九州初上陸とクモハ42に乗るの巻

タイムテーブル

昭和61年12月31日(水)〜昭和62年1月4日(日)
旅行日程
3泊4日
列車乗車距離
3,165.5km
列車乗車時間
58時間04分
乗換回数
49回
通過都道府県数
16都道府県
通過県名:埼玉、東京、神奈川、静岡、愛知、岐阜、滋賀、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、山口、福岡、島根、鳥取
昭和61年12月31日(水)〜昭和62年1月1日(木)
出発地 出発時刻 列車/便名 到着時刻 到着地 乗車時間 乗車距離 乗車車両
みずほ台 19:08 東武東上線準急 19:35 池袋
27
20.6
東武サハ8707
池袋 20:16 山手線

20:37

東京

21
12.3
サハ205−4
東京

23:25

東海道本線
 345M

6:45

大垣

440
410.0
サロ165−1018

大垣

7:07

東海道本線
 731M

7:55

彦根

48
41.9
西明石行き
モハ112−2022

彦根

8:08 東海道本線
 917M
9:14 京都
66
61.7
モハ116−20
京都

9:40

東海道〜山陽新幹線
 ひかり1号
11:35

広島

115
380.6
125−7

広島

11:50

山陽本線
 2555M
11:55

横川

5
3.0
クハ115−3019

横川

12:09

可部線 745M 12:40

可部

31
14.0
クモハ105−528

可部

12:45

可部線 537D 14:23

三段峡

98
46.2
キハ40−2119

三段峡

15:14

可部線 542D 16:42

可部

88
46.2
キハ40−2118

可部

16:45

可部線 766M 17:21

横川

36
14.0
クハ105−104

横川

17:25

山陽本線
 669M
18:03

岩国

38
38.4
クハ115−330

岩国

18:26

岩徳線 531D
 岩日線直通
 
(現錦川鉄道)
19:25

錦町

59
38.3
キハ47−108

錦町

19:44

岩日線 534D
(現錦川鉄道)
20:34

川西

50
32.7
キハ45−35

川西

20:54

岩徳線 1853D
 山陽本線直通
22:52

小郡

118
85.8
キハ40−2075
(キハ23−1)
乗換回数
14回
20時間40分
1,245.7km
宿泊地(小郡)
ビジネスホテル 小郡スカイメナー 泊
シングル:4,000円
昭和62年1月2日(金)
小郡 6:21 宇部線 923M 7:08 宇部新川
47
27.1
クハ104−12
宇部新川 7:10 小野田線 425M 7:24 雀田
14
6.3
クモハ105−14 
雀田 7:28 小野田支線
 623M
7:33 長門本山
5
2.3
クモハ42−006
長門本山 7:40 小野田支線
 626M
7:45 雀田
5
2.3
クモハ42−006
雀田 8:06 小野田線 721M 8:21 小野田
15
7.1
クハ104−16
小野田 8:24 山陽本線 226M 8:28 宇部
4
3.5
モハ415−1510
宇部 8:54 山陽本線 特急
 あさかぜ1号
9:43 門司
49
49.9
オシ24−701
門司 10:00 山陽本線
 5422M
10:07 下関
7
6.3
クハ421−106
下関 10:49 山陽本線 546M 10:57 新下関
8
7.2
モハ114−303
新下関 11:03 山陽本線
 1227M
11:08 幡生
5
3.7
モハ415−16
幡生 11:19 山陰本線 854D 11:23 綾羅木
4
3.1
キハ47−1071
綾羅木 12:00 山陰本線 878D 12:39 川棚温泉
39
17.8
キハ47−506
川棚温泉 12:58 山陰本線 急行
 さんべ号
14:00 長門市
62
53.3
キハ58−288
長門市 14:04 仙崎支線 731D 14:08 仙崎
4
2.2
キハ23−8
仙崎 14:29 仙崎支線 628D 14:32 長門市
3
2.2
キハ23−8
長門市 15:03 山陰本線 828 17:08 益田
125
85.1
オハ50−93
益田 18:07 山陰本線 262D 22:32 米子
265
191.5
キハ58−640
乗換回数
16回
11時間01分
470.9km
宿泊地(米子)
米子駅(駅ネ) 泊
0円
昭和62年1月3日(土)
米子 5:22 境港線 633D 6:05 境港
43
17.9
キハ40−2033
境港 6:11 境港線 634D 6:58 米子
47
17.9
キハ40−2033
米子 7:10 山陰本線 174D 9:17 鳥取
127
92.7
キハ180−10
鳥取 9:26 因美線 335D 9:47 郡家
21
10.3
キハ47−1111
郡家 10:14 因美線 急行
 砂丘3号
11:39 津山
85
63.1
キハ58−670
津山 11:58 姫新線 853D 12:29 美作落合
31
24.6
キハ58−1024
美作落合 13:41 姫新線 827D 14:58 新見
77
47.2
キハ47−47
新見 15:46 芸備線 869D 18:05 備後庄原
139
74.9
キハ45−33
備後庄原 18:06 芸備線 834 18:42 備後落合
36
23.9
オハフ50−11
備後落合 18:48 木次線 466D 21:35 宍道
167
81.9
キハ52−128
宍道 21:53 山陰本線 特急
 やくも15号
22:07 出雲市
14
15.7
モハ381−71
乗換回数
10回
13時間07分
470.1km
宿泊地(出雲市)
出雲ステーションホテル 泊
昭和62年1月4日(日)
出雲市 5:37 大社線 141D 5:49 大社
12
7.5
キハ58−652
(キハ47−1040)
大社 5:56 大社線 142D 6:08 出雲市
12
7.5
キハ47−1040
(キハ58−652)
出雲市 6:10 山陰本線 280M 7:45 米子
95
61.6
モハ114−1117
米子 7:59 山陰本線 特急
 あさしお6号
12:40 綾部
281
246.8
キハ180−6
綾部 13:05 山陰本線 特急
 あさしお82号
14:34 京都
89
76.2
キハ181−26
京都 14:48 東海道新幹線
 こだま442号
18:24 東京
216
513.6
0系(未確認)
東京 19:00 東海道本線
 普通 881M
19:23 川崎
23
18.2
モハ113−???
川崎 19:59 京浜東北線 20:13 品川
14
11.4
モハ103−100
品川 20:15 山手線 20:42 池袋
27
15.4
モハ103−453
池袋 20:50 東武東上線準急 21:17 みずほ台
27
20.6
モハ8355
乗換回数
9回
13時間16分
978.8km

1日目から2日目

3日目へ

昭和61年12月31日、大晦日の日に新年記念旅行に出かけた。今回は、当時旅行中に記録したものをそのまま生かし、報告していきたいと思います。今となっては詳細を思い出すことは不可能ですしね..(非常に稚拙な文章ですが、ご勘弁ください)

昭和61年12月31日、手袋探しに手間取り、19時ちょうどに家を出た。19:08、みずほ台出発。大晦日だけに車内はすいており、約30人程度しか乗車していない。途中の成増でも乗り降りは少なく、池袋に着いた。そこで撮影用のフィルムとカメラの電池を買いにビックカメラヘ。購入後すぐさま、駅に戻り、今度は今日の宿である「大垣夜行のグリーン券」を購入。しかし、指定席ではないので座れなかったら?と思い、急いで東京駅へ向かう。20時16分発の山手線に乗る。車内で、種村直樹氏の「汽車記者きしゃ」を読む。20時29分上野に停車し、20時37分に東京駅に着いた。

東京駅では、特急瀬戸号などを見て、時間をつぶす。丸の内口に降りていく、スキー客がぽつぽついた。21時18分東京駅9番線のグリーン車乗車口に早くも並ぶ。すでに前に3人待っていた。自由席の方は、7〜8人ほど並んでいる。21時30分、湘南ライナー発車。ほとんど人が乗っていない。全車両で20人いるかいないかといった有様であった。21時33分、小田原行き発車。グリーン車併結だが、1人も乗っていない。いや、1人乗っていたが、車掌がやってきて、隣の車両に移動していった。おそらくグリーン券を持っていなかったのだろう。この列車も乗車は僅か。大晦日ともなればこんなものなのだろう。22時06分、3本目の電車の小田原行きが発車していった。こちらはちょこっと乗っていた。

この時間になると大垣行きの待ち客がかなり増え、グリーン待ちは各乗車口とも15〜16人になった。僕の前には後から待ち合わせで場所とりしていた2名が増え、実は5人いた。少しづつ寒くなってきた。22時23分、待ち客が30人位にふくらみ、まもなく夜行急行「銀河」が入線してきた。大阪行きでB寝台5,000円と、大垣行きグリーン車2,000円はどちらが得であろうか?しかし、残念ながら、今日の「銀河」は満席だそうである。22時30分、またまた湘南ライナー出発。さらに乗る人が減ってきた。グリーン車は1両に2人くらい。こちら大垣行きのグリーン席は満席との放送が流れた。22時42分、静岡−東京の電車が到着した。この列車は165系使用である。折り返し回送になった。

23時02分、いよいよ大垣行きの入線である。早速、乗り込み座席を確保。7A(左側窓際の席)に座る。となりには30才くらいの男性が座った。しかし話を聞くと東名ドリーム号が名古屋で濃霧のため、全便運休だそうで、こちらに振り替えられたとのこと。ということで、グリーン券を持っておらず、発車間際になって、20代後半の女性と交代した。せっかく話が盛り上がっていたのに残念である。

23時25分、この時1987年山陰旅行(当時の主題はこれ)の本当の出発となった。23時35分品川停車、10数人が乗車する。23時50分新子安通過。隣の女性と少し話をした。聞くところによると、東京に遊びに来ていてこれから名古屋に帰るところだそうだ。この人もまた東名ドリーム号の振り替え乗車であった。23時55分、横浜停車。結構、人が乗ってくる。さすがに人気の列車である。まもなく1986年も終わりに近づいて来た。23時56分、横浜発車。ちなみにこの車両は、165系のサロ165−1018の急行型グリーン車である。さすが、普通列車ではあるが、長距離鈍行である。しかし車内は異様に暑い..

0時00分、1987年、昭和62年の幕開けは、神奈川県横浜市を走行中の列車の中で迎えた。只今、東戸塚駅を通過中である。0時09分、戸塚停車。ホーム反対側に停車中の横須賀線は大勢のお客でまさにラッシュ並。鎌倉、湘南方面への初詣のためだろうか?それとも単なる帰宅ラッシュ?でもそのほとんどが、高・大学生のようなので、詳細は不明。0時25分、茅ヶ崎に停車する。ここでは、ほとんど乗車する人がいなくなった。すでに駅前にも人気がない。0時31分、平塚停車。湘南ライナー7号に道を譲る。0時49分、3分前にトイレに立った。先客があり、3分待った。その間に二宮に停車。0時58分、鴨宮停車。すでに周りの席の人はほとんど寝てしまっている。ここで私もしばし休息する。

1時46分、沼津停車。16分間止まるが、寝ているとなりの女性に迷惑がかかるので、ホームに降りるのはやめた。2時50分、静岡停車。弁当を買うため、今度はホームに降りる。だが、弁当屋にはすごい人の群が..発車間際の55分にようやく買えた。すぐに乗り込み、弁当を広げた。夕食を食べておらず、お腹がすいていたため、やけに美味しく感じた。もう少し、停車時間を長くすればいいのに..と勝手な注文を付ける。

3時55分、浜松停車。ここでは21分も止まる。また睡眠タイムに入る。5時43分、刈谷に停車したとき、目が覚める。しかし、これだけの時間ではほとんど睡眠不足ぎみ。6時10分、名古屋停車。ここで隣の女性が降りてゆく。”良い旅を”と一言いってくれて、デッキへと向かった。このとき入れ違いに前にはなにやらうるさい3人組が座った。グリーン券を持っていないらしく、だが、買う様子などまったくない。こういうのが一番頭に来る!!

6時58分、ようやく終点、大垣に着いた。7時間半に渡る乗車もこれで終了。長いようで短かったな〜などと振り返るまもなく、途中下車し、入場券を購入。駅前の撮影のため、階段を下りる。2ショットばかし撮って、2分前にあわてて、2番線ホームに待つ、西明石行き列車の後ろから2両目に乗った。が、始発なのに座ることはできなかった。7時07分、大垣を出発。7時55分、彦根で下車する。そのとき、途中下車印のことで注意を受けた。それは、何故か復路用の券に大垣駅の印が押してあったためであった。「これからは気をつけなさい。」といわれ、難なく解放。駅前に出てみたが、ここは雨が降っていた模様。入場券を探すがなく、近江鉄道の切符を買った。(現在行方不明..)

8時08分、彦根発車。新快速に乗る。8時12分、南彦根停車。雲行きが悪くなってきた。8時51分、草津停車。2つ手前の野洲から、地元の人が乗ってきた。3〜4才くらいの女の子が、「もう少しで降りるやす(野洲)」と言っている。なんとも可愛らしい。なぜかその子のお父さんは、やたらにあくびを連発する。朝早くもないのに、さては夜遊びか?などとくだらないことを想像する。途中で降り始めた雨は草津であがった。

9時14分、京都に到着。ここで下車する。新幹線に乗るためだ。何年振りであろうか?久々の超特急である。ここでも改札を出ようと思ったが、途中、新快速に乗り換えたため、予定よりも1本遅れていて、次に乗る列車まで20分ほどしかなく、仕方なしに、途中下車はあきらめ(京都駅は広かったのとお腹がいたくなったため)、山陰本線のホームのトイレによって、停車中の特急あさしおを写してから(時間がなくても撮鉄はする)、すぐに新幹線ホームに向かった。ひかり号で広島まで約2時間の小旅行である。自由席の3号車に乗ったが、前から3番目に並んだにもかかわらず、立席乗車となってしまった。途中駅ではやむを得ず..このひかり1号は、新型車両の100系である。もちろん初乗りだ。

9時40分、京都発車。久方ぶりの超特急の速さにあらためて感激した。あっという間に11時35分、広島到着。ここでは無理矢理、途中下車。しかしここでも接続時間が15分しかなく、写真1枚撮っただけで、引き返す。売店による余裕がなく、なんとまた弁当も買えなかった。11時50分、広島出発。4両編成のクハ115−3019に乗車。関東色とは、違った配色の車両である。11時55分、横川停車。すぐさま途中下車したが、入場券はなく、宮島口までの記念乗車券なるものを購入する。山陽本線の上りホームにある売店で、おにぎりといなりを4つ買い、なんとか昼食を確保。すぐさま可部線へ乗換。12時09分、可部線可部行きの発車。2両編成の105系クモハ105−528に乗車。普段は10両編成の車両を見慣れているせいか、なんとも可愛らしく見える。

12時40分に可部に到着。すぐ横のホームに待機する単行のディーゼルカー、キハ40−2119に乗り換える。可部−三段峡間は太田川の渓谷沿いを進む。同じボックスに乗っている3人のお年寄りの方々の話によると、岩日線は5つの市町村による第三セクター化で経営という話で進んでいるらしい。それともう一つ、この可部線の気動車区間では、安芸飯室、加計くらいが駅員配置駅とのことで、他は皆、無人駅らしい。13時40分、香草駅停車。車内放送によると、加計から三段峡までの間は1両増結の2両編成になるとのこと。この乗客数からするとなんだかおかしい? それくらい人は少ないのである。

14時23分、終着駅の三段峡に到着。広島から2時間半の長旅?であった。列車から降り、駅前広場に出てみると、そこにはSLが静態保存されており、観光地の入口らしい雰囲気が感じ取れる。ここから先に駅名のとおりの三段峡渓谷が控えており、人も多い。と言いたかったが、正反対にほとんど訪れる人がいない状況である。(これは言い過ぎかも..元旦そうそう集まる場所でもないので、これが普通でしょうといったところ。) さて、折り返しの列車待ちの間に一服でも思い、ジュースの自動販売機でコーヒーのボタンを押す。ありゃ..出てこない。100円取られたが、気を取り直し、仕方なしにコーヒーはあきらめ、いちごソーダを選んだ。が...うっそ〜! 出てきたのはウーロン茶であった。(普段からお茶はほとんど飲まない、ましてウーロン茶は苦手の部類。) 200円を使ったからには飲まずに捨てるのは惜しまれ、半分やけになって飲んだ。が、やっぱり口に合わない..

非常に不愉快な気分のまま、ホーム内に戻る。先ほど乗ってきた列車が折り返し待ちで待機しており、その前で、ほ〜んと久々にセルフタイマーを使い、自分の写真を撮った。今までどこに出かけても自分の姿は撮さず、風景・看板等が多く、ホントに行ったの?と言われても仕方がないことが多かった。そのためか、なんだか妙に写真の出来上がりが楽しみになった。(だったら、はじめからガンガンとりゃいいのに)

小一時間くらいぶらぶらし、15時14分、三段峡を後にした。列車はキハ40−2118。その車内で、同じく乗りつぶし?の旅に来ていた青年(同年代)2名と逢った。(会話の内容の記録がないため、どこから来ていたのかがはっきりしないが、確か1人は千葉・船橋からで、もう一人は関西方面だったと思う。) 加計、横川で乗換え、岩国から、岩日線の錦町へと向かう。岩国を出たのが18時26分で、辺りはすっかり暗くなってしまい、周りの状況がまったく見えない。すなわち明かりが少ない田舎である。乗降客もまばらであった。列車はそんな状況の中、のんびり走っていく。錦町で折り返し、楽しいひとときを過ごした、千葉の彼とは、お互いの無事を祈って岩徳線の川西駅で別れた。確かこのまま帰京すると言ってたかな。もう一人の彼とは、進路が同じ方向なので、川西から、山陽本線直通小郡行きに乗る。終点小郡まで来た時点で22時52分。明日は、小野田線本山支線に乗る予定なので、これ以上は列車がなく進むことができない。今日は、小郡泊としよう。駅でビジネスホテルへ電話し、「小郡スカイメナー」というところに泊まった。関西の彼とは一応ここでお別れ、ただお互い明日の6時21分初の電車にのるため、またきっと逢うだろう。こうして、まずはローカル線第1弾の「可部線」、続いて第2弾の「岩日線」※現錦川鉄道の完乗を果たし、2日目の夜はホテルのベットの中で過ごした。

 以下、工事中です。乞うご期待!

次の記録へ ※下のインデックスに戻ってからお進みください