘行きに乗り換えられる。3分接続で、今度は上り光が丘行きに乗り、練馬まで乗車した。(本当は、放射線の終点である光が丘まで行きたかったが時間の都合上、今回は見送った。)

練馬駅は、西武池袋線と接続しており、まだ一部工事中となっており、そこでちょっと乗換に戸惑ってしまった。目的の西武有楽町線は地下鉄だが、西武線直通電車があるため、同じ高架上の2Fから発着しており、地下1Fの大江戸線からは、2階上がらなければならない。実は、そのような構造になっていることを知らずにいったため、1Fで地上に出てしまった。すぐに気がつき、2Fのホームへ向かう。

西武線直通電車は、やや運転間隔があいており、約10分の待ち時間となる。西武車両の6000系に乗って、普段から通勤に使う、営団有楽町線小竹向原駅に到着。小竹向原は、ホーム2面となっっており、隣のホームにいくため階段を上る。途中で、東武東上線川越市行電車が来たが、乗換のタイミングが悪く、タッチの差で逃してしまった。あとで時刻表で確認すると発車は同時刻であった。さらに8分待って、後続の志木行きに乗車、志木でそのさらに後から来る川越市行きに乗換、みずほ台に戻った。(あの1本に乗れなかったため、結果16分ものタイムロスが起きてしまうダイヤには、ホント困っている。次のダイヤ改正では改善してもらいたい問題である。)

今回の大江戸線初乗車で、約50%の乗車率となった。あとは、都庁前−森下(下り)と練馬−光が丘間となった。本当は一気に全線乗車したかったのだが、駅間が短く、所要時間がかかるため、次回への持ち越しとした。今回乗ってみた感想は、土曜日であまりにも乗車率が低かったせいもあり、平日の様子を知らないので、なんとも言えないが、今まで縦・横いずれかの方向しか路線がなかった駅に対してのメリットは十分あり、また山手線内の陸の孤島化?していてバス・自動車に頼らなくてはいけなかった地域にとっては非常に便利な路線であることは間違いないと思う。今後の活躍を見守っていきたい。

都営大江戸線初乗車の巻、終わり・。