特急白鳥と下北交通大畑線乗車の巻
平成13年2月10日(土)〜11日(日)
旅行日程
1泊2日
列車乗車距離
1,676.1km
列車乗車時間
17時間37分
乗換回数
12回
通過都道府県数
9都道府県
通過県名:埼玉、群馬、新潟、山形、秋田、青森、岩手、宮城、栃木。
平成13年2月10日(土)
出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 乗車時間 乗車距離 備考
みずほ台 13:11 東武東上線 普通 13:23 川越
12
9.9
川越 13:35 埼京線快速

13:55

大宮

20
16.1
大宮

14:06


Maxあさひ 319号

15:50

新潟

104
303.6
新潟

16:29

白鳥

23:40

青森

430
458.8
40分遅れ、
モハ484−75
乗換回数
3回
9時間26分
788.4km
宿泊地(青森) 青森JALシティホテル
920号室
平成13年2月11日(日)
青森

9:39

快速しもきた 11:16

下北

97
100.1
キハ40−557
下北

11:29

下北交通大畑線 11:59

大畑

30
18
キハ85−3
大畑

13:30

下北交通大畑線 14:00

下北

30
18
キハ85−3
下北

14:10

快速しもきた 14:15

大湊

5
2.9
キハ100−205
大湊

14:25

快速しもきた 15:32

野辺地

59
58.4
8分遅れ、
キハ100−205
野辺地

16:17

はつかり 22号 18:07

盛岡

110
159.3
14分遅れ
クロハ481−3015
盛岡

18:11

やまびこ 24号 20:12

大宮

121
505
10分遅れ
大宮

20:26

埼京線快速 20:44

川越

18
16.1
川越

20:54

東武東上線急行 20:59

ふじみ野

5
6.3
ふじみ野

21:02

東武東上線準急 21:07

みずほ台

5
3.6
乗換回数
9回
8時間08分
887.7km

            序章〜1日目

1月28日、長男とともに「大宮駅」のみどりの窓口へ。

3〜4人の先客がいて、5分ほどで、1番窓口で「ゴーゴー3DAYきっぷ」を購入。

予定表をもとに、指定席もいっしょに確保する。「Maxあさひ」、目的のひとつである「白鳥」、2日目の「はつかり」、「やまびこ」の4列車のものを希望。

まず「Maxあさひ」は、1F席のみとのことなのだが、なにも考えずOKを出す。これがあとで後悔することに..。

「白鳥」、「やまびこ」、「はつかり」とも希望の列車がすべて取れた。このときは、かみさんの指令で子供2人・長男と次男を連れてくことになっていた。1人で楽しむなんてもってのほかとのこと。ごもっともと引き受けた。

2月10日朝9時頃に起床。当日、下のこども2人が熱を出し、病院に車で送り迎えしてから、長男1人とともに12時50分出発!21世紀を期に遅ればせながら、鉄道全国乗車を目論む(無謀な?)旅のスタートを切った。

まずは、日頃お世話になる「東武東上線」で川越へ。JR埼京線で「ゴーゴー3DAYきっぷ」を使用開始なのだが、その前に、こども1枚分の払い戻しから。6,000円が戻ってきた。(厳密には850円の手数料を取られる。ちょっと高くないか〜?ぶつぶつ..)

埼京線で、大宮へ。予定よりも早めに出発したため、ホームで、「あさま」、「たにがわ」、「やまびこ」、「こまち」、「なすの」に「つばさ」とすべての新幹線を見て、楽しむ。(ここ15年ばかし、鉄道から離れていた私も初めてみる車両もあり、ちょっと興奮ぎみ、でも周囲には子供の付き添い役として見てもらうために、冷静をよそおう。「良かったね。たくさん新幹線が見れて」といったものの、良かったのは私である。(笑)

123
E2系 あさひ
200系 たにがわ
E1系 Maxあさひ

さていよいよ、お目当てのE1系Maxに乗車。時間はすでに14時を回っていたので、乗車後すぐに、事前に買い込んだ「牛肉弁当」と「サンドイッチ」を食べた。一息ついて、景色とスピード感を味わおうと窓の外に目をやると..『壁』、また『壁』の連続..(涙)

えっ、と思った瞬間、きっぷを買うときに、係りの人が「1F席でもいいですか?」と訊かれたのを思い出した。そのときは、なんとも思わず、「いいですよ」と答えたのだが..今になって、念を押された訳がわかったのでありました。トホホ..

その後は、子供に「そのうち見えるようになるよ」と言ってはぐらかしていたのだが、徐々に立場が悪くなっていく私の姿がそこにあった。終いには、「今度乗るときは2Fだね」と言って、ごまかす。子供も素直に「そうだね、2Fだね」と言ってくれたのが、救いであった。(6才にしてはよくわかる子だと感心!!次男を連れて来ていたら..ぞっとする。(笑))

高崎、越後湯沢とホームすれすれに止まって(オーバーランしそうではなく、目線が)、ここからは各駅に停車する。長岡に停車して、車内も約6割位の乗車率となったため、1F指定席を立ち、2F自由席に座るべく、大移動を敢行!

だが、ここは12号車(先頭車両)。11・10・9..6・5・4号車と階段を登り下りすること、8回、約200mを歩き、やっと座れると思いきや、自由席手前のデッキは人であふれており、そこで断念..指定席まで戻る気力もなく(子連れでうろうろするのはみっともない)、手前のデッキで約20分間立っておりました。私は知らなかったのですが、デッキ部にも開閉式簡易シート(バスの補助席みたいなもの)があり、お〜っと感動したのでありました。

左の2枚はともに「燕・三条」付近
融雪用のスプリンクラー
積雪は思ったほどなかった

簡易シートにたたずむこと、20分。途中、融雪用のスプリンクラーが動作していて、噴水のような線路や、雪だけでなく、多少土が見える畑などを見ながら、新潟に到着。新幹線改札を出た後、ビールとオロC(長男の好み)を仕入れて、在来線改札をくぐる。跨線橋を渡り、「特急白鳥」の到着する1番線へ。

さすがに廃止されてしまう列車の最後(厳密にはあと3週間ある)の雄姿を撮ろうと、ホーム先端にはカメラマンの姿が見える。私たちは、座席のある5号車のあたりで、待機。

しばらく待っていると、お弁当などを積んだ「ワゴン」を押した女性が2名、私たちの隣に来た。「白鳥」での車内販売員さんたちである。販売に来たら、さっそく今夜の夕飯を確保するとしよう。

40分ほどの待ち時間を終え、いよいよ「白鳥」の入線だ!

「白鳥」に乗車の車内販売の
おねえさんと。新潟駅にて。
ボンネット型485系「白鳥」
大阪からここまで約580kmを走破してきた。ヘッドマークも雪で見えない!

なんとやってきたのは、ボンネット型485系車両! 通常?の485系がくるものと思っていたため、感動ひとしお!!! はじめての乗車で巡り会えるとは..

乗っていた乗客はここでほとんど下りてしまい、総入れ替えの状態。また新たなお客を乗せて、北国に向けて静かにスタートを切った。(この状況では、白鳥の4分割も致し方ないと痛感。)

乗車してすぐに車内販売が開始された。「まさかいくらなんでも寿司」と「コシヒカリ弁当(幕の内)」を買い込んだ。寿司のほうはネーミングに惹かれ、弁当はご飯に惹かれた結果の選択である。

さて、新潟を出発した「白鳥」は順調に北上するかと思いきや、途中、阿賀野川橋梁では、一時停止してしまった。在来線では最優等列車の特急。市街地を疾走するイメージがあったが、なんか様子が変? そんなに雪は積もっていない。確かに降り方は時間を追うごとに激しくなってきたが、降りはじめてまもないようだったが..

結局、新発田に着くまでに5分ほど遅れてしまった。その後も、なかなか遅れを回復できず、また通過駅である「岩舟町」で停車。まだ1時間も乗っていない。う〜ん、先行き不安だ〜、といっても、自分で運転する自動車ではないので、当然ながら成す術もなく、状況を見守る。そうだ、気晴らし?に弁当でも食べようということになり、「まさかいくらなんでも寿司」と「コシヒカリ弁当」をあけた。本当は、弁当が私、寿司が息子だったのだが、開けたとたん、私の一存で交換する。(なんていう父親でしょう!)

ただし1つだけ息子の要求をのみ、「いくら」は譲り渡す。これさえ食べれば、ご機嫌になることはよく知っている。結局、息子に割り当てた弁当は、大したおかずではないため(お弁当屋さん、すいません、正直な感想です)、かなり残してしまい、「す・け・に・いくら・なんでも寿司」を分け合って食べる。こちらはお気に入りの駅弁としてインプットしておこうと思うほど、美味しかった。息子が残してしまった弁当は、すぐには手を付けず、また小腹が減ってきたら食べることにした。

まさかいくらなんでも寿司の上紙
まさかいくらなんでも寿司の中身
左から、ます・さけ・かに・いくらの順
コシヒカリ弁当の上紙

村上、あつみ温泉と停車したが、徐々に遅れ、約10分遅れ。鶴岡、酒田まで来たとき、また車内販売がやって来た。私たちは特に買うものはなかったが、後ろの座席にいた初老の夫婦が呼び止め、弁当を買おうとしたが、すでに売り切れ。このあと秋田でも積み込みはなく、終点まで補給はないとのこと。23時まで食事なしである。当然ながら、肩を落としているのが会話から感じ取れるほど、落胆していた。その後、秋田では2分ほどの停車予定だが、売店でも販売していない旨の車内放送まで流れる始末。おそらく多数のお客が食事をとれない状況だったに違いない。

それを聞いたとたん、弁当の残りがあることに気がつき、もし良かったらと譲るつもりでいたが、息子が最初に手を付けたため、とても渡せる状態ではなかった。でも捨てるわけにもいかず、美味しいご飯(コシヒカリである)を中心に何とかおなかに詰め込んだ。おじさん、おばさんすいませんでした。

さて、列車は羽後本荘までやってきた。遅れは5分まで短縮した。時間は20時ちょっと手前。ここで交換の対向列車、寝台特急「日本海2号」が8分ほど遅れている放送が..EF81に引かれた、ブルートレイン(すいません、何系客車だったかチェックし忘れました。また知識がないもので..)と交換。機関車の前面はかなりの雪が付着し、凍結していた。

秋田までは、約40分かかるため、さらなる回復運転で定刻着を望んだが、期待むなしく、10分遅れで到着。2つとなりのホームから、下り「こまち23号」が回送になった車両が発車していくところを目撃。「こまち」好きなうちの息子(長男だけでなく、次男もなぜか「こまち」好き)は、目を輝かしていた。

羽越本線「鶴岡駅」駅名標
秋田駅を発車する
回送「E3系こまち」
奥羽本線「鷹巣駅」駅名標

秋田では、ホームに下車して、「白鳥」の姿を撮影しようと、一旦はホームに下りるものの、数秒で発車ベルが鳴ってしまい、あわてて乗り込む。そりゃ、10分も遅れてればしょうがないか..席に戻り、羽越本線から奥羽本線へ入った列車に身をまかす。(ちょっと寝る)

次の土崎駅でまた停車。列車交換のためとアナウンスがあった。あれ、なんで1駅でと思いつつ、時刻表に目をやると、次に交換する寝台特急「あけぼの」まではまだ時間が早すぎ、腑に落ちないまま、待っていると5分、10分と過ぎていく。ふと1月にあった3時間遅れが頭をよぎる。それじゃあ、ホテルのベットで寝られない。私だけなら、ハプニングで想い出話で済むのだが、今日は子連れ..と考えているうちに25分が経過し、ようやく対向列車のヘッドランプが見えてきた。

なんとすれ違ったのは、先頭車こそ同じ電気機関車だが、後続が客車ではなく、貨物車両。なんでまたこいつが遅れるの?っていった感じ。ただ息子は、またなぜか喜んでいた。さて、発車かなと思ったが動く気配がない。そうこうするうちに、今度は後続の「あけぼの」が到着。ここで30分の足止めをくらった。その間、空席になった前の席を回転させ足を伸ばし、くつろぎモードをとる。息子は横になってちょっとおやすみタイムとなる。

「白鳥」車内で寝る息子
485系「白鳥」指定席車両内
終着駅、青森を表示した
「行先表示板」

その後、「八郎潟駅」で臨時停車するなど、ダイヤは乱れ、40分遅れで、東能代、鷹巣に停車。缶コーヒーBOSSのCMのように「まいったな」を連発したが、一番まいっているのは、前方に陣取っている中学生らしきグループ。みんな大慌ての様相。話を聴いてみると、青森で9分接続の急行「はまなす」に乗って北海道上陸を計画しているようだ。それに乗れないと氷点下の青森駅で一夜を明かさなければならない過酷な状況が待っている。車内放送も接続列車の状況は確認中のアナウンスしかなく、それがまた不安を助長しているようだ。かわいそうに..こっちは、多少遅れてもホテル泊なので、一安心。

大館で若干の乗車があり、この指定席にも乗ってきた。こういうお客もいるんだな、と変なところに感心した。弘前に着く頃、ようやく接続についての情報があり、「はまなす」はこの「白鳥」を待っての発車となることが確認できた。皆一同に安堵の表情。でも青森から乗車するお客さんは、逆に30分ほど車内で待つことになり、気の毒である。

深夜の雪の中を回復運転できずに、浪岡を通過。つづいて、ようやく青森に到着。23:40。厳密にいえば41分の遅れであった。新潟から乗車して、7時間11分。乗車前は、時間潰しにどうしようかと考えるほどの長い時間と思ったが、ホントにあっという間に過ぎた、楽しく、また感慨深いひとときであった。

下車後、先頭車両付近は、鉄道ファンが20〜30人ほど記念撮影をしている。ホームにもかなりの積雪がある初めての光景の中、私も1ファンと化す。ひとしきり撮影し終えると、改札へ向かうことにする。階段までくると、「白鳥」は引上線に移動し始めた。最後の雄姿をしっかりと目に焼き付けておき、グッとくるものを押さえながら、その場を後にした。改札で駅員さんに「お疲れさま」と声をかけられ、やっと着いたんだと実感。

駅前ロータリーに高く積み上げられた雪の多さ(2m以上あったかな)に多少びびりながら、ホテルへ急いで向かう。徒歩6分なので、歩いていこうかと思ったが、息子も寝起きで辛そうだし、またすでに0時近くになっており、「近くなのですが」と断ってから、車上(タクシー)の人となる。ホテルまでは車だと2〜3分で着いた。運転手さんの話によると今年は市内でもかなり雪が多いとのことだった。

青森で接続の急行「なまなす」
青森駅はホーム一面
雪に覆われていた。
1,000kmにもおよぶ長旅を
終えた特急「白鳥」号

今日の宿泊は、「青森JALシティホテル」の920号室で、ツインルームである。フロントで手早くカードキーをもらい、すかさず、部屋へ。初めてのカードキーにちょっと感激しながら、ドアを開ける。電気をつけて、さあ着替えて、「今日1日ごくろうさま〜」というところだが、なんとスイッチがない。真っ暗な部屋と入り口を2〜3回行ったり来たりしながら、ようやくドア横のカード差しのようなものに気がついた。カードをさせば部屋中の明かりが点いた。最近のハイテクホテルはこんなになっているんだ..とまたも感動して、長いようで短かった1日を終えた。

初日を無事に終え、
睡眠タイムへ。