2005年3月19日(土)〜20日(日)の計画
今回もいつも以上に直前決定の&強行スケジュールです(笑)。

予定(日程)がなかなか組めないため、明日出発なのに今頃(前日の夜)に予定ができました。今回は「のと鉄道」の廃止区間(穴水−蛸島)の乗り納めです。4年前に輪島までの廃止区間を乗りに行ったのですが、同一路線の再乗車は名古屋鉄道に次いで2つめになります。金沢にいたってはつい先月に行ったばかりなので、最近にしては珍しくかなり偏った地域への訪問です。

今回の予定で一番苦労したのがやはり1日8往復しかない穴水以遠のプランでした。まず蛸島まで往復するためには朝一番の金沢発の列車で能登入りしなければなりません。そのためには金沢に前泊するか、東京発の夜行に乗るかの2つなのですが、前泊は予算の関係でパス..(^^;) 残るは夜行ですが、これがまたつらいところで、上野発の急行「のと」号は金沢着が6時35分着と朝一番(実は二番でも間に合うのだが)の列車に間に合わず(二番もダメ)、却下。※ちなみに25日から運転再開する予定の寝台特急「北陸」でも間に合わず。。。

結局、苦肉の策で上越新幹線の最終「とき」で長岡へ。そこから約30分待ちで急行「きたぐに」に乗り継ぎ金沢に向かうことにした。しかし金沢到着が3時05分と早く、初電まで時間をどう潰すかが課題となる。(寝る場所が確保できるか否か..)

金沢からは、できるだけ多くの駅に降りつつ、いかに早く往復できるかに焦点を絞って、予定を組んだ。といいつつも列車本数が少ないため、1駅(能登鹿島)だけしか余分に降りることができないが(笑)。

帰りは、お決まりの「はくたか」で越後湯沢へ。そのあと上越新幹線に乗り継ぎ、大宮経由で自宅へと戻ることになります。

祈るは、列車の遅れがないことだけですね。。。(下手をすると翌日に帰ってこれなくなる危険性が高いため) それにしても今回は乗換が少ないのでちょっとは楽かな(笑)

2005年3月19日(土)〜20日(日)
麹町 20:41 東京メトロ有楽町線 有楽町 20:46
有楽町 20:56 京浜東北・根岸線 東京 20:58
東京 21:40 とき 341号 長岡 23:29
長岡 23:53 きたぐに 金沢 3:05
金沢 5:24 七尾線 七尾 6:45
七尾 7:08 のと鉄道線 和倉温泉 7:14
和倉温泉 7:15 のと鉄道線 能登鹿島 7:45
能登鹿島 8:09 のと鉄道線 穴水 8:17
穴水 8:52 のと鉄道線 珠洲 10:25
珠洲 12:08 のと鉄道線 蛸島 12:13 のと鉄道全線完乗
蛸島 12:21 のと鉄道線 穴水 13:58
穴水 14:02 のと鉄道線 和倉温泉 14:36
和倉温泉 14:51 サンダーバード 36号 羽咋 15:18
羽咋 15:53 はくたか 19号 金沢 16:24
金沢 16:32 はくたか 19号 越後湯沢 19:01
越後湯沢 19:28 とき 362号 大宮(埼玉) 20:26
大宮(埼玉) 20:38 りんかい・埼京・川越線快速 川越 20:56
川越 21:05 東武東上線準急 みずほ台 21:22