2003年3月8日(土)〜9日(日)の計画
諸事情により、残念ですが中止となってしまいました。特急シーボルトは3月15日の改正で姿を消してしまうのを見納めできなかったのがちょっと心残りですが...

また再度仕切直しをしないとです。時刻改正がありますので、下のプランはそのまま使えません(^^;)

 ちなみに最終<第4案>を記載しておきます。


2003年3月8日(土)
羽田空港
6:30
空路ANA(羽田−福岡) 241便 福岡空港
8:15
福岡空港
8:42
筑肥線/福岡市交通局空港線 博多
8:47
博多
9:22
ハウステンボス 5号 肥前山口
10:12
※指定席確保
肥前山口
10:13
みどり 5号 早岐
10:52
早岐
10:54
ハウステンボス 5号 ハウステンボス
10:59
ハウステンボス
11:11
シーボルト 1号 長崎
12:19
※指定席確保
長崎
12:26
長崎本線(長与経由) 喜々津
13:09
喜々津
13:21
シーサイドライナー 12号 諫早
13:28
諫早
13:48
かもめ 24号(白いかもめ) 鳥栖
14:59
※指定席確保
鳥栖
15:15
鹿児島本線 原田
15:28
原田
15:52
原田線 桂川
16:19
桂川
16:30
福北ゆたか線快速 新飯塚
16:39
新飯塚
16:45
後藤寺線 田川後藤寺
17:09
田川後藤寺
17:13
日田彦山線 夜明
18:07
※夜間撮影
夜明
18:36
久大本線 久留米
19:29
久留米
19:36
有明 52号 博多
20:03
博多
20:30
かいおう 2号 直方
21:18
直方
21:20
福北ゆたか線 折尾
21:40
折尾
21:54
ソニック 54号(白いソニック) 博多
22:25
博多
22:50
ドリームにちりん 南宮崎
6:48
※指定席確保
2003年3月9日(日)
南宮崎
7:02
ひゅうが 2号 佐土原
7:16
佐土原
7:40
日豊本線 南宮崎
8:06
南宮崎
8:24
にちりん 4号 別府
11:39
別府 徒歩、もしくはタクシー 雲泉寺(ラクテンチ下)
雲泉寺(ラクテンチ下)
別府国際観光
 /別府ラクテンチケーブル線
乙原(ラクテンチ上)
乙原(ラクテンチ上) 別府国際観光
 /別府ラクテンチケーブル線
雲泉寺(ラクテンチ下)
雲泉寺(ラクテンチ下) 徒歩、もしくはタクシー 別府
別府
14:31
ソニック 23号 大分
14:40
大分
14:59
ゆふ 84号(臨時) 由布院 
15:47
※付近散策
由布院
17:04
ゆふいんの森 6号 博多
19:12
※指定席確保
博多
19:16
鹿児島本線快速 香椎 
19:24
香椎
19:45
香椎線 西戸崎
20:06
※夜間撮影
西戸崎
20:12
香椎線 香椎
20:31
※夜間撮影
香椎
20:37
鹿児島本線快速 博多
20:45
博多
20:59
福岡市交通局空港線 福岡空港
21:04
福岡空港
21:35
空路ANA(羽田−福岡) 990便 羽田空港
23:00
青太字が「トレインピック対象列車。黒太字は前回(2002年9月)に乗車済みの対象列車。
赤太字は「駅舎撮影」予定駅。 ※使用きっぷは、ANA超割(往復)+九遊きっぷ(3,000円)+指定席券(300円×4列車分)
計画の経緯
  • 今回の旅の主眼は、JR九州が企画している「第2回トレインピック21」の仕上げであるため、観光は基本的になし(ちょっとさびし〜いがいつものこと。それがさいなす流?!)。

  • 第1案 = 西九州でとトレピク対象列車4本に乗車。鳥栖から「ゆふいんの森5号」で日田へ。その後、日田彦山線・後藤寺線・筑豊本線(桂川−原田)を乗りつぶし、「かいおう」、「(白い)ソニック」乗車で、ドリームにちりんで宮崎へ。2日目、前回夜間乗車区間の鹿児島本線(西鹿児島−熊本)を「つばめ」で堪能し、熊本から大分へ抜け「豊肥本線」完乗。最後にトレピク21列車目の「ゆふ6号」乗車で、博多に戻り、福岡空港から空路で帰京。

    地方ローカル線にも乗ろうと「日南線」を加えるため、第2案作成へ。

  • 第2案 = 初日の西九州地区で、長崎→鳥栖(かもめ20号)を長与回り(普通列車)に変更し、諫早から「かもめ24号」乗車に。2日目の「宮崎→西鹿児島→熊本→大分」を地方ローカル線探訪「日南線(往復)」→大分に変更。

    しか〜し、上記で決定と思いきや、全席指定席の「ゆふいんの森 5号」の指定券が取れず、根本的に計画見直しになった。ゆふいんの森5号は新ゆふいんの森車両を使用しており、5号に乗れないとなると、反対方面からの「6号」に乗る必要があり、修正程度では効かなくなってしまった。そのため、今回は「日南線」は断念。

  • 第3案 = 日田彦山線、後藤寺線、筑豊本線(桂川−原田)ははずせないが、第2案のままでは乗り継ぎができないことから、やむなく、反対回りに変更。当初、皆さん推奨の「夜明駅」訪問は16時頃で、なんなく撮影できる時間帯だったが、変更により、18時半と撮影には厳しい時間になってしまった。(要再訪かな?) また、ドリームにちりんで宮崎まで行くと、大分まで戻るのにかなりのロスタイムが生じるが、「ひゅうが」未乗のため、仕方がない。宮崎から「ひゅうが」で日向市まで行き、そこから「にちりん4号」で大分に向かう。日南線往復6時間分の余裕が出たので、思案したところ、鉄道完乗のためには、ケーブルカーにも乗車しなければならないので、別府にある「ラクテンチケーブル」に乗車することにする。(ダイヤがわからないため、3時間ほど当て込む)

    これでOKかと思ったら、そうはいかなかった。今回の旅行で夜行を除き、最長の2時間半弱乗車の「にちりん4号」の指定席が取れず、今回のトレピク対象ではあったがすでに乗車済みだったため余裕をかまして一番最後に取ろうと思ったのがいけなかった。思えば、前回の9月上旬という閑散期でも指定席・自由席ともにかなりの乗車があったのだった。そこで途中駅の日向市からの乗車では、立ちっぱなしの危険性もあると判断。「ひゅうが」乗車のあと、一端、自由席確保のため、始発駅の南宮崎まで戻るプランに微調整。(第4案の完成)

  • <<今回の計画の反省>>
    なんといっても、指定席確保のミスでした。気がつけば、すでに出発2週間前となっており、慌てて指定席を押さえにかかったのですが、すでに遅し..前回が当日に現地(宮崎空港)で指定席を取ったんですが、すべて窓側が確保できたため、甘く見ていたのがいけませんでした。時期が違うんですよね。早春の九州って、イメージ的にはベストシーズンのような。。。そりゃみんな出かける訳だ。(笑)